イヤホン・ヘッドホン

【Anker Soundcore Spirit X2レビュー】イヤーフックで落ちにくい完全防塵防水対応のスポーツイヤホン

音楽を聴きながらランニングしがちないちまりです。

AirPods Proのようなフルワイヤレスイヤホンを装着してランニングしていると、振動で耳から落ちてしまいそうな気がしませんか?

 

いちまり
いちまり
特に車がよく通る狭い道や、橋の上を走るときはポロっと落ちたらどうしようとドキドキしちゃうよね。

 

こんな不安を払拭してくれるイヤホンが、Ankerから発売されたSoundcore Spirit X2のようなイヤーフック付きのワイヤレスイヤホンです。

フックが耳にしっかり引っかかるので、落下する心配はありません。

Anker Soundcore Spirit X2はイヤーフック付きのワイヤレスイヤホンで落下の心配なし

 

しかもSoundcore Spirit X2は、IP68等級の防塵防水規格があり、雨や汗から保護してくれるランニングに最適なイヤホンです。

また、12mmのドライバーが搭載され、迫力ある音質を実現しており、ズンズンくる低音がランニング中のテンションを高めてくれます。

ということで本記事では「【Anker Soundcore Spirit X2レビュー】イヤーフックで落ちにくい防塵防水対応のスポーツイヤホン」について書いていきます。

Anker Soundcore Spirit X2の外観と付属品

Soundcore Spirit X2は、IP68等級の完全防塵防水規格を有したイヤーフック型ワイヤレスイヤホン。

IP68等級とは

粉塵の侵入が完全に防護されることと、継続的に水没しても内部に浸水しない仕様であること。
粉塵・水から保護される最高峰クラスの規格であることを意味しています。

 

柔らかいシリコンで作られたイヤホンチップとイヤーフックにより、耳へのフィット感が抜群です。

Anker Soundcore Spirit X2はシリコン製のイヤーフックで耳とのフィット感抜群

 

イヤホンの表面にはAnkerのオーディオブランドであることを表す「soundcore」の印字があり、黒を基調としたシックなデザインに仕上がっています。

Anker Soundcore Spirit X2は黒を基調としたシックなデザイン

 

イヤホン自体は、耳栓のように耳の奥に入れ込むタイプです。

Anker Soundcore Spirit X2はのイヤホンはカナル型

 

その上で、イヤーフックがガッチリ耳をホールドする仕組みとなっています。

実際に走ってみましたが、ランニングの揺れで落ちる心配はありませんし、逆立ちしてもへっちゃらです。

Anker Soundcore Spirit X2を装着した様子

 

イヤホンの裏側には、左のイヤホンである「L」と右のイヤホンである「R」の文字が印字されています。

Anker Soundcore Spirit X2は裏面にわかりやすく左右(LR)の表示

 

重さは片耳11g、両耳22gと平均的な重さより若干重いですが、耳にしっかり固定されるので、重さはさほど感じません。

Anker Soundcore Spirit X2のイヤホンの重さは片耳11g、両耳22g

 

再生時間は、イヤホン単体で最大5時間、付属の充電ケースを合わせて使うと最大36時間の再生が可能であり、標準的なバッテリー使用時間です。

Anker Soundcore Spirit X2はイヤホン単体で最大5時間、充電ケース併用で最大36時間使用可能

 

充電ケースは石鹸のような卵型。

ケース外側にはイヤホン同様「soundcore」の印字があり、シンプルですがおしゃれなデザインです。

表面はプラスチック素材のようなツルッとした肌触りではなく、若干マッドな質感です。

いちまり
いちまり
ずっと触っていたい心地良い肌触り。値段の割りに高級感があります。
Anker Soundcore Spirit X2のケースは卵形でマッドな肌触り

 

ケースは若干大きく、存在感があります。

イヤーフックを収納する必要があるので、致し方ないところですね。

Anker Soundcore Spirit X2のケースは若干大きい

 

いちまり
いちまり
AirPods Proのケースと比べても2回りほど大きいです。
Anker Soundcore Spirit X2のケースはAirPods Proと比べると2回りくらい大きい

 

ケースの重さは101gであり、一般的なワイヤレスイヤホンのケースと比較すると少々重めです。

Anker Soundcore Spirit X2のケース重量は101g

 

充電は、普及されつつあるUSB-C対応である点は嬉しいところ。

他のケーブルとも併用可能です。

これにより急速充電が可能となり、わずか10分の充電で2時間の音楽再生ができます。

 

いちまり
いちまり
充電し忘れたときでも、サッと充電して利用できるのが便利!

 

なお、満充電にするには1.5時間の充電が必要です。

Anker Soundcore Spirit X2の充電はUSB-Cケーブル対応

 

充電するときはイヤホンとケースに付いているそれぞれのマグネットが吸い付くようにくっつくので、思ったより収納に手間取ることはありませんでした。

Anker Soundcore Spirit X2のイヤホンはマグネットによりケース収納が簡単
Anker Soundcore Spirit X2のイヤホンはマグネットによりケース収納が簡単
なお、ワイヤレス充電には対応していません

 

付属品はイヤホンとケースの他に、説明書とUSB-C to USB-Aケーブル。

Anker Soundcore Spirit X2の付属品
充電アダプターは付いていません。

 

それに、耳に入れるイヤーチップが4種類(XS、S、L、XL)とイヤホンがずれないように固定するイヤーウイングが2種類(S、L)入っています。

イヤーチップMサイズ、イヤーウイングMサイズはイヤホンに初期装着されています。
Anker Soundcore Spirit X2はイヤーチップ5種、イヤーウイング3種が付属

その他、Soundcore Spirit X2の特徴的な機能として、以下の機能が挙げられます。

 

  • 通話中のノイズを除去する機能があるため、通話相手があなたの音声をより大きくクリアに聞くことができる。
    ※音楽を聴く際のノイズキャンセリング機能は無い
  • 片耳だけで音楽を聴くことができる。

Anker Soundcore Spirit X2の音質

Soundcore Spirit X2の音質の特徴は低音にあります。

12mmのドライバを搭載していることもあり、重低音がズンズン響き渡ります

 

いちまり
いちまり
いわゆるドンシャリ系で、深く迫力ある低音を楽しみたい人に合っています。

 

音楽は2パターンのモードで再生でき、再生ボタンを1秒間長押しすることで切り替えが可能です。

音楽再生モード
  1. 通常モード
  2. 低音をさらに増幅させたいBassUpモード

 

さらに、Soundcore Spirit X2AAC、aptXに対応しており、高品質の音楽を楽しめます。

AAC・aptXとは

AACは主にiOS対応の高音質コーデック、aptXは主にAndroid対応の高音質コーデックです。
高音質な音楽を遅延の少ない状況で楽しむことができます。

Anker Soundcore Spirit X2 ランニング時のメリット

Soundcore Spirit X2を使用してランニングする際にメリットとなるのは、以下の3点です。

イヤーフックで落下しにくい構造

Soundcore Spirit X2の最大の特徴であるシリコン製のイヤーフックが、耳をしっかりホールドするので、イヤホンが落下する心配はありません。

Anker Soundcore Spirit X2を装着した様子

 

ジョグはもちろん、激しい運動が伴うインターバルトレーニング中でも、安定して耳に装着されます。

ランニング中にイヤホンが落ちるか心配という人や、そもそも落ちやすい耳の形状をしている人でも安心して使えるイヤホンです。

いちまり
いちまり
筋トレで使いたい人にもおすすめ!

IP68等級の完全防塵防水規格で雨・汗からイヤホンを保護

Soundcore Spirit X2は最高クラスの防塵防水性能があるため、雨や汗からイヤホンを守ってくれます。

IP68等級とは

粉塵の侵入が完全に防護されることと、継続的に水没しても内部に浸水しない仕様であること。
粉塵・水から保護される最高峰クラスの規格であることを意味しています。

長時間ランニングするときは、ごくまれに、にわか雨に降られることもしばしば。

突然の雨でも故障の心配がないので、安心感があります。

いちまり
いちまり
外を走るランニングにうってつけの性能!

ボタンで音楽スキップ・音量調整が簡単

イヤホンには左右それぞれに2カ所ずつボタンがあります。

Anker Soundcore Spirit X2の操作ボタンは左右2個ずつ

 

音楽再生中のボタン操作は以下のとおりです。

右ボタン上:1回押す→音量プラス

右ボタン上:1秒長押し→次の曲へ

左ボタン上:1回押す→音量マイナス

左ボタン上:1秒長押し→前の曲へ

右or左ボタン下:1回押す→再生/停止

右or左ボタン下:1秒長押し→モード切替え

操作が非常にシンプルなので、ランニング中でも簡単に操作できます。

いちまり
いちまり
操作のわずらわしさがないこともスポーツに向いているポイント!

Anker Soundcore Spirit X2 ランニング時のデメリット

Soundcore Spirit X2はスポーツに向いているイヤホンですが、唯一欠点と感じるポイントがありました。

それは、外部音取り込み機能がないということ。

ランニング中であれば、音楽を聴きながら走っていると、車の走行音など外部の音が聞き取りにくくなります。

AirPods Proなどのイヤホンであれば、外部音取り込み機能が搭載されており、音楽を聴きながらも外部の音を取り入れることができるんです。

いちまり
いちまり
これにより、事故などを未然に防げる安心感があります。

 

Soundcore Spirit X2には、この外部音取り込み機能がありません。

なので、ランニング中の外部音には、より一層注意を払う必要があります。

とはいえ、音楽の再生/停止の操作が非常に簡単なので、車通りが多いところや狭い道などでは、サッと音楽を停止して走るなど対策は可能です。

Anker Soundcore Spirit X2のペアリング方法

Soundcore Spirit X2のペアリング方法はいたって簡単。数分で完了します。

  • STEP1
    ペアリングモード
    ケースの蓋を開くと、イヤホンが自動でペアリングモードに入ります。

    いちまり
    いちまり
    右イヤホンのLED部分がピカピカ点灯するよ!
    Anker Soundcore Spirit X2のペアリングモードの様子
    イヤホンが他の機器と接続されている場合は、ペアリングモードに入りませんので、接続を解除してください。
  • STEP2
    Bluetoothの接続設定
    Bluetoothの設定画面を開きます。

     

    「Soundcore Spirit X2」の表示があるので、タップします。

    Anker Soundcore Spirit X2のBluetooth設定方法
  • STEP3
    接続完了

    「接続済み」になれば接続完了です。

    Anker Soundcore Spirit X2のBluetooth設定方法

Soundcore Spirit X2のペアリング方法は、以上です。

一度ペアリングを完了させておけば、次からはケースからイヤホンを取り出し、耳に装着するだけで自動で接続されます。

Anker Soundcore Spirit X2の評判・口コミ

Soundcore Spirit X2のユーザーからの評判・口コミを集めてみました。

概ね、装着の安定感や音質を評価する声が多かったですね。

Anker Soundcore Spirit X2レビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Spirit X2レビュー】イヤーフックで落ちにくい防塵防水対応のスポーツイヤホン」について書きました。

Soundcore Spirit X2は、完全防塵防水性能や、激しい運動でも落下しにくいイヤーフックが備わっており、まさにスポーツのために作られたイヤホンです。

外部音取り込み機能はありませんが、物理ボタンにより操作が簡単なので、状況に合わせて音楽を停止すれば対策できます。

1万円を切る値段でありながら、作りや音質がしっかりしていて、高級感もあります。

 

いちまり
いちまり
運動中のイヤホンの動きが気になる人には、かなりおすすめのワイヤレスイヤホンですよ