イヤホン・ヘッドホン

【AfterShokz Titaniumレビュー】耳をふさがない解放感!屋外ランニングに最適な骨伝導ヘッドホン【1万円以下】

色んなイヤホンを試してランニングしているいちまりです。

音楽を聞きながら外をランニングするとき、イヤホンで耳を塞ぐので外部の音が聞こえなくなってしまうことがありますよね。

道路を走るなら、接近してくる車や人の音に気がつくように適宜イヤホンを外さないと危険です。

 

こんなとき役立つのが、外部音取込機能を搭載したAirPods Proのようなイヤホンです…が、値段が高いんですよね…。

 

いちまり
いちまり
手軽に手を出しにくいというデメリットがあります…。

 

そこでご紹介したいのが、耳を塞がず骨への伝導で音が聞こえてくる仕組みのヘッドホン「AfterShokz Titaniumアフターショックス タイタニウム」です。

Titaniumは骨伝導ヘッドホンの中でもコスパに優れ、10,000円以下で購入できます。

というわけで本記事では「【AfterShokz Titaniumレビュー】耳をふさがない解放感!屋外ランニングに最適な骨伝導ヘッドホン【1万円以下】」について書いていきます。

AfterShokz Titaniumの外観と特徴

AfterShokz Titaniumは、音の振動を骨を通じて聴覚に伝えるヘッドホンです。

耳を塞がず、外部の音を聞きながら、ヘッドホンで音楽を聞くことができます。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの外観

 

ヘッドホンといっても、頭の上から装着するタイプのものではないのでコンパクトサイズです。

 

いちまり
いちまり
思っていたより小さくてびっくり。

 

350mlアルミ缶と同等の長さで、輪になっている部分もアルミ缶の円周とほぼ同一です。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの大きさ

 

耳にしっかり乗っかる構造になっており、程よくヘッドバンドが頭を締め付けるので、グラグラ動いてしまうことはありません。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titanium装着の様子

 

いちまり
いちまり
ちなみに、わたしは頭囲が61cmあり頭が大きいけど、余裕を持って問題なく装着することができました!

 

ヘッドバンドは柔軟性と耐久性に優れたチタニウムが採用されており、さらにラバーコーティングされているので心地よい肌触りです。

いちまり
いちまり
こんな風にグニャグニャ動きます。
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumはチタンニウムを採用

 

私はブラックを購入しましたが、他にもカラーは豊富です。

スレートグレー
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titanium(スマートグレー)
オーシャンブルー
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titanium(オーシャンブルー)
キャニオンレッド
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titanium(キャニオンレッド)
ブラック
骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titanium(ブラック)

Titaniumの右側ヘッドホンには、AfterShokzのロゴの印字があしらわれています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumのロゴ

 

スピーカーは、こめかみに当てる部分と、ヘッドホンの側面に付いています。

こめかみに当たる部分だけではなく、様々な方向に向かって音が発信されるので若干ですが音漏れがします

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumのスピーカー
いちまり
いちまり
こめかみに当てる部分はクッション性があり、長時間の装着でも痛くなりません!

 

Titaniumの操作には3つのボタンを使用します。

1つ目は左側ヘッドホンの中央に位置しているマルチボタン。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumのマルチボタン

そして、残り2つはヘッドバンドのコントローラー部分についているプラスボタンとマイナスボタンです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumのボタンと充電差込口

音楽を聴いているときのボタン操作は下記のとおり。

  • マルチボタン:1回クリック→音楽再生/停止
  • マルチボタン:ダブルクリック→次の曲にスキップ
  • +ボタン:1回クリック→音量プラス
  • +ボタン:2秒長押し→電源オン/オフ
  • −ボタン:1回クリック→音量マイナス
  • +−ボタン同時押し:2秒長押し→イコライザー切り替え
いちまり
いちまり
一度覚えれば操作は簡単!

 

重さは36gで、ワイヤレスイヤホンと比べると重いですが、両耳で支えて装着するので重さはさほど感じません。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの重さは36g

 

TitaniumにはIP55等級という防塵防水規格が備わっています。

IP55等級とは
機器の正常な作動に支障をきたすような量の粉塵ふんじんが内部に侵入しない防塵性能と、いかなる方向からの水の直接噴流でも影響を受けない防水性能があることを示しています。
いちまり
いちまり
多少の雨や汗なら、問題なく使用できます
骨伝導ヘッドホンAfterShokz TitaniumはIP55の防塵防水性能
充電コネクタ内に水が入ると故障の原因になるので、カバーをしっかり閉めるよう注意してください。

 

充電はMicro USBケーブルを使います。

数々のデバイスと親和性があるUSB-Cが採用されていないのは正直、微妙なところです。

ボタンが配置されているコントローラー部分に充電コネクタがあります。

カバーを折り曲げないとケーブルをさせないので、折れて外れてしまわないか若干不安な作りではあります。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの充電コネクタ

 

充電中はランプが赤く点灯する仕組みです。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの充電時の様子

 

バッテリーは、最大で6時間の連続再生が可能なので、ウルトラマラソンなど桁外れの長距離を走らない限り、途中で充電切れの心配はありません。

約1.5時間で満充電になります。

Titaniumはワイヤレス充電には対応していません

 

付属品は、説明書、MicroUSB to USB-Aケーブル、収納ポーチ、耳栓など以下のとおり。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの付属品
充電アダプタは付いていませんので、スマホのアダプタなどを流用してください。

 

ヘッドホンなのに耳栓が付いているところがユニークですよね。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの付属品「耳栓」

 

Titaniumは耳が空くので外部音が聞こえてきますが、外部音を聞きたくない場合は耳栓をしてください。

骨伝導ヘッドホンというだけだけあって、耳栓をしていてもクリアに音が聞こえてきます。

 

シンプルな作りではありますが、収納ポーチも付属されています。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumの収納ポーチ

 

Titanium本体と充電ケーブがすっぽり入り、持ち運びに重宝します。

骨伝導ヘッドホンAfterShokz Titaniumが付属品の収納ポーチに入った様子

 

そのほか、Titaniumにはノイズ軽減機能が搭載されたマイクがついており、ハンズフリーでの通話が可能です。

AfterShokz Titaniumの音質

一般的なイヤホンは、鼓膜を通じて音波が内耳に届く空気伝導ですが、Titaniumは音の振動が骨を通じて聴覚神経に伝わる骨伝導です。

空気伝導による一般的なイヤホンに音質は敵いませんが、それでも「骨から伝わる振動でもこんなに良質な音なのか」と驚くほどの音質です。

 

いちまり
いちまり
音楽も普通に楽しめます!
よめ
よめ
音は思っていた数倍良くて、わたしは感動したよ!

 

Titaniumは+−ボタン同時長押しでイコライザーの切り替えが可能です。

イコライザーとは
音声信号の周波数を変更するための機能のこと。音声そのものの聞こえ方を変えることができます。

 

この切り替えにより、以下の音質から好みのものを選択することができます。

  1. 低音を増幅させる音質
  2. 高音が目立つシャープな音質

Titaniumの場合、低音を増幅させるとこもったような音になるので、低音を抑え高音が目立つシャープな音質に設定しておくことがおすすめです。

 

いちまり
いちまり
こうすることで、かなりクリアな音質に!

 

とはいえ、一般的なイヤホンやヘッドホンと比較すると低音が弱く感じられます。

また、感覚的にはヘッドホンで音を聴いているというよりも、環境音が聞こえることも相まって、スピーカーを耳に近づけて聴いている感覚に近いです。

 

とにかく「音の良さを追求したい」という人には不向きかもしれませんが、ランニングをしながら、料理をしながら…など、何かをしながら音楽を聞く分には全くもって十分な音質です。

 

いちまり
いちまり
実際、Titaniumを着用してランニングしていますが、存分に音楽を楽しめています!
よめ
よめ
伝音性難聴の人でもはっきりと音が聞こえるという評判もあったわ!

AfterShokz Titaniumランニング時のメリット

AfterShokz Titaniumはランニングにメリットとなる点が数多くあります。

音楽を聴きながら外部音を聞けるから安全にランニングできる

AfterShokzの代名詞である骨伝導。

AfterShokzは骨伝導技術の特許を取得しており、Titaniumは耳を開放するから車の走行音などの外部音を聞くことができます。

それでいて、音質もそれほど悪くありません。

 

車や歩行者の接近にすぐに気がつくことができるので、安全にランニングができます

装着に圧迫感がなく快適

Titaniumは、耳を塞がないので圧迫感がなく快適です。

 

AirPodsProなどのイヤホンは外部音取り込み機能があるので、Titaniumと同じように車などの走行音を聞くことができるのですが、耳を塞ぐので若干の閉塞感があります。

耳を塞がないことによる解放感は骨伝導ヘッドホンであるTitaniumの強みです。

 

また、耳に汗が溜まらないので蒸れにくく心地良い使用感です。

 

さらに36gと軽いので、1日中装着していても気になりません。

落下しないし失くさない

Titaniumは完全ワイヤレスイヤホンのように分離しておらず、ある程度の大きさがあるので目立ちます。

存在感があるので、失くすことはほぼないでしょう。

 

また、両耳に乗っかり、程よい力で頭を締め付けるので、しっかり固定されます。

 

いちまり
いちまり
ヘッドバンキングしても動きません!

 

インターバル走などで激しく身体を動かしても、落下する心配がないので安心して使用できます。

IP55等級の防水規格で小雨・汗からイヤホンを保護

Titaniumは、IP55という防水性能があります。

いかなる方向からの水の直接噴流でも影響を受けないとされており、汗や小雨程度なら故障の心配がありません。

AfterShokz Titaniumの気になる点

一方でAfterShokz Titaniumの気になる点もありました。

それは以下の2点です。

結構な音漏れがする

Titaniumはスピーカー部分をこめかみに当てるのですが、完全に密着しているわけではないので、音漏れがします。

いちまり
いちまり
それも結構な音量で…。

 

ランニングやジムで筋トレしている場合は周りもうるさいですし、人との距離もあるので問題ありませんが、

そのままの勢いで電車に乗ってしまうと、周囲からの目が痛いかもしれません…。

 

人との距離が近い場所や静かな場所では、普段の音量からマイナス2くらいに下げておかないと、迷惑になるので注意が必要です。

音量のアップに制限がかかる仕様

わたしはiPhone8(iOS13.6.1)に接続してTitaniumを使用しているのですが、+ボタンを押しても音量を最大まで上げることができないんです。

具体的にどういうことかというと、以下の音量をiPhoneで設定し音楽を聴いていたとします。

このiPhoneで設定した音量が最大値になるよう制限されてしまうんですよね。

−ボタンを押すと音量は下がるのですが、+ボタンで音量を上げても、iPhoneで設定した音量は超えないようになっています。

それ以上の音量にしたい場合は、iPhoneを取り出して音量を上げておく必要があります。

大きな問題ではありませんが、ちょっと不便だなと感じます。

AfterShokz Titaniumのペアリング方法

AfterShokz Titaniumのペアリング方法は一瞬で完了します。

  • STEP1
    ペアリングモード
    +ボタンを長押しすると、ペアリングモードに入り、ランプが青色と赤色に交互に点灯します。

  • STEP2
    Bluetoothの接続設定
    この状態でBluetoothの設定画面を開きます。

     

    「Titanium by AfterShokz」が表示されるので、タップします。

  • STEP3
    接続完了

    「接続済み」になれば接続完了です。

     

AfterShokz Titaniumのペアリング方法は、以上です。

AfterShokz Titaniumの評判・口コミ

AfterShokz Titaniumを使用している人からの評判・口コミを集めてみました。

良い口コミ・悪い口コミ、それぞれ以下のような口コミがありました。

AfterShokz Titaniumレビューまとめ

本記事では「【AfterShokz Titaniumレビュー】耳をふさがない解放感!屋外ランニングに最適な骨伝導ヘッドホン【1万円以下】」について書きました。

AfterShokz Titaniumは、耳を塞がないのが特徴的な骨伝導型ヘッドホン。

耳を塞がないから車や自転車などの走行音が聞こえ、音楽をバックに安全に屋外ランニングを楽しむことができます。

 

低音は迫力に欠ける部分がありますが、思っていた数倍クリアに聞こえ、ランニングしながら音楽を楽しむには十分な音質です。

 

また、ヘッドバンドが程よい力で頭を締め付け、しっかり固定されるので、激しい運動にも耐えられます。

いちまり
いちまり
しかも、1万円以内で購入できるコスパに優れたヘッドホンです!