IT技術者

エンジニア希望の就活生が知っておくべきSIerとWeb系の違い5選

こんにちは、いちまりです。

IT業界でソフトウェア開発をしたい。
プログラミングスキルを身に付けてITエンジニアとして頑張りたい。

このように、ITエンジニアになりたいという希望を持って就職活動をしている就活生も多いのではないでしょうか。

とは言え、一口にITエンジニアと言っても、就職する企業によって働き方がガラリと変わります

ソフトウェア開発を行っているIT企業は、大きく以下の2種類に大別できることをご存知でしょうか?

IT企業(ソフトウェア開発)の分類

  1. SIerエスアイアー
  2. Web系

SIerとは、ユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務をすべて請け負う企業のこと。SIerには発注元が存在します。

一方でWeb系とは、インターネットを活用して、ユーザー層の拡大を前提としたWebサービスを提供する企業のこと。Webサービスは自社のものであり、発注元は存在しません。

この2種類の特徴やメリット・デメリットを把握していないと、就職してから後悔することになりかねません。

「プログラミングをしたいのに、Excelで設計書ばかり作成している」
「古いプログラミング言語ばかり使っていて、スキルアップができない」
「IT業界は自由に働けるイメージだったのに、客先に常駐ばかりで肩身が狭い」 

エンジニアとして夢と希望をもってIT企業に就職したのに、上記のような不満を抱えている新卒社員はたくさんいます

こんな不満を持っているは、就活の時にSIerとWeb系の特徴をしっかり把握していなかったからです。

いちまり
いちまり
自分に合っている会社を選ぶためにも、SIerとWeb系の違いをしっかり把握しておきましょう。

エンジニア希望の就活生が知っておくべきSIerとWeb系の違い5選

SIerとWeb系は、そうですね…例えるなら幼稚園教諭と保育士くらいの違い、といったところでしょうか。

どちらも子供の教育など共通している部分もたくさんありますが、そもそもの目的や文化など違うところも様々。

SIerとWeb系もユーザーにソフトウェアを通してサービスを提供するという部分では共通していますが、文化、利益構造、開発手法など、違うところは多々あります

SIer
  • ウォーターフォール型の開発手法
  • レガシーなスキルで開発
  • 社会インフラ等大規模システム開発の可能性あり
  • 受託開発で安定
  • スーツで客先常駐あり
Web系
  • 非ウォーターフォール型の開発手法
  • モダンなスキルで開発
  • 小・中規模の自社Webサービス開発
  • ベンダー企業で不安定
  • 私服で自社勤務

【SIerとWeb系の違いその1】開発手法(仕事の進め方)

SIerとWeb系は、ソフトウェアの開発手法が異なります。

ソフトウェアの開発手法

  • SIer:「ウォーターフォール型」
  • Web系:「非ウォーターフォール型」

ウォーターフォール型」は、滝が流れ落ちるように、上流から下流に順番に仕事を進めていく手法です。一方、Web系はそれとは非なる開発手法。「非ウォーターフォール型」と言われています。

SIer:ウォーターフォール型開発の特徴

ウォーターフォール型は、大まかに以下の5つの工程に分けられ、要件定義からテストまで順番に仕事を進めていきます

  1. 要件定義
  2. 基本設計
  3. 詳細設計
  4. プログラミング
  5. テスト

要件定義からシステムのリリースまでは、基本的には手戻りなしの一発勝負。

(まあ、実態は、手戻りが多々発生しているのですが…。)

要件定義や基本設計・詳細設計では以下のことを行います。

要件定義は、ユーザーの要望を確認して実装すべき機能を整理すること。ユーザーと実際に話をしてまとめていきます。

基本設計は、要件定義で決まったことについて、どのようにシステムを作るか考える工程詳細設計は基本設計を見ながら、よりプログラミングを作りやすいようにまとめていきます。

なお、要件定義や設計は、滝(ウォーターフォール)の上流に見立てて、上流工程、プログラミングやテストは滝の下流に見立てて、下流工程と呼ばれているんですよ。

上流工程では、プログラミングは一切行いません。使うソフトもExcelやWordなどのオフィスソフトがほとんどです。

実際にガリガリプログラムを書き始めるのは設計の後から。

また、SIerでは要件定義や設計などの上流工程の経験がなければ、なかなかキャリアアップできません

下流工程は、経験の浅い社員や下請け企業が担当することが多いのです。

SIerでは、要件定義や設計の上流工程が重要視される傾向にあります。

このため、「プログラミングスキルを身に付けてバリバリ技術職として活躍したい!」と言う人にとっては、希望とのギャップを感じることになってしまうのです。

ただし、「プログラミングはほどほどにして、ユーザーと直接話をして業務改善の手助けをしたい!」という場合はSIerが合っているかもしれません。

  • SIerの開発手法は、ウォーターフォール型
  • 上流工程はプログラミングをしない
  • キャリアアップするには上流工程の経験がないと難しい
  • 下流工程は経験の浅い新人や、下請け企業が担当する

Web系:「非ウォーターフォール型」開発の特徴


参照:ALLSPICE

Web系は「非ウォーターフォール型」のシステム開発手法です。

Web系は以下の工程を短期間に繰り返し行い、Webサービスの質を上げていきます。

  1. 計画
  2. 設計
  3. プログラミング
  4. テスト

Web系は自社のWebサービスを開発しているため、そもそも発注元がいません。そのため、要件を聞く必要がないので、SIerのような要件定義はありません

代わりに、どんなサービスが対象とするユーザー層に受け入れられるのか仮説(計画)を立てます。

そして、まずは早急に動くものを作成してみて、ユーザーの反応フィードバックからサービスの改善を図っていきます。

Web系では、開発にスピードが求められるので、設計もそこそこに、ガシガシとプログラミングを行います

「プログラミングスキルを磨いて技術を勉強し続けたい!」という方には、マッチする仕事のやり方です。

開発自体も少人数で行うので、SIerのように分業制ではありません。

なので、広くプログラミングの知識が求められますし、Web系の場合は設計に時間をかけないので、相対的にプログラミングの期間が長いのも特徴ですよ。

  • Web系の開発手法は、非ウォーターフォール型
  • 社員にはプログラミングのスキルが求められる
  • プログラミングスキルでキャリアアップできる

【SIerとWeb系の違いその2】プログラミングスキル(モダンorレガシー)

SIerとWeb系では、扱うプログラミング言語が違います

SIerはどちらかと言うとレガシー言語を扱わざるを得ません。

レガシー言語とは、現在では主流ではないプログラミング言語のこと。
イメージで言うと昭和時代、平成初期みたいな感じですかね。

レガシー言語を使う理由は以下のとおりです。

SIerは、仕様書通りにシステムを開発することが求められるので、ノウハウが蓄積されたレガシー言語からモダンな言語に変更するメリットがないから
”モダン”とは、近代的・現代的と言う意味。
レガシーと対比する言葉として使われます。モダンな言語とは、現在主流となりつつあるプログラミング言語のことです。性能アップ、効率化が図れます。

SIerは、モダンな技術を使って効率化を追い求めるよりも、安定を取るのが特徴です。

また、大手メーカー企業のSIerだと、会社の文化が確立されており、変化を嫌うという特徴もあります。

一方で、Web系は開発にスピードを求められるので新しい技術(モダンな技術)をどんどん取り入れます

モダンな技術を取り入れることで、効率良く、性能が良いサービスを作り上げるのが目的です。

また、優秀なエンジニアほどモダンな技術を追い求める傾向にあるので、「我々の会社はスキルアップできる」ということをPRしているのも、Web系がモダンな言語を扱う理由の一つです。

  • SIer:レガシーなプログラミング技術を扱う
  • Web系:モダンなプログラミング技術を扱う

【SIerとWeb系の違いその3】社会を支える大規模システム開発はSIerの強み

SIerが大企業の子会社である場合は、親会社のシステムを開発することがメインになります。

この場合、社会インフラを支える大規模なシステム開発に関われる可能性があります。

例えば、電気、交通、鉄道関係などですね。

場合によっては開発規模が数千億円、メンバーも1,000人以上で対応する現場もあるんですよ。

これはSIerでしか体験できない貴重な経験です。

「大規模なシステムの開発現場を見ていたい」
「縁の下の力持ちとなって、日本をシステムで支えたい」

という場合はSIerが就職の選択肢に入ってくるでしょう。

一方で、Web系は例外もありますが、SIerに比べると開発規模は小さ目です。

メインは自社のWebサービス開発であり、依頼があってシステムを開発するわけではないので、赤字を嫌ってあまりコストを先行投資できないという特徴があるからです。

ただし、開発したシステムがヒットした場合は、別ですよ。大規模な開発現場も体験できる可能性があります。

  • SIer:社会インフラを支えるような大規模システムに関われる可能性あり
  • Web系:開発規模は、小・中規模

【SIerとWeb系の違いその4】企業の安定性

SIerのシステム開発には、発注者がいます。なので、よっぽど下手なシステムを納品しない限り、利益は保証されます。

さらにSIerには、メーカー系、ユーザー系と呼ばれる、大企業の系列会社が存在します。

メーカー系:コンピューターのハードを作っている企業の系列会社。
(例)NEC、富士通、日立の子会社

ユーザー系:銀行、保険、商社、電力、鉄道などの大企業の情報システム部門が独立した系列会社。
(例)三菱東京UFJ、日本生命、三井物産、東京電力、JRの子会社

親会社がしっかりしているので、給料が高く安定しています。福利厚生も良いですね。

一方で、Web系は自社のWebサービス開発がメインとなるため、発注者がいません

このため、サービスがヒットしなければ赤字になってしまいます。

また、Web系はインターネットの普及とともに増えてきた企業であるため、歴史が浅く、ベンチャー企業が多いです。

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術をもとにして、新しいサービスやビジネスを展開する企業。規模としては、小規模から中規模であることがほとんど。

将来的には大きく化ける可能性があっても、現段階では財政的に厳しく、投資機関から援助を受けていることが多い。

引用:ボクシルマガジン

この点では、Web系はSIerより安定していないと言えるでしょう。

ただし、SIerでも下請けの中小企業は要注意。

SIerは、下請けを前提とした多重請負構造たじゅううけおいこうぞう であると言われています。

発注元から一番近い元請け企業が最も利益を受けることになりますが、下請けになればなるほど薄利になる特徴があります。


参照:ITmedia

なので、下請けが多い中小SIerは、経営が安定していない企業も多いです。

  • SIer:メーカー系・ユーザー系は安定している。ただし、下請けの中小企業は安定していない場合もある
  • Web系:サービスがヒットしなければ赤字。ベンチャー企業が多く、SIerより安定しているとは言い難い。

【SIerとWeb系の違いその5】働き方の自由度

IT業界と言えば、カジュアルな服装でカフェで仕事しているような、自由に仕事をしている印象がありませんか?

そのイメージは半分正解で、半分誤りです。

SIerとWeb系の働き方は、以下のとおり異なります。

SIer:発注元の文化に合わせてスーツ勤務が基本。効率的にユーザーと打ち合わせするため、客先常駐する場合もある。

Web系:発注元がいないため自由な服装。茶髪もあり。自社サービスの開発なので、自社勤務が基本。

SIerは堅苦しいイメージで、Web系は自由なスタイルで仕事をしています。

冒頭のカジュアルな服装でカフェで仕事しているのは、Web系と思って差し支えないでしょう。

私はSIerでの勤務経験がありますが、例に漏れずスーツ勤務でした。原則、茶髪、髭は禁止ですね。客先常駐も経験しましたが、かなり肩身が狭かったです。

一方で、Web系は、技術力の高いエンジニアを求めていて、他社との優秀なエンジニアの取り合いが激しいため、希望に応じて自由なスタイルで仕事ができる場合が多いです。

カジュアルな服装で働けるのは、優秀なエンジニアへのPRでもあるのです。

Web系は今後、エンジニア不足を解消するため、コアタイム制リモートワークで自宅勤務できるようになる制度を積極的に導入していくと考えられます。

エンジニア希望の就活生が知っておくべきSIerとWeb系の違い5選

SIerとWeb系の違い5選

  • 開発手法(仕事の進め方)
  • プログラミングスキル(モダンorレガシー)
  • 社会を支える大規模システム開発経験はSIerの強み
  • 企業の安定性
  • 働き方の自由度

ITエンジニアを目指す就活生に知っておいてほしい、SIerとWeb系の違いをまとめてみました。

一口にIT企業といっても、SIerとWeb系によって、働き方も文化も全く異なるのです。

「プログラミングスキルを磨きたいのに、SIerに就職したらスケジュール管理や設計しかしない」

「顧客の業務を改善したいのに、Web系に就職したらプログラミングばかりで最新のスキルについていけない」

このように入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、SIerとWeb系の特徴をしっかり把握して、就職活動をしてくださいね。