Kindle

Kindle PaperwhiteとFire 7どちらが本を読みやすい?9項目を徹底比較!

この記事のまとめ

電子書籍を読めるKindleとFireタブレット。どちらがおすすめか気になる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、両機種を保有している著者が9つの項目を徹底比較することで、KindleとFireタブレットのどちらがおすすめか結論付けました。

電子書籍リーダー選びの参考にご覧ください。

Kindle Paperwhiteヘビーユーザーのいちまりです。

電子書籍リーダーといえば「Kindle」が有名です。

他にも電子書籍を読む方法としては、スマホなどの端末でKindleアプリを使用する方法がありますが、

最近では、その中でもAmazonが販売するタブレット端末「Fire」による読書も捨てがたいと感じています。

 

なぜなら、Kindleではできないカラーでの読書ができるため雑誌や漫画の読書に優れており、加えて6,000円以内で買えるほどコスパがいいからです。

とはいえ、本物の紙のような読み心地で、目の疲れに配慮されたKindle端末はやはり秀逸しゅういつ

 

いちまり
いちまり
Kindle端末には、Fireにはないメリットが数多くあるんだ。
逆に、FireにあってKindle端末にはないメリットもあるよ!
よめ
よめ
Kindle端末とFireタブレット。どんな違いがあって、どちらが読書に優れているのか気になるわね。

 

そんなわけで本記事では「Kindle PaperwhiteとFire 7どちらが本を読みやすい?9項目を徹底比較!」について書いていきます。

Kindle PaperwhiteとFire 7を徹底比較

両手で持つKindle PaperwhiteとFire7

Kindle端末の中でもコスパがよく人気が高い「Kindle Paperwhite」ととほぼ同一サイズのタブレットである「Fire 7」を9つの視点から比較していきますね。

先に比較結果から見てみ見てみる※本記事の比較結果表にジャンプします。

1.外観と重さを比較

Kindle PaperwhiteとFire 7の外観仕様は以下のとおりです。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
本体サイズ 167 mm x 116 mm x 8.18 mm 192mm x 115mm x 9.6mm
ディスプレイサイズ 6インチ 7インチ
重さ 182g
286g

 

並べてみるとご覧のとおりのサイズ感。左がKindle Paperwhite、右がFire 7です。

Kindle PaperwhiteとFire7の外観比較

横幅こそほぼ同じですが、Fire 7の方が縦に長く仕上がっています。

 

若干ですが、厚さもKindle PaperwhiteよりFire 7の方が上回っています。

Kindle PaperwhiteとFire7の厚さ比較

 

Fire 7はKindle Paperwhiteよりも約100gほど重く、比べてみるとずっしり腕に重みがのしかかります。

両手で持つKindle PaperwhiteとFire7

 

Kindle Paperwhiteは長時間手に持ちながら本を読んでも大きな負担にはなりませんが、一方でFire 7は、Kindle Paperwhiteより縦長の形状である分、少々重さを感じます。

 

単純に手に持って読書するなら、Kindle Paperwhiteの方が小型で軽いので、使いやすいです。

とはいえ、Fire 7はAmazon純正カバーがスタンド機能も搭載しているので、重くて本が読みにくい場合には、自立させることで重さによる負担を減らすことができます。

2.本の読みやさすさを比較

次に本の読みやすさを比較してみます。

「小説・ビジネス書」「漫画」「雑誌」の3種で比較してみました。

なお、解像度はKindle Paperwhiteの方が高いのですが、肉眼で見ると大きな差は感じません。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
カラー表示 ×
解像度 300ppi 171ppi

 

小説・ビジネス書

活字はKindle Paperwhiteの方が明らかに読みやすいです。

Kindle PaperwhiteとFire7の活字表示比較

Kindle Paperwhiteはディスプレイ上に文字が電子的に表示されているのに、紙の本を読んでいるかのような錯覚を覚えます。

ディスプレイの光の反射も抑えられており、心地よい読み心地です。

Kindle Paperwhiteで読むビジネス書
Kindle Paperwhiteで表示したビジネス書

 

一方でFire 7の読み心地は、スマホやiPadなどのタブレットを使っているのと同じ感覚なので、Kindle Paperwhiteのような心地良さはありません。

ディスプレイに光が反射してしまうのも気になります。

Fire 7で読むビジネス書
Fire 7で表示したビジネス書

漫画

漫画はFire 7の方が読みやすいです。

Kindle PaperwhiteとFire7の漫画表示比較

Fire 7の方がカラー表示か可能である分、白黒であっても濃淡がはっきりしています。

 

それに、表紙や挿絵はカラーなので、Fire 7の方がキャラクターデザインの細かな表現や迫力が伝わってきて良いですね。

Kindle PaperwhiteとFire7のカラー表示比較

雑誌

雑誌は圧倒的にFire 7の方が読みやすいです。

Kindle PaperwhiteとFire7の雑誌表紙比較

基本的に雑誌はカラーであることが多いので、電子書籍で雑誌を読みたいならFireがおすすめです。

Kindle PaperwhiteとFire7の雑誌記事表示比較

 

それに、雑誌は文字が小さいので、拡大表示して文章を確認する機会が多くなりますが、Kindle Paperwhiteは拡大表示する際、遅延が発生するのでストレスが溜まります。

Kindle Paperwhiteは拡大表示で遅延が発生する

Fire 7はスマホなどと同じように、2本の指でつまむように感覚を狭くしたり、広げたりするピンチイン・アウトで拡大縮小が可能。

遅延がほぼ発生しないので、動作もサクサクです。

3.値段を比較

値段はFire 7の方が圧倒的に安価となっています。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
値段(税込) 13,980円 5,980円

 

Fire 7はKindleに加え、様々なアプリを使用できるにも関わらず、1万円でもお釣りがくるほど、コスパがかなり良いタブレットです。

 

いちまり
いちまり
過去のAmazonタイムセール時などでは、3,980円まで値段が下がったことも!

 

性能や使用感にとらわれず、とにかくコスパ重視で安い電子書籍リーダーを買いたいというなら、Fire 7一択の選択肢になるでしょう。

4.目への負担を比較

Fire 7よりもKindle Paperwhiteの方が目の疲れに配慮された端末です。

Kindle Paperwhiteは読書のために作られた端末で、直接目に光を当てないフロントライト方式を採用しており、ディスプレイの表面が照らされて間接的に光が目に入るように仕上がっています。

このため、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい構造になっているんです。

 

いちまり
いちまり
紙の本を読んでいると勘違いするような使用感で、寝る前の読書でも目に疲れがたまりにくいよ!

 

一方で、Fireタブレットはスマホと同様に、目の疲れや体内リズムに影響を与えるといわれているブルーライトが発生します。

Fireには、「Blue Shade」というブルーライトをブロックする機能が備わっており、ONにすることでブルーライトを軽減することも可能ですが、

ディスプレイ全体がかなり赤色っぽく加工され読みにくいので、読みやすさはKindle Paperwhiteの方が勝ります。

Fire 7 Blue Shade「ON」の表示状態
Fire 7のBlue Shade表示は読みにくい

どうしてもFire 7でブルーライトをカットしつつ使用したいなら、高い透過性のまま50%以上のブルーライトをカットできるガラスフィルムがあるので、使用してみることおすすめします。

5.データ容量を比較

Kindle Paperwhiteは、データ容量が8GBのタイプと32GBのタイプの2種があります。

 

一方でFireタブレットは、16GBのタイプと32GBのタイプの2種がありますが、別途micro SDカードを挿入することで、データ領域をさらに拡張できるというメリットがあります。

よめ
よめ
Fire7は読書以外のアプリも使えるから、その分データ容量が大きいのね。
仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
データ容量
(使用可能領域)
8GB or 32GB 16GB or 32GB
(9.4GB/23.6GB)
拡張 × 512GBのmicro SDカード対応

 

とはいえ、Kindle Paperwhiteの最低サイズのデータ容量である8GB版であっても、漫画130冊、数千冊と十分な量の書籍をダウンロード可能です。

なので小説やビジネス書を中心読むならKindle Paperwhite 8GB版でも十分なデータサイズであるといえますが、

一方で、漫画を中心に読みたいなら、Kindle Paperwhite 32GB版か、データ容量を拡張できるFireタブレットの方がおすすめです。

6.データ通信機能を比較

Kindle Paperwhiteには無料で4Gを使える機種が存在します。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
Wi-Fi接続
(802.11b、802.11g、802.11n
)

(802.11a、802.11b、802.11g、802.11n)
無料4G ×

 

4GならWi-Fiがない室内や外出先でも、場所を選ばず本をダウンロードできます。

 

あらかじめWi-Fi通信できる場所で本をダウンロードするなら4Gは不要ですが、旅行中などでは割と便利です。

 

いちまり
いちまり
しかも、無料で永久に4Gを使えるのがすごい!

 

無料4Gを使いたいなら、Kindle Paperwhite一択になるでしょう。

Wi-Fi+無料4G版は値段が22,980円と若干高値になるのでご注意ください。

7.防水性能を比較

Kindle PaperwhiteにはIPX8等級という最高峰の防水性能が備わっていますが、残念ながらFireタブレットは防水性能を備えていません。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
防水性能
IPX8等級
×
IPX8等級とは
深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がない防水性能です。

Kindle Paperwhiteは特にケースに入れなくても、そのままお風呂に持っていって読書を楽しめます。

実際に端末に水をかける実験をしましたが、操作性に影響はありませんでした。

お風呂で読むKindle Paperwhite

 

いちまり
いちまり
Kindle Paperwhiteの読書が快適すぎて、ついつい長風呂しちゃいますw

 

一方でFireタブレットは防水性能がないので、風呂場に持ち込むことはできません。

風呂場に持ち込むなら、別途防水ケースが必要になるのでご注意ください。

8.バッテリー性能を比較

Kindle Paperwhite1回の充電で数週間利用できる桁外れのバッテリー性能を有しています。

仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
バッテリー持ち 明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可 最大7時間

 

一方で、Fire 7は一回の充電で最大7時間使用できるバッテリー性能です。

スマホと同じように充電をこまめに行う必要はありますが、どちらも読書には十分なバッテリー性能といえます。

しかしながら、旅行中などではKindle Paperwhiteのバッテリー持ちは魅力的に感じます。

9.読み上げ機能で比較

Kindleアプリには読み上げ機能が存在します。

つまり、Fire 7なら本の内容を読み上げることが可能です。

よめ
よめ
何か作業をしている時など、耳で本の内容を聴くことができるのは便利ね!
仕様 Kindle Paperwhite Fire 7
読み上げ機能 Voice Viewにより可能
※ただし、英語のみ
日本語可能

 

Kindle Paperwhiteにも読み上げ機能があるにはありますが、端末の言語設定を英語に設定しなければなりません。

読み上げも英語限定になるので、使用できる場面は多くありません。

Kindle PaperwhiteとFire 7はどちらがおすすめ?

ここまで、8つの項目からKindle PaperwhiteとFire 7を比較してきました。

その結果、以下のような比較結果となりました。

比較結果
比較内容 Kindle Paperwhite Fire7
大きさ・重さによる使いやすさ 勝ち 負け
小説・ビジネス書の読みやすさ 勝ち 負け
漫画の読みやすさ 負け 勝ち
雑誌の読みやすさ 負け 勝ち
コスパの良さ 負け 勝ち
目への負担 勝ち 負け
データ容量 負け 勝ち
通信性能 勝ち 負け
防水性能 勝ち 負け
バッテリー性能 勝ち 負け
読み上げ機能 負け 勝ち
結果 6勝5敗 5勝6敗

 

いちまり
いちまり
忖度なしで、接戦でした…!

 

そして、各端末には以下の特徴があることがわかりました。

Kindle Paperwhite
  • 小さくて軽い
  • 小説やビジネス書(非カラー)の読書に特化
  • 目の疲れに配慮されている
  • 無料4Gが使える
  • 抜群の防水性能とバッテリー性能
Fire 7
  • 漫画や雑誌などカラーの読書に最適
  • コスパ最高。セール時なら5,000円以内
  • データ容量が大きい
  • 読み上げ機能が使える
  • 読書以外のアプリが使える

 

いちまり
いちまり
これらの特徴から、Kindle PaperwhiteとFire 7がおすすめの人は、ずばり以下のとおりと考えます!

Kindle Paperwhiteがおすすめの人

おしゃれなKindle Paperwhiteカバー付き

Kindle Paperwhiteがおすすめなのは、以下の人です!

  • 小説・ビジネス書などカラーではない本をよく読む人
  • 毎日読書するほど本を読むことが好きな人

タブレットなのに紙の本を読んでいると勘違いするような読み心地

残念ながらカラー表示はできませんが、目の疲れに配慮されていたり、お風呂でも読むことができたりバッテリー長持ちで充電切れの心配がなかったりと、

毎日読書する人にぴったりの電子書籍リーダーに仕上がっています。

 

いちまり
いちまり
毎日読むと目の疲れが蓄積するからね。その疲れを軽減できるのは魅力!

Fire 7がおすすめの人

コスパ最高Fire 7

Fire 7がおすすめなのは以下の人です!

  • 漫画・雑誌などカラーの本をたくさん読む人
  • コスパ重視の人
  • 読書以外のアプリも使いたい人

Kindle Paperwhiteは漫画や雑誌など、カラーの本の読書に向いていませんが、Fire 7なら問題ありません。

データサイズが重い漫画をたくさんダウンロードしても、データ容量を拡張できるので、Kindle Paperwhiteと比べるとデータ容量の心配も不要。

 

それに加えて、読書だけではなくゲームやAmazon prime videoなども楽しみたい人はFire 7がおすすめです。

いちまり
いちまり
なんて言ってもコスパが最高!数千円で購入でき、これほどの機能を備えているのはFire最大のメリット!

Kindle PaperwhiteとFire 7を徹底比較まとめ

本記事では、「Kindle PaperwhiteとFire 7どちらが本を読みやすい?9項目を徹底比較!」について書きました。

小説やビジネス書の読書に最適化されているのはKindle Paperwhiteですが、雑誌などカラーの本を読みたいなら、Fire 7がおすすめです。

 

それでも「どちらにしようか迷う!」というなら、Kindle Paperwhiteがおすすめですね。

読書のために細かな配慮が行き届いているのが魅力。

紙の本を読んでいると錯覚するほどの読み心地なので、1つ購入して持っていても後悔することはないでしょう。

いちまり
いちまり
Kindle PaperwhiteとFire 7どちらも持ってるけど、Kindle Paperwhiteはフル稼働してます!

電子書籍を楽しむために、あなたに合った端末をぜひ選んでみてください。

Kindleで本をお得に読む方法

気になっている本をお得に読むなら「Kindle Unlimited」をおすすめします。

全ての電子書籍が読み放題になるわけではありませんが、

対象となっている本なら月額980円で読み放題です。

 

よめ
よめ
本1冊分の料金でビジネス本や小説など、約31万冊が読み放題!

解約(休止)・再開も簡単にできるので、一度試すと読書が充実したものになりますよ。

 

\ジャンル別タイトルをCHECK/
読み放題の対象本を見てみる

 

いちまり
いちまり
しかも今なら30日間無料体験がありますよ!

\CHECK NOW/
Kindle Unlimited 30日間無料体験を見てみる
いつでもキャンセル可能
30日以内に解約で無料