スマートウォッチ

【Apple Watch SE/Series 3比較レビュー】実用してわかった外観・機能の違い【評判・口コミ】

ランニング中にあると便利なのがスマートウォッチ。

距離の計測やタイムの測定だけでなく、お気に入りの曲を再生して音楽を聴きながら走ることもできます。

 

私が愛用しているスマートウォッチは、AirPodsと親和性が高いApple Watch Series 3なんですが、

先日、Apple Watch Series 5と同じシステムパッケージを採用し、パフォーマンスにも配慮されたApple Watch SEが発売されました。

税抜30,000円で入手できる手軽さを実現しつつ、Apple Watch Series 3よりも性能・機能ともに大きく上回っています。

 

いちまり
いちまり
Apple Watch SEを購入して大満足!実際に使ってわかったSeries 3との違いをまとめていきますよ!

 

ということで本記事では「【Apple Watch SE/Series 3比較レビュー】実用してわかった外観・機能の違い【評判・口コミ】」について書いていきます。

Apple Watch SEとSeries 3の違い

Apple Watch SESeries 3の違いを比較表にまとめてみました。

Apple Watch SEとSeries 3の違い
製品名Apple Watch SE
Apple Watch Series 3
モデルGPS + Cellular/
GPS
GPS
価格(税抜)34,800円/
29,800円
19,800円
ディスプレイサイズ44mm【368 x 448ピクセル】/
40mm【324 x 394ピクセル】
42mm【312 x 390ピクセル】/
38mm【272 x 340ピクセル】
耐水性能50m泳げる耐水性能
素材アルミニウム
カラーシルバー/
スペースグレイ/
ゴールド
シルバー/
スペースグレイ
チップS5 SiP(64 bit dual core)S3 SiP(dual core)
本体容量32GB8GB
常時表示××
GPS
ファミリー共有設定○(GPS + Cellularモデル)×
Siri
通信方式LTE(GPS + Cellularモデル)/
Wi-Fi/
Bluetooth 5.0
Wi-Fi/
Bluetooth 4.2
センサー等光学式心拍センサー/
加速度センサー(転倒検出対応)/
環境光センサー/
ジャイロスコープ/
常時計測の高度計/
コンパス
光学式心拍センサー/
加速度センサー/
環境光センサー/
ジャイロスコープ/
高度計

 

Apple Watch SEとSeries 3の大きな違いは、Series 3はGPS + Cellularモデルが廃盤になってしまったこと。

LTEを使用しインターネットに接続できなくなってしまったので、Series 3で通信を行うためには以下のどちらかの環境が必要になります。

  • Wi-Fiが接続できる環境であること
  • 手元にiPhoneがあること

 

iPhoneを持たずにランニングするなど、上記以外の環境でApple Watch単体で通信をしたい場合は、Series 3は選択肢から外れることになります。

 

他にもApple Watch SEとSeries 3には違いがたくさんあります。一つ一つ細かく説明していきますね。

Series 3より広い画面表示

外観も大きく違います。

Apple Watch SEが「40mm」「44mm」のディスプレイサイズから選べるのに対し、Series 3はひとまわり小さい「38mm」「42mm」からのチョイスとなります。

製品名 Apple Watch SE
Apple Watch Series 3
サイズ 40mm 44mm 38mm 42mm
寸法   40 x 34mm 44 x 38mm 38 x 33mm 42 x 36mm
解像度 324 x 394 368 x 448 272 x 340 312 x 390

 

また、Apple Watch SEはSeries 6と同様にベゼル(縁の部分)がSeries 3より狭くなっており、全体的に広く表示されるディスプレイ仕様です。

Apple Watch SEとSeries 3のディスプレイ比較

注目すべきは解像度の違い。

Apple Watch SEは40mmで324×394ピクセルに対し、Series 3はそれより大きいケース42mmを選択しても312×390ピクセルと表示領域が狭いんですよね。

つまりApple Watch SEはベゼルが狭いことによって、小さいサイズを選んでも表示領域が大きいというメリットがあります。

S5 SiP採用でSeries 3より最大2倍高速

Apple Watch SEはSeries 5でも採用されたチップ「S5 SiP」が採用されています。

このチップは、Series 3で使用されている「S3 SiP」よりも最大で2倍高速になっているといわれています。

実際にApple Watch SEの速さを体感すべく、最新バージョンのwatchOS 7に両機種を更新し、デジタルクラウンを押してみました。

 

Apple Watch SEとSeries 3の動作の違い左がApple Watch Series 3 右がApple Watch SE

 

ところがなんと、ほぼ同じくらいの速度でしたw

若干Apple Watch SEの方が早いのが体感できるくらいですね。

watchOS 7にすることで、機種に関わらず動作速度が高速化されるので、Series 3でもストレスなくサクサク使用することが可能になったんですよね。

 

しかしSeries 3のOSの更新については気になる点が…。

Appleのフォーラムに書かれたユーザー投稿などによると、Series 3にwatchOS 7をインストールすると1日に何度も再起動するようになったり、バッテリーの消耗が激しくなるといった不具合が報告されています。


Series 3は現在でもAppleからサポートされているとはいえ、2017年に発売され早くも3年が経とうとしています。

数年前の部品や機器を使用していることもあり、予想できないような症状が発生してしまっていると考えられています。

なので、これからもOSがアップデートされていくことを考えると、近年のコンポーネントを使用しているApple Watch SEを選択しておいた方が、高速かつ安定した利用ができるので無難かなという印象です。

Apple Watch SEは豊富な文字盤が使える

Apple Watchは全シリーズ共通して好みの文字盤を選択し、メインカラーなどカスタマイズすることが可能です。

Apple Watch SEの文字盤カリフォルニア

 

いちまり
いちまり
自分好みの文字盤を作ることができるのも、Apple Watchの楽しみの一つなんだよね。

 

ところが、Series 3はディスプレイの表示幅が狭いことにより、Apple Watch SEよりも使える文字盤がかなり少ないんですよ。

 

いちまり
いちまり
しかも、おしゃれな文字盤ほど使えないという悲しみ…。

 

例えばわたしがApple Watch SEでよく設定する以下3つの文字盤。

その全てがSeries 3では使えません。

カリフォルニア
クロノグラフプロ
インフォグラフ

 

いちまり
いちまり
どれもおしゃれですよね。特にカリフォルニアのシンプルで洗練されたデザインがお気に入り!
よめ
よめ
Series 3では、これらが使えないなんて…。ちょっと残念ね。

 

Series 3で使える文字盤はシンプルなデザインに限られるので、Apple Watchの顔とも言える文字盤のおしゃれを楽しみたい人は、Apple Watch SEの方がおすすめです。

電子コンパスを搭載

Apple Watch SEではSeries 5以降の機種と同様に電子コンパスが内蔵されています。

一口にコンパスと言っても、東西南北の方向を示すだけではなく、緯度、経度、傾斜、高度を確認することが可能です。

Apple Watch SEのコンパス一部、緯度・経度にモザイク処理しています。

 

いちまり
いちまり
登山などで自分の位置を調べたい時に便利!

 

また、この電子コンパスの内蔵により、Apple Watch SEではマップ上で自分が向いている方向が表示されるようになっています。

スマホでは当たり前の機能でしたが、Apple WatchではSeries 5から搭載された機能です。

なので、Series 3ではマップをみても自分がどっちの方向を向いているのかわかりません。

Apple Watch SEとSeries 3のマップ表示

 

いちまり
いちまり
地味だけど、街中でのショッピングやランニングの最中に道に迷った時に重宝する機能です!

より安定したBluetooth接続

Apple Watchで音楽を聴きたい時は、Bluetoothによりワイヤレスイヤホンやスピーカーに接続する必要があります。

このBluetoothのバージョンがApple Watch SEでは最新のバージョンとなりました。

製品名 Apple Watch SE
Apple Watch Series 3
通信方式 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2

 

Bluetooth 5.0は4.2よりも、通信範囲と転送速度が大幅に改良されています。

 

いちまり
いちまり
通信速度は約4倍、転送速度は約2倍に!

 

Bluetooth 4は屋外で半径50メートル、屋内で半径10メートルの範囲で通信可能で、あまり便利とは言えませんでした。対するBluetooth 5は、屋外で半径200メートル、屋内で半径40メートルの範囲で十分通信できます。

引用:Bluetooth 5.0の通信範囲/SeleQt

 

Apple Watch SEの方が安定して他のデバイスと接続できるようになり、使いやすさがアップしました。

どちらも常時表示Retinaディスプレイではない

Series 3のディスプレイは常時表示に対応していません。

ではApple Watch SEはどうかというと…残念ながらこちらも非対応となりました。

Apple Watch SEは常時表示Retinaディスプレイ非対応

Apple Watch SEに常時表示機能があれば完璧だったんですが…。

常時表示ができるSeries 5以上のApple Watchと差別化を図ったということでしょう。

 

いちまり
いちまり
SEは廉価版なので致し方ないところですね。

 

とはいえ、常時表示は「あればいいな…」という程度の機能で、なくてもそこまで不便ではありません。

腕の角度を変えるだけで、サッとディスプレイ表示させることが可能です。

Apple Watch SEはサッとディスプレイが表示される

 

大きく利便性を損なうほどではないので、どうしても常時表示させたい人以外は、Apple Watch SE、Series 3どちらでも問題ないと思いますよ。

Apple Watch SEとSeries 3のどちらがおすすめ?評判・口コミ

Apple Watch SESeries 3のどちらを購入しようか迷ってる人に、参考になりそうな評判・口コミをTwitterから拾ってみました。

概ね、Series 3よりもSEの購入を検討している人の方が多かったです。

一部、最低限の機能と安さを求めてSeries 3を購入する人もいましたが、ディスプレイサイズや文字盤の豊富さを考慮すると、Apple Watch SEがおすすめですね。

Apple Watch SEとSeries 3比較レビューまとめ

本記事では「【Apple Watch SE/Series 3比較レビュー】実用してわかった外観・機能の違い【評判・口コミ】」について書きました。

Apple Watch SEとSeries 3の違いは以下のとおりです。

SEとSeries 3の違い
  • SEはSeries 3よりサイズが大きい
  • SEはSeries 3よりよりベゼル(幅)が狭いので広く表示される
  • SEはSeries 3より高速かつ大容量
  • SEはSeries 3より文字盤が豊富
  • SEはSeries 3より安定したBluetooth接続
  • SEはゴールドカラーを選択可能
  • SEはGPS + Cellularモデルがある
  • SEはSeries 3より電子コンパスなど機能が多い

書き出してみると、どちらも安く購入できる機種であるとはいえ、性能・機能に多くの違いがあることがわかります。

価格差は約1万円。

1万円で上記の項目が改善されると考えると、Apple Watch SEの方がおすすめできる機種です。

 

いちまり
いちまり
実際にApple Watch SEとSeries 3の両機種を持っていますが、Apple Watch SEを買って大満足です!

Apple Watch選びの一助となれば幸いです。