イヤホン・ヘッドホン

【AfterShokz Aeropexレビュー】最高の音質!常識をくつがえす機能性抜群の骨伝導ヘッドホン

骨伝導ヘッドホンを愛用しているいちまりです。

音の振動を骨を通じて聴覚神経に伝える骨伝導ヘッドホン

耳をふさがず音楽を聴けるメリットがあり、車や人の接近に気がつくことができるため、ランニング中の危険を回避するのに役立つアイテムです。

 

そんな骨伝導ヘッドホンですが、唯一欠点があります。

それは音質がイマイチであるということ。

いちまり
いちまり
音漏れが激しいデメリットがあるんだよね…。

 

ところが、そのデメリットを補い、一般的なイヤホンと同等の音を実現した骨伝導ヘッドホンがAfterShokzから登場しました。

それがこの「AfterShokz Aeropexエアロペクス」です。

ワイヤレスイヤホンに近い音質を実現しているほか、IP67の防塵防水性能があるなど、ランニングに必要な機能をもれなく搭載しています。

というわけで本記事では「【AfterShokz Aeropexレビュー】驚愕の音質!常識をくつがえす機能性抜群の骨伝導ヘッドホン」について書いていきます。

AfterShokz Aeropexの外観と特徴

AfterShokz Aeropexは、音の振動を骨を通じて聴覚に伝えるヘッドホンです。

耳を塞がずに外部の音を聞くことができるので、オープンイヤータイプのヘッドホンともいわれています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの外観

 

非常にコンパクトで、手のひらに収まるサイズ感です。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexは手のひらに収まるサイズ

 

ヘッドバンドが美しい曲線を描き、耳の形にフィットする作りになっています。

耳に乗っかり程よく頭を締め付けるので、しっかり固定されグラグラ動いてしまうことはありません。

 

柔軟性と耐久性に優れたチタニウムが採用されているため、ヘッドバンドは軽く、こんなに細いヘッドバンドでも、しっかりとした強度があります。

さらにラバーコーティングされているので心地よい肌触りです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexはチタニウム採用で軽くて耐久性・柔軟性に優れている

 

カラーは豊富に取り揃えられており、4種類あります。いずれも濃淡2種の色が組み合わさったツートンカラーです。

いちまり
いちまり
私はルナグレーを購入しました!可愛らしい色合いです。
ルナグレー
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexルナグレー

 

コズミックブラック
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexコズミックブラック
ブルーエクリプス
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexブルーエクリプス
ソーラーレッド
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexソーラーレッド

Aeropexの左側のヘッドバンド部分には、AfterShokzのロゴがあしらわれています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのロゴ

 

こめかみに当てるスピーカー部分は、丸みがありスタイリッシュな形状をしています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのスピーカー部分

 

スピーカーの穴が少なく、見た目にも美しいです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのスピーカー部分裏側 骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのスピーカー部分裏側

 

若干の音漏れはありますが、メーカーのAfterShokzが「前作よりも50%の音漏れを軽減した」というように、かなり音漏れがカットされています。

 

Aeropexは3つのボタンを使用します。

1つ目は左側ヘッドホンに位置しているマルチボタン。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのマルチボタン

 

そして、残り2つはヘッドバンドのコントローラー部分についているプラスボタンとマイナスボタンです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのプラスボタン・マイナスボタン

音楽を聴いているときの主なボタン操作は下記のとおり。

  • マルチボタン:1回クリック→音楽再生/停止
  • マルチボタン:2回クリック→次の曲にスキップ
  • マルチボタン:3回クリック→前の曲にスキップ
  • +ボタン:1回クリック→音量プラス
  • −ボタン:1回クリック→音量マイナス
  • +ボタン:2〜3秒長押し→電源オン/オフ
  • +−ボタン同時押し:3秒長押し→イコライザー切り替え
いちまり
いちまり
ボタンの数が少ないので、一度覚えれば操作は簡単です。

 

重さは26g。両耳で支えて装着するので、重さはさほど感じません。

いちまり
いちまり
頭に負担を感じないつけ心地です。
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの重さは26g

 

AeropexにはIP67という防塵防水規格が備わっています。

IP67とは、以下の両方の性能を兼ね備えていることをいいます。

  • 粉塵が内部に侵入しないという防塵性能
  • 水深1mの水中に30分の水没にも耐えられる防水性能

 

多少の汗や雨なら全く問題なくAeropexを装着してランニングが可能です。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz AeropexにはIP67の防塵防水性能がある
充電ポートが濡れている状態で充電すると故障につながる可能性がありますが、濡れている状態で充電される場合、充電の代わりにアラームが鳴る安心設計です。

 

充電にはAeropexオリジナルのマグネット式充電ケーブルを使います。

他のデバイスの充電ケーブルが使えないので、微妙だな…と思っていたのですが、マグネットで簡単にケーブルを繋げられるので、めちゃくちゃ便利。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexはオリジナルのマグネット充電ケーブルで充電

 

充電ポートはボタンが配置されているコントローラー部分にがあります。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの充電ポート

カバーがないので水分で腐食しないか心配なところではありますが、カバーを開けるわずらわしさが減るので、利便性は向上しています。

 

充電中はランプが赤く点灯する仕組みです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの充電時は赤ランプが点灯

 

バッテリーは、最大で8時間の連続再生が可能で、2時間で満充電になります。

Aeropexはワイヤレス充電には対応していませんが、それを補える簡単な充電方法がポイントですね。

 

付属品は、説明書、充電ケーブル、収納ケース、耳栓など以下のとおり。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの付属品
充電アダプタは付いていませんので、スマホのアダプタなどを流用してください。

 

充電ケーブルはAeropexオリジナルなので、他のデバイスの充電ケーブルを使うことはできません。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexのオリジナルマグネット充電ケーブル
よめ
よめ
充電ケーブルが壊れたらどうするの?他のデバイスのケーブルが使えないから不便ね…。
いちまり
いちまり
そんなときのために、充電ケーブルが2本入っているから安心!

 

充電ケーブルが故障したり失くしたりしても困らないよう、箱の中には充電ケーブルが2本入っています。

こういった配慮はユーザー目線でありがたいですね。

 

Aeropexの骨伝導ヘッドホンは、Aeropexに限らず耳栓が付属されています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの付属品「耳栓」

骨伝導ヘッドホンは耳が空くので外部音が聞こえてきますが、外部音を聞かず音楽に集中したい場合に重宝します。

耳栓をすることで、低音がよりはっきりと聞こえるようになりますよ。

 

Aeropexにはシリコンゴム製のケースも付属されています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの収納ケース

 

Aeropex本体と充電ケーブがすっぽり入り、携帯するとき重宝します。

いちまり
いちまり
しかも、自立しますw
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの収納ケースは自立する

 

収納ケースは、マグネットで簡単に開閉が可能です。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの収納ケースはマグネット式

 

Aeropex本体に直接関係はありませんが、収納されてきた箱がおしゃれすぎたので紹介します。

一見なんの変哲もない普通の箱ですが…

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの梱包箱

 

蓋を開けると「BE OPEN」の文字とともに男女のランナーと美しい街並みの写真が。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexの梱包箱はおしゃれ
いちまり
いちまり
カ、カッコ良すぎる…!

 

Aeropexは以下のとおり収納されていました。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Aeropexが収納されている様子

おしゃれな箱に、Aeropexの装着前からテンションが上がりっぱなし。所有欲を見事に満たしてくれました。

 

そのほか、Aeropexにはノイズ軽減機能が搭載されたマイクがついており、ハンズフリーでの通話が可能です。

AfterShokz Aeropexの音質

一般的なイヤホンは、鼓膜を通じて音波が内耳に届く空気伝導ですが、Aeropexは音の振動が骨を通じて聴覚神経に伝わる骨伝導です。

 

わたしは2世代前のAfterShokz Titaniumを所持しており、「オープンイヤーでもこんなに良質な音が聞こえるのか」と感動するほどでしたが、

さらに細かい音がしっかり聴こえるようになっていました。

 

特に中音域から高音域がはっきり聞こえ、心地よく音楽を楽しむことができます。

強いて気になる点を言うなら、一般的なイヤホンと比較すると若干低音が抜けているようにも感じられますが、骨伝導技術を用いたヘッドホンでは間違いなく最高峰の音質だと思います。

 

また、+−ボタン同時長押しでイコライザーの切り替えが可能です。

イコライザーとは
音声信号の周波数を変更するための機能のこと。音声そのものの聞こえ方を変えることができます。

この切り替えにより、音質を好みのものに変えることができます。

 

いちまり
いちまり
ランニング中でも普段使いでも、存分に音楽を楽しめるヘッドホンです。

AfterShokz Aeropexランニング時のメリット

AfterShokz Aeropexはランニングにメリットとなる点が数多くありました。

最高音質の音楽を聴きながら安全にランニングできる

Aeropexは耳を開放するため、車の走行音など外部音を聞くことができます。

ランニング中でも、車の音や信号の音、緊急車両のサイレンなど聞き逃してはならない音をしっかり感じることができるので、安全に走ることが可能です。

それでいて、他の骨伝導イヤホンと比較すると並外れた音質を実現しています。

 

いちまり
いちまり
音楽を楽しみながらランニングを楽しむには、欠かせないアイテムになりました。

しっかり固定されヘッドバンドが動かない

Aeropexは、ヘッドバンドが程よい力で頭を固定するので、ヘッドバンドがずれにくい構造になっています。

 

しかも26gと非常に軽く、スピーカー部分が小さいため、ランニングの振動でも重力でヘッドバンドが落ちてくることもありませんでした。

ヘッドバンドに気を取られることなく、音楽とランニングに集中することができました。

8時間の連続再生で充電切れの心配がない

Aeropexは、連続8時間の音楽再生が可能です。

ランニングするにしても、8時間ぶっ続けで走り続けることって、そうそうないですよね。

 

週に1回程度充電しておけば、充電切れの心配をせずにランニングできるので安心です。

IP67の防水規格で雨・汗からイヤホンを保護

Aeropexには、IP67という防水性能があります。

水深1mの水中に30分の水没にも耐えられる防水性能があるので、汗に濡れてもスコールにうたれても故障の心配はありません。

汗や砂ほこりで汚れてしまったら、水で丸洗いすることもできます。

最高クラスの防水性能を備えているので、外でランニングするのにうってつけのヘッドホンです。

AfterShokz Aeropexの気になる点

AfterShokz Aeropexの気になる点はほぼありませんが、強いて言うなら音漏れがしてしまうことですね。

AfterShokzの前作「Air」から比較すると音漏れしないよう大幅に改善されていますが、停車中の電車内では「何か鳴っているな」と気になる程度の音漏れがします。

ただし、音量を小量に設定しておけば、走行中なら音漏れが騒音にかき消されます。

もし電車内で使用するなら、状況に応じて音量の調整など気を配る必要がありそうです。

 

もちろん、屋外や人と距離を保てる場所でランニングする分には、音漏れを気にする必要はありませんよ。

AfterShokz Aeropexのペアリング方法

AfterShokz Aeropexのペアリング方法は簡単です。

  • STEP1
    ペアリングモード
    +ボタンを長押しすると、ペアリングモードに入り、ランプが青色と赤色に交互に点灯します。

  • STEP2
    Bluetoothの接続設定
    この状態でBluetoothの設定画面を開きます。

     

    「Aeropex by AfterShokz」が表示されるので、タップします。

  • STEP3
    接続完了

    「接続済み」になれば接続完了です。

     

AfterShokz Aeropexのペアリング方法は、以上です。

設定が完了すれば、2回目以降は電源を入れるだけで自動で接続されるようになります。

AfterShokz Aeropexの評判・口コミ

AfterShokz Aeropexを使用している人からの評判・口コミを集めてみました。

いちまり
いちまり
絶賛の評判ばかり!

ほとんどが音質・機能性を絶賛する声でしたが、頭が大きい人が装着すると締め付けがひどいというコメントがありました。

ただ、わたしは頭囲60cmと自他ともに認めるビッグヘッドなのですが、締め付けが辛いと感じたことはないので、個体差があるのかもしれません。

上記のとおり、Aeropexがすぐに故障してしまったというコメントもありましたが、AfterShokzのヘッドホンは、購入から2年間保証されるという神保証制度があるので、長く使えるメリットがあります。

AfterShokz Aeropexレビューまとめ

本記事では「【AfterShokz Aeropexレビュー】驚愕の音質!常識をくつがえす機能性抜群の骨伝導ヘッドホン」について書きました。

AfterShokz Aeropexは、音が良く、耳をふさがないのが特徴的な骨伝導型ヘッドホン。

骨伝導技術を用いたヘッドホンの中では並外れた音質を誇っています。

 

IP67の防水性能があるので、汗や雨はへっちゃらで、丸洗いも可能です。

いちまり
いちまり
ランニングではAfterShokz Aeropexは欠かせません!

今やAeropexは、ランニング時の幸福度をもう1レベル高めてくれるアイテムになりました。

音楽を聴きながらランニングを楽しみたい人に、一番におすすめしたいヘッドホンです。