イヤホン・ヘッドホン

【Anker Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】AirPods Pro並のノイキャン、外部音取り込みを備えた完全ワイヤレスイヤホン【1万円台】

イヤホンのノイズキャンセリング、外部音取り込み機能が私生活に欠かせないいちまりです。

私にとって、ノイズキャンセリングは作業に集中したいときに、外部音取り込み機能はランニングで車の走行音を聞くときに必須の機能になっています。

両機能を備えているワイヤレスイヤホンは数多く販売されていますが、価格が高くなかなか手が出ません。

たまに安いイヤホンを見かけることもありますが「本当にノイキャン効いてるの?」と疑ってしまうほど微々たる性能なことも…。

 

いちまり
いちまり
1万円台で、しっかりとしたノイズキャンセリング、外部音取り込み機能を表現できるイヤホンはないものか…。

 

その要望を満たす機種が「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」です。

Soundcore Liberty Air 2 ProはAirPods Proの約半額で購入できますが、同機種並みの優秀なノイズキャンセリング、外部音取り込み機能を搭載していました。

というわけで本記事では「【Anker Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】AirPods Pro並のノイキャン、外部音取り込みを備えた完全ワイヤレスイヤホン【1万円台】」について書いていきます。

本記事でレビューするのはAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro ネイビーカラーです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの外観と付属品

Soundcore Liberty Air 2 Proは耳の奥にイヤホンを入れる「カナル型」のワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの外観

耳から飛び出てしまう棒状の部分は、先に向かうにつれ徐々に細くなっており、スタイリッシュに仕上がっています。

 

いちまり
いちまり
控えめに言ってもカッコ良い!所有欲を高めてくれます!

 

タッチセンサー部分はメタリックな仕上がり。イヤホン本体はマッド加工になっており、高級感があります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはメタリックな外観

 

裏面には左右を示す「L」「R」のプリントがわかりやすく印字されています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ProのLR印字

 

装着感は以下のとおり。耳にしっかり差し込むので多少の振動では外れない安定感があります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの装着感

 

また、サイズが異なるイヤーピースが9種も付属しています。これだけあればサイズが合わないといった心配も不要でしょう。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは9種のイヤーチップ付属

 

いちまり
いちまり
XXXSという極小サイズも用意されています!

 

ケースは角が丸みがかった正方形で、手の平にすっぽりと収まります。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのケースは正方形型

 

つや消しマッド加工で指に吸い付く肌触り。高級感があって一見イヤホンケースには見えないおしゃれさです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのケースの外観

 

ふたはワンボックスカーのスライドドアのように滑らかにスライドします。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proケースの蓋はスライド式

 

イヤホン本体の重さは左右で10g、ケース収納時は61gと標準的な重さです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは左右イヤホンで10g
Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはケース込み61g

付属品は前述のとおり9種のイヤーチップのほか、イヤホン本体、ケース、充電ケーブル、説明書となっています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの付属品

 

カラー展開は当初から発売されているブラックホワイトのほか、ピンクネイビーが追加になり計4種となりました。

ブラック
ホワイト
ピンク
ネイビー

 

いちまり
いちまり
ネイビーはクールでカッコ良いです!青系統のイヤホンは珍しいのでブルー好きにおすすめ!

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのレビュー

実際にSoundcore Liberty Air 2 Proを使ってみました。

使用感のレビューの前に、まず仕様を確認しておきましょう。

Soundcore Liberty Air 2 Proの仕様
製品名 Soundcore Liberty Air 2 Pro
ケースサイズ 60 x 60 x 30 mm
重さ イヤホン:10g ケース込み:61g
形状 カナル型
ドライバー 11mm
付属イヤーチップサイズ XXXS / XXS / XS / S / M / M+ / L / L+ / XL
防水規格 IPX4
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC / AAC
バッテリー イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大26時間
充電 USB-C / ワイヤレス充電(Qi)対応
ノイズキャンセリング あり
外部音取り込み あり

 

Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴は以下のとおりでした。

優秀なノイズキャンセリングと外部音取り込み

Soundcore Liberty Air 2 Proの最大の特徴は、優秀な「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」です。

ノイズキャンセリングは音への没入感を高めてくれ、外部音取り込み機能はランニング時の車の走行音など外部の音を聴きたいときに役立ってくれます。

Soundcore Liberty Air 2 Proは、ノイズキャンセリング、外部音取り込みともにAirPods Proと肩を並べるほど優秀です。

実際にSoundcore Liberty Air 2 ProとAirPods Proの両方をつけて生活音の聞こえ方を比べてみましたが、ほとんど差は感じませんでした。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ProとAirPods Pro

 

正直なところ「ノイキャン搭載!」「外部音取り込み搭載!」と謳うイヤホンの中には、あまりに効きが弱すぎて「本当にノイキャンついてるの?」と疑ってしまうイヤホンもあるんです。

ですが、Soundcore Liberty Air 2 Proにそんな心配は無用でした。

 

いちまり
いちまり
さすがは信頼と実績のAnkerの自信作!

 

さらにSoundcore Liberty Air 2 Proは、アプリを使ってシーンに合わせた詳細な設定をすることが可能です。

いちまり
いちまり
「本当にノイキャンや外部音取り込みが効くのかな?」と心配しているなら「全く問題なし!優秀ですよ!」と声を大にして言いたいですね。

ズンズン響く低音が特徴的

Soundcore Liberty Air 2 Pro低音が特徴的。

11mmの大口径ドライバーが重低音を高め、響きの良いメロディーを奏でてくれます。

ドンシャリ系のため低音、高音は心地良いですが、悪くいえば中音域が少し弱めの印象です。

 

コーデックはaptXが非対応ですが、最近はBlutoothチップの高性能化が進んでおり、遅延速度、音質ともに問題なく音楽を楽しむことができました。

aptXとは
主にAndroid対応の高音質コーデック。高音質な音楽を遅延の少ない状況で楽しむことができます。

 

Amazonの口コミでも以下のように評価されており、よっぽどaptXにこだわりがない限りは、気にしなくても良いでしょう。

音質・遅延に関してもaptX HD,aptX LLでないaptXコーデックにはAAC、SBCに明確な優位性はほとんどありません。〜中略〜

低価格でここまで完成度の高い製品を対応コーデックだけで見限ってしまうのは大変もったいないと思わざるを得ません。

 

ミドルクラスの完全ワイヤレスイヤホンとしては、満足できる音質。

特に低音好きにおすすめしたいイヤホンですが、バラード、ポップス、ロックなど幅広い音楽を楽しむことができます。

長持ちのバッテリー&ワイヤレス充電で利便性アップ

Soundcore Liberty Air 2 Proは、イヤホン単体で最大7時間、ケースによる充電で最大26時間使用可能とまずまずのバッテリーです。

ランニングや外出時に使用するなら問題ないバッテリー性能といえるでしょう。

 

充電には、最近のデバイスでは標準的となっているUSB-Cを使用。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ProはUSB-Cケーブルで充電

 

ワイヤレス充電にも対応しており、Qi対応の充電パッドさえあれば、手軽にサッと充電できます。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはワイヤレス充電(Qi)対応

 

また、15分の充電で3時間の再生が可能なので、万が一充電を忘れてしまってもリカバリーすることが可能です。

ケースのLEDランプから、どれくらい充電されたかチェックすることもできますよ。

バッテリー残量 LEDランプの状態
〜29%  ● ○ ○(1つ目が点滅)
30%〜70%  ● ● ○(2つ目が点滅)
71%〜99%  ● ● ●(3つ目が点滅)
100%  ● ● ●(全て点灯)

まずまずの防水性能

防水性能はIPX4とまずまずです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ProはIPX4の防水規格
IPX4とは
「あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない」とされる防水規格です。

 

前機種のSoundcore Liberty Air 2が1ランク上の防水性能だったので少し残念ではありますが、

とはいえ、降雨や運動中の汗程度であれば、イヤホンの故障を心配することなく使用し続けることができます。

ただし、入浴中やシャワーなどでは故障の恐れもありますので注意すべきです。

カスタマイズできるイコライザーがグッド!

前述したとおり、Soundcore Liberty Air 2 Proは素晴らしく高音質なイヤホンですが、音の聞こえ方を自分好みに設定変更できます。

Soundcoreの専用アプリを使えば、イコライザーをあらかじめ用意された22種の中から選ぶことが可能です。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

いちまり
いちまり
シチュエーションや曲調に合わせて音質を変更できるのも、Soundcore Liberty Air 2 Proの強みです!

 

さらに、アプリに搭載されているHearID機能を使えば、あなたの聞こえ方に適したイコライザーを自動で設定することもできます。

設定は、聴覚検査の要領で行います。

  • STEP1
    HearIDの手順の確認
  • STEP2
    年齢の設定
  • STEP3
    イヤホンの装着
  • STEP4
    聴覚検査の実施
  • STEP5
    設定完了

検査は3分程度で完了し、やり直しも可能です。

 

前機種のSoundcore Liberty Air 2も同じようにHearID機能が使用できますが、Soundcore Liberty Air 2 ProはHearID 2.0とバージョンがアップし、

さらに細かくテストされる仕様になっていました。

 

加えて手動でのカスタマイズも可能です。

デフォルト設定でも十分満足できる音質ですが、イコライザーの自由設定により豊富な音質設定が可能となり、つけ入る隙がないイヤホンに仕上がっています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの使い方

本項目では、Soundcore Liberty Air 2 Proの詳細な使い方を書いていきます。

タッチセンサーの操作方法

Soundcore Liberty Air 2 Proは、タッチセンサー式です。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proはタッチセンサー式

 

タッチセンサーの感度は良好で、誤作動もなく思いのままに操作することができました。

センサーの操作方法は以下のとおり。

操作一覧
  • 右イヤホン1回タップ:音量大
  • 左イヤホン1回タップ:音量小
  • 右イヤホン2回タップ:再生 / 一時停止、受話
  • 左イヤホン2回タップ:曲送り、受話
  • 右イヤホン2秒長押し:着信拒否 / 通話終了、モード設定
  • 左イヤホン2秒長押し:着信拒否 / 通話終了、モード設定

当初は左右2回タップ、2秒長押しの計4パターンの操作方法しかありませんでしたが、発売後にファームアップが配信され、6パターンの操作が可能になりました。

操作パターンの少なさを嘆く方も多かったのですが、すぐに改善されるなどAnkerの神対応が光りました。

 

また、操作の内容は使い勝手に合わせてアプリから割り当てることが可能。

設定可能な操作項目
  • 音量小
  • 音量大
  • 次へ
  • 戻る
  • 再生 / 一時停止
  • 音声アシスタント
  • モード設定

使用頻度に合わせて、設定内容をカスタマイズすることができ、利便性をアップさせることができます。

カスタマイズの設定画面

設定はプルダウンで内容を変更するだけ。視覚的にも簡単に設定できるので便利です。

ペアリング方法

Soundcore Liberty Air 2 Proのペアリング方法は以下のとおりです。

  • STEP1
    ケースの蓋を開ける

    イヤホンが入ったケースの蓋を開けると、イヤホンのLEDランプが点滅します。

    Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのペアリング方法
  • STEP2
    Blutooth設定
    この状態でスマホのBluetooth設定を開きましょう。

    iPhoneであれば「設定」「Bluetooth」メニューへと進みます。

    一番下の「その他デバイス欄」に「Soundcore Liberty Air 2 Pro」が表記されますので、タップしましょう。

  • STEP3
    設定完了

    Soundcore Liberty Air 2 Proが「接続済み」になっていれば設定完了です。

以上で設定は完了です。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proと前機種Soundcore Liberty Air 2の違い

Soundcore Liberty Air 2 Proと前機種のSoundcore Liberty Air 2のスペックを比較してみました。

Anker Soundcore Liberty Air 2 ProとAnker Soundcore Liberty Air 2
比較表
製品名 Soundcore Liberty Air 2 Pro Soundcore Liberty Air 2
価格 12,980円(税込) 7,999円(税込)
ケースサイズ 60 x 60 x 30 mm 50 x 56 x 25 mm
重さ イヤホン:10g ケース込み:61g イヤホン:10g ケース込み:53g
形状 カナル型 カナル型
ドライバー 11mm 6mm
付属イヤーチップサイズ 9種 7種
防水規格 IPX4 IPX5
通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP
対応コーデック SBC / AAC SBC / AAC / aptX
バッテリー イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大26時間
イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大28時間
充電 USB-C / ワイヤレス充電(Qi)対応 USB-C / ワイヤレス充電(Qi)対応
ノイズキャンセリング あり なし
外部音取り込み あり なし

 

Soundcore Liberty Air 2 Proの優劣は以下のとおりです。

  • ドライバーが11mmで音質に迫力アップ
  • イヤーチップサイズが9種に
  • BluetoothプロファイルにHSP追加
  • ノイキャン、外部取り込み音機能あり
  • 価格が約5,000円高い
  • 防水規格がIPX5からIPX4にダウン
  • コーデックからaptX削除
  • ケースによる充電が2時間短縮

 

良い点として、Soundcore Liberty Air 2 Proから搭載されたノイズキャンセリング、外部音取り込み機能のメリットは大きく、室内外での利便性が大きく向上しました。

また、11mmの大口径ドライバーはより迫力ある重低音を実現し、パワフルな音質に。

Soundcore Liberty Air 2 ProはSoundcore Liberty Air 2から順当に進化し、音質、利便性ともにパワーアップしたといえます。

 

その一方で、劣化した部分もあります。

とはいえ、防水規格はIPX5からIPX4にダウンしても、降雨や運動時の汗なら問題なく使用できているので、気にするほどではありません。

ケース充電によるバッテリー持ちの弱体化も微々たるものです。

コーデックはaptXが削除されてしまいましたが、遅延速度、音質ともに問題なく音楽を楽しむことができています。

いちまり
いちまり
正直なところ体感では、aptXが削除されたかどうかなんてわからないですしね。

 

結論としては、価格は5,000円ほど高くなりますが、Soundcore Liberty Air 2よりもSoundcore Liberty Air 2 Proをおすすめします。

価格差を埋める性能・機能性をSoundcore Liberty Air 2 Proは持ち合わせていますし、外観も美しくかっこいい。

1台あれば、当面、他のワイヤレスイヤホンは使わなくて良いほど秀逸なデバイスです。

 

Soundcore Liberty Air 2 ProとSoundcore Liberty Air 2でどちらにしようか悩んでいるなら、絶対にSoundcore Liberty Air 2 Proを選んだ方が後悔しませんよ!

いちまり
いちまり
5,000円の差で悩むのはもったいないです!

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの評判・口コミ

Soundcore Liberty Air 2 Proの評判・口コミをSNSで調査してみました。

評判・口コミをまとめると以下のとおりに。

良い評判・口コミ
  • ノイキャンと外部音取り込みが高性能
  • アップデートでボタン操作性アップ
  • コスパが高い
  • カラーバリエーションが豊富
悪い評判・口コミ
  • 風に弱い
  • 耳へのフィット感に欠ける

 

やはり、ノイズキャンセリングの性能やコスパの高さを評価する声が多かったです。

 

いちまり
いちまり
1万円台でノイキャン付きイヤホンを購入するならSoundcore Liberty Air 2 Proがかなりおすすめ!

 

一方で「外出時に使用すると風の音が気になる」「本体の形状が耳に合わない」との声もありました。

わたしが使ってみた所感としては、外で使用しても風の音は全く気になりません。

また、AirPods Proに比べるとフィット感はやや欠ける印象は否めませんが、ストレスが生じるほどでもありません。

こればっかりは個人差があるのかなと思います。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】AirPods Pro並のノイキャン、外部音取り込みを備えた完全ワイヤレスイヤホン【1万円台】」について書きました。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは優秀なノイズキャンセリング、外部音取り込み機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホン。

1万円台のイヤホンとしては異例の性能で、音質、外観もグッド。

抜群にコスパの高いイヤホンに仕上がっています。

 

1万円台でノイズキャンセリング、外部音取り込み機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホンを選ぶなら、Soundcore Liberty Air 2 Proを選択しておけば間違いありません!

いちまり
いちまり
室内外どこでも活躍できるイヤホンでした!