イヤホン・ヘッドホン

【Anker Soundcore Life A2 NCレビュー】外音取り込みモード搭載!重低音が響くランニング特化の完全ワイヤレスイヤホン

ランニングしながら音楽を楽しむいちまりです。

音楽やオーディオブックを聞きながらランニングをする際、欠かせないアイテムといえば完全ワイヤレスイヤホンです。

有線だと振動でノイズが発生する場合があるので、無線ワイヤレスであることがポイント。

その上で、耳から落ちにくい構造になっていたり、事故を防ぐため車の走行音などが聞こえる「外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)」が備わっていると、なお良しですね。

Ankerの「Soundcore Life A2 NC」は、これらの条件を全て満たす完全ワイヤレスイヤホンです。

さらに専用アプリを使えば、イコライザーをカスタマイズでき、高音から低音まであなた好みの音楽出力が可能なんです。

 

よめ
よめ
至れり尽せりのワイヤレスイヤホンね!

 

というわけで本記事では「【Anker Soundcore Life A2 NCレビュー】外音取り込みモード搭載!重低音が響くランニング特化の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

Anker Soundcore Life A2 NCの概要と付属品

Anker Soundcore Life A2 NCは、ノイズキャンセリング、外音取り込み機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Life A2 NCの外観

 

Soundcore Life A2 NCの仕様
製品名 Soundcore Life A2 NC
ケースサイズ 75 × 60 × 30mm
重さ イヤホン:12g ケース込み:68g
形状 カナル型
ドライバー 11mm
付属イヤーチップサイズ XS / S / M / L / XL
付属イヤーウィングサイズ S / M / L
防水規格 IPX5
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル AVRCP、A2DP、HFP、HSP
対応コーデック SBC / AAC
バッテリー イヤホン本体:最大6〜7時間
充電ケース使用:最大30〜35時間
充電 USB-C

 

イヤホン本体のメタリックな部分と、イヤーチップやイヤーウィングなどのゴム製の部分が絶妙に組み合わさっており、そこそこ高級感ある外観に仕上がっています。

Anker Soundcore Life A2 NCはそこそこ高級感がある

 

手の平に収まる小ぶりなサイズ感で、AirPods Proではよく「うどん」と称される棒状の部分がありません。

Anker Soundcore Life A2 NCとAirPods Proの外観比較

 

カナル型なので、耳にしっかりフィットします。さらに、付属のイヤーウイングが耳に引っかかり、落下しにくい構造になっています。

Anker Soundcore Life A2 NC装着の様子

 

イヤホン本体にはよく見ると「L」「R」の印字があり、左右どちらに装着するイヤホンかわかりやすく示されています。

Anker Soundcore Life A2 NCのLR印字箇所

 

ケースは卵形でコンパクト。厚みがあまりなく、手の平にすっぽりと収まります。

Anker Soundcore Life A2 NCのケース外観

 

宝石箱のようにパカっと開く仕様で、各イヤホンはマグネットにより吸い付くようにケースに収まります。

Anker Soundcore Life A2 NCはマグネットで簡単収納

 

ケースの表面はすべすべで良い肌触り。ブランド名のロゴが印字されている程度でシンプルなデザインとなっており、チープさは感じません。

Anker Soundcore Life A2 NCケースの外観

ただし、ケースはプラスチック性でコーティングされたものではないため、傷がつかないよう取り扱いには注意が必要です。

 

イヤホン本体の重さは左右で12g、ケース収納時は68gと標準的です。

Anker Soundcore Life A2 NCはイヤホン12g
Anker Soundcore Life A2 NCはケース込み68g

Soundcore Life A2 NCは、IPX5という防水規格を有しています。

IPX5等級とは
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」とされる防水規格です。

降雨や運動中の汗程度であれば、イヤホンの故障を心配することなく使用し続けることができます。

 

操作は、左右のイヤホンにある物理ボタンを押すことで可能です。

Anker Soundcore Life A2 NCはボタン操作
ボタン操作一覧(初期設定)
  • 右ボタン2回タップ:音楽再生 / 停止、受話
  • 左ボタン2回タップ:曲送り、受話
  • 右ボタン2秒長押し:終話 / 着信拒否、モード切替え
  • 左ボタン2秒長押し:終話 / 着信拒否、モード切替え

操作は「2回タップ」または「2秒長押し」の2パターンしかありませんので、直感的にわかりやすいです。

デフォルトでは上記のボタン操作になりますが、後述のアプリから自由にボタン操作の内容をカスタマイズすることができます。

 

付属のイヤーチップは、本体に最初から付いていたものを含めて5種類。イヤーウィングは3種類あります。

豊富なサイズから選択できるので、サイズが合わないということはあまり考えなくても良さそうです。

Anker Soundcore Life A2 NCはイヤーチップ5種、イヤーウイング3種付属

 

充電にはUSB-Cを使用します。付属のケーブルはUSB-C to USB-Aケーブルです。充電器は付属してこないので、別途ご用意ください。

Anker Soundcore Life A2 NCはUSB-A to USB-Cケーブル付属

 

バッテリーはイヤホン単体で最大7時間、ケースによる充電込みだと最大35時間の連続再生が可能です。

ワイヤレス充電には対応していませんが、短時間充電に対応し、10分間の充電で約1.5時間の再生が可能となっています。

Anker Soundcore Life A2 NCは10分充電で1.5時間再生可能

 

付属品としてイヤホンケース、イヤーチップ、イヤーウイングのほか、充電ケーブル、説明書等が梱包されています。

Anker Soundcore Life A2 NCの付属品

Anker Soundcore Life A2 NCのレビュー

Anker Soundcore Life A2 NCを実際に使ってみた感想・レビューを書いていきますね。

高音質で特に重低音が強い

以下の楽曲をSoundcore Life A2 NCとAirPods Proで聴き比べてみました。

  • MISIA「Everything」(バラード)
  • YOASOBI「夜に駆ける」(ポップス)
  • ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」(ロック)

その上で、Soundcore Life A2 NCに感じた感想は以下のとおりです。

Soundcore Life A2 NCの感想
  • ドンシャリ系で重低音が強い
  • 全体的に高音質
  • ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」の臨場感が半端ない!
  • AirPods Proと比べるとややクリアさに欠ける
  • 低音の強さゆえ、バラードのボーカルの声が遠くに感じることも

 

全体的に、音の解像度は高くクリアに聞こえ、高音質である印象を受けました。

AirPods Proと比べるとややクリアさに欠けるのは事実ですが、5,000円程度のワイヤレスイヤホンと比較すると、断然音が良いのがわかります。

 

特に重低音が力強く、脳や心臓にズンズン響いてきます。

ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」は臨場感が半端なく、AirPods ProよりSoundcore Life A2 NCで聞いた方が気分が上がりました!

ドンシャリが好きな方なら、ハマるワイヤレスイヤホンです。

 

一方で、バラード系では、ボーカルの声がバックミュージックの低音に負け、少々遠くにいるように感じることがありました。

とはいえ、全体的によくまとまっており、聞き心地は良かったです。

 

わたしが使ってきた1万円以下のワイヤレスイヤホンの中では、ずば抜けて良い音質です。

いちまり
いちまり
特にロックによく合うワイヤレスイヤホンです!

 

ちなみに、片方のイヤホンだけを装着しても聞くことができ、その点もグッドでした。

しっかり機能するノイズキャンセリング・外音取り込み

過去にノイズキャンセリングや外音取り込み機能がある1万円以下のワイヤレスイヤホンを使用したことがあるのですが、正直おまけ程度の機能で「効いているのか効いていないのかわからん」状態だったことがあります。

なので、Anker初のノイズキャンセリング、外音取り込み機能とはいえ、期待していなかった部分もあったのですが…、

Soundcore Life A2 NCは、両機能ともにしっかりと機能していました!

AirPods Proほどの強烈さありませんが、車の走行音や生活音などを設定に合わせて制御してくれます。

  • ノイズキャンセリングは通勤・通学中の電車の走行音やガヤガヤした騒音を和らげてくれ、集中力を保つのに役立ちます。
  • 外音取り込み機能はランニング中など、事故防止のため車の走行音をあえて自然に取り入れたい場合に役立ちます。

どちらもしっかり機能することに加え、以下のとおり、アプリから状況に適した設定が可能なので、かなり使える機能だと感じました。

 

ノイズキャンセリングモードの詳細設定
  • 交通期間
  • 屋内
  • 屋外
外音取り込みモードの詳細設定
  • 全ての外音
  • 音声フォーカス

なお、モード切り替え(ノイズキャンセリング / 外音取り込み / 標準)はアプリ操作のほか、ボタン操作でも可能です。

専用アプリで状況に合わせた再生設定が可能

Soundcore Life A2 NCの専用アプリがかなり便利な機能を備えています。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

特に注目したいのが、アプリからボタン一つで自分好みのイコライザーに設定できること。

アプリで用意されている22種類のプリセットから自由に選択できるんです!

 

いちまり
いちまり
「ロック」に設定してONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」を聞き返したら、さらに聞こえがよくなり、テンション爆上がりしました!

 

これでも十分すぎる機能ですが、加えてカスタマイズも可能

曲調やシーンに応じてイコライザーを選択することで、さらに深みのある音楽体験ができます。

ランニングにおすすめ!

Soundcore Life A2 NCを使用してみて、音楽を聴きながらランニングすることに向いている機種だと感じました。

その理由は以下の5点からです。

  1. イヤーウィングがついており、耳から落下しにくい
  2. 外音取り込みがあり、車の走行音を認知しやすい
  3. 降雨や汗から守る防水性能がある
  4. 最大7時間とバッテリー性能が良い
  5. 操作が簡単

ランニングに向いているイヤホンの特徴を網羅しています。

特に屋外を走るなら、外音取り込み機能は欠かせない機能。事故防止にもなりますし、通行人に迷惑をかけないためにも重要です。

それだけなら他のイヤホンでも代替可能なんですが、イヤーウィングがついており、耳から落下しにくい構造なのがグッド。

 

しかも、これらの特徴を抑えつつ、10,000円以内で購入できるワイヤレスイヤホンは数多くありません。

ランニングに向いている完全ワイヤレスイヤホンを安価に入手したいなら、Soundcore Life A2 NCがかなりおすすめです!

Anker Soundcore Life A2 NCの評判・口コミ

Soundcore Life A2 NCについて、Twitterでは、以下の評判・口コミがありました。

上記のとおり、概ね好評の声が多かったですね。

中には音質の悪さを指摘する投稿もありましたが、 専用アプリからイコライザーの設定を自分好みにカスタマイズしたことで解消したとのこと。

仮にデフォルト設定が気に入らない音質でも、限界はありますが後から変更できるので、購入前の不安はかなり軽減されるはずです。

Anker Soundcore Life A2 NCレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Life A2 NCレビュー】外音取り込みモード搭載!重低音が響くランニング特化の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Anker Soundcore Life A2 NCは、Anker初のノイズキャンセリング、外音取り込み機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。

両機能に加えて、イヤーウィングにより耳にしっかり固定されるので、ランニングにも最適なイヤホンとなっています。

 

専用アプリによるイコライザーの設定など、便利な機能が豊富に備わっているのも嬉しいポイント。

価格も10,000円以下と群を抜いたコスパの良さで、非常に満足のいくイヤホンでした。