イヤホン・ヘッドホン

【BEATS FLEXレビュー】Apple製品と相性抜群!5,000円台で買えるワイヤレスイヤホン

Apple製品が大好きないちまりです。

iPhoneに一番合うワイヤレスイヤホンは、やはりAirPods Pro。

同じApple製品であるため親和性が高いことは言うまでもありませんが、税込で30,000円台と気軽に買える代物ではありません。

 

「AirPods Proが欲しいけど、高いから購入に踏み切れないんだよな…。」

そんなあなたのためにおすすめしたいのが、AirPods同様、iPhoneと親和性が高い「BEATS FLEX」です。

BeatsはAppleの子会社。Appleの傘下に入ってからは、共同開発によりApple製品と親和性の高いヘッドホンやワイヤレスイヤホンを次々と生み出しています。

なかでもBEATS FLEXはApple W1チップが組み込まれており、Apple製品と簡単に接続ができます。音質も文句ありません。

加えて、値段が5,000円台とコスパの優秀なワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

 

というわけで本記事では「【BEATS FLEXレビュー】Apple製品と相性抜群!5,000円台で買えるワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

BEATS FLEXの概要と付属品

BEATS FLEXはスマホサイズほどの非常にコンパクトな箱に梱包されて配送されてきました。

BEATS FLEXの箱は小さくコンパクト

 

開封すると中から、ネックバンド式のワイヤレスイヤホン「BEATS FLEX」がお目見え。

プラスチック素材で高級感はありませんが、5,000円少々の値段を考えれば妥当といったところでしょう。

BEATS FLEX スペースグレイの外観

 

インイヤー型のイヤホンで、自分に合ったイヤーチップを4種の中から選ぶことができます。

BEATS FLEXのイヤーチップは4種類

 

イヤホンのデザインはシンプル。イヤホンに印字された「b」のロゴがある程度で全体的にスッキリしています。

BEATS FLEXのイヤホン外観

 

ネックバンドの左コントローラー部分の表面には「beats」の文字が印字され、裏面には左(Left)を表す「L」の文字と、ボタンがひとつ配置されています。

BEATS FLEXの左コントローラーモジュール
BEATS FLEXの左コントローラーモジュール裏面

サイドには充電用のUSB-Cポートと音量調整ボタンが配置されています。10分の充電で最大1.5時間の音楽再生が可能です。

いちまり
いちまり
急速充電に対応し、他のデバイスとも共有して利用できるUSB-Cを採用しているのは嬉しいですね!
BEATS FLEXはUSB-Cによる充電対応
付属の充電ケーブルはUSB-C to USB-Cケーブルなので、USB-Cに対応した充電器が必要です。BEATS FLEXに充電器は同封されていないので、ご注意ください。

 

もう一方の右コントローラー部分の表面に印字はありませんが、裏面には右(Right)を表す「R」の文字が。

サイドには電源ボタンのみが配置されています。

BEATS FLEXの右コントローラーモジュール
BEATS FLEXの右コントローラーモジュール裏面

上記のとおり、コントローラー部分にLRの印字はあるのですが、パッと見て、どっちがどっちかわかりにくいのが、ちょっと微妙なところですね。

 

ネックバンドは柔軟性に優れており、グニャグニャ曲がります。装着していても不快感はありません。

いちまり
いちまり
ワイヤレスとはいえ、首掛け式なので落として失くすこともないですよ!

 

コードはフラットな形状。平べったいパスタのようです。

BEATS FLEXのケーブルはフラットな形状

 

イヤーパッドはマグネット式で、胸元でカチッとくっつきます。この状態の時は、音楽も自動で停止します。

 

インナーイヤー型のイヤホンなので耳が疲れてくることもありますが、そんな時はパッと外せますし、マグネットにより固定されブラブラしないので便利です。

 

操作方法は、以下のとおりです。

ボタン操作一覧
  • 左側コントローラー中央ボタン1回押す:曲再生 / 停止 / 受話 / 終話
  • 左側コントローラー中央ボタン2回押す:曲送り
  • 左側コントローラー中央ボタン3回押す:曲戻し
  • 左側コントローラー中央ボタン長押し:Siri起動
  • 音量調整ボタン:音量上げ下げ

 

本体の重さは19gとかなり軽いです。

BEATS FLEXは19g
よめ
よめ
首にかけても重さを感じず、存在すら忘れてしまうほどです!

 

カラーは「ブラック」「ユズイエロー」「フレイムブルー」「スモークグレイ」の4色展開。

個性的なラインナップで、ライトトーンの色も用意されています。

付属品はBEATS FLEX本体、USB-C to USB-Cの充電ケーブル、説明書、イヤーチップ、ステッカーとなっています。

BEATS FLEXの梱包品

なお、梱包のケースは紙主体のかなりチープなものとなっています。

ケースなどの経費を削減したことにより、イヤホン本体の品質を落とさず安価な販売を実現したようです。

いちまり
いちまり
企業努力が伺えます!

BEATS FLEXのレビュー

では、BEATS FLEXを実際に使ってみた感想・レビューを書いていきますね。

エントリーモデルであることを考えれば十分な音質

以下の楽曲をAirPods Proと聴き比べてみました。

  • MISIA「Everything」(バラード)
  • YOASOBI「夜に駆ける」(ポップス)
  • ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」(ロック)
BEATS FLEXの感想まとめ
  • 全体的によくまとめって聴こえる
  • ボーカルの音が聴き取りやすい
  • 中高音域が強め
  • 音の輪郭がぼやっとしている

 

バラードもポップスもロックも、音が全体的によくまとまって聴こえました

特に中高音域がよく耳に届き、ボーカルの音もクリアに聴こえます。

 

反面、ドンシャリだったり、バキっと音にメリハリがあったりといった特徴がないので、少しもの寂しくも感じますね。

加えて、AirPods Proのように音の解像度が高いわけではないので、音にシャープさが無く、ちょっとぼんやりしている印象を受けました。

 

とはいえ、5,000円程のエントリーモデルとしては十分な音質。AirPods Proとも大きな差は感じません。

特に、ランニングしながらとか「○○しながら音楽を楽しみたい」という場合にはストレスなく音を楽しめるはずですよ。

Apple製品と相性が良い

Appleの傘下であるBeatsが開発しているだけあって、Apple製品との接続に優れています。

封を開けて電源を入れ、iPhoneに近づけるだけで接続設定の画面が一発で開きます。

BEATS FLEXはM1チップ搭載によりApple製品と接続が簡単
いちまり
いちまり
「接続」を押すだけで設定完了なので、とても便利!

 

また、AACというiOS対応の高音質コーデックに対応しているため、音質の良い音楽を遅延の少ない状況で楽しむことができますよ。

最大12時間の十分なバッテリー性能

イヤホン本体は、満充電の状態で最大12時間の連続使用が可能です。

連続再生時間については、前身のBEATS Xが最大8時間、AirPods Proが最大4.5時間であることを考えると、かなり性能が良いことが伺えます。

 

ランニング中など、すぐに充電できない状況でも12時間連続使用できればバッテリー切れに悩むことはありません。

放電もそれほどないので、バッテリー持ちには満足しています。

防水性能が不明。水際での使用は危険

BEATS FLEXは、公式サイトを見渡しても防水性能に関する記載がありません。

説明書にも記載がなく、どの程度の防水性能があるのかわからないんですよね…。

 

最近のワイヤレスイヤホンは、必ずと言っていいほど何かしらの防水性能が備わっているので、その点は非常に残念です。

とはいえ、ランニングで複数回使用していますが、多少の汗なら今のところ問題なし。

ただし、雨天候の場合はちょっと使用する気が引けてしまいますね。

BEATS FLEXの評判・口コミ

BEATS FLEXの評判・口コミをSNSから入手しましたので紹介します。

「バッテリー持ちが良い」「値段のわりに音が良い」など高評価が多かったです。

BEATS FLEXレビューまとめ

本記事では「【BEATS FLEXレビュー】Apple製品と相性抜群!5,000円台で買えるワイヤレスイヤホン」について書きました。

BEATS FLEXはApple製品とシームレスな接続ができるワイヤレスイヤホンです。

エントリーモデルながら、音質もグッド。AirPods Proの音質には敵わないものの、5,000円台という安価な値段を考えれば十分です。

 

バッテリー持ちも最大12時間と前身のBEATS Xと比較すると1.5倍も改善され、利便性がアップしました。

「AirPods Proが欲しいけど高くて買えない…」という人は、BEATS FLEXを使用することをおすすめしますよ。