パソコン周辺機器

【Logicool MX Master 3レビュー】人間工学による抜群のフィット感!作業効率アップの高機能マウス

仕事にブログにパソコン作業が欠かせないいちまりです。

パソコン作業の効率化には、マウス選びが重要。

以前まではパソコンに付属されている何の特徴もないマウスを使っていたのですが、多くの機能を備える高級マウスに変更したところ、作業効率が爆上がりしました。

 

そのマウスが「Logicool MX Master 3」です。

Logicool MX Master 3は、指に馴染むホイールで1秒間に1,000行のスクロールができるほか、多くの機能が備わっており「戻る/進む」や「タブ間の移動」がボタン一つでスムーズに行えます。

また、人間工学に基づくデザイン設計で、手の平へのフィット感が抜群です。

本記事では「【Logicool MX Master 3レビュー】人間工学による抜群のフィット感!作業効率アップの高機能マウス」について書いていきます。

Logicool MX Master 3のスペックと外観

Logicool MX Master 3の外観

MX Master 3のスペックは以下のとおりです。

製品名 Logicool 「MX Master 3
サイズ 高さ124.9mm✖️幅84.3mm✖️奥行き51mm
重さ 141g
接続方式 USBレシーバー / Bluetooth
対応OS Windows 7,8,10 以降 / macOS 10.13 以降 / Linux / PadOS 13.1 or later
DPI(最小値と最大値) 200dpi~4000dpi
ワイヤレス動作距離 10m
バッテリー 充電式Li-Poバッテリー(500mAh)
1分間の急速充電で3時間使用可能
2時間のフル充電で最大70日間の使用可能
カラー グラファイト / ミッドグレイ
保証情報 2年間無償保証

 

カラーは「グラファイト」と「ミッドグレイ」の2色展開です。私はグラファイトを購入しました。

グラファイト
ミッドグレイ

Logicool MX Master 3は人間工学に基づき設計されたデザインで、フィット感が良く快適に操作できます。

Logicool MX Master 3は人間工学に基づくデザイン

 

特に親指の置き場が心地よく、押しやすい場所にボタンやホイールが配置されています。

Logicool MX Master 3はフィット感抜群

 

小指を添える部分も小高くなっており、机に小指がぶつからないよう配慮されています。

 

いちまり
いちまり
細かな気配りが散りばめられています。

 

手の平が当たる部分はマッドな質感。

Logicool MX Master 3はマッドな質感

 

左右のクリックボタンはツルツルしており、人差し指と中指が丁度収まります。

Logicool MX Master 3の外観

 

親指を乗せる箇所には、波状のシワ模様がついた加工が施されおり、滑りにくくなっています。

Logicool MX Master 3の波状シワ加工

 

ホイールはスチールでできており、高級感があります。スクロールするたび程よい重さを感じ、操作しやすい形状となっています。

Logicool MX Master 3はスチール製ホイール

 

なお、マウス中央のボタンを押すことで、「カチカチ」とスクロールするモードと静音かつスムーズにスクロールするモードへの切り替えが可能です。

Logicool MX Master 3は2種のホイールシフトが可能

 

サイドのボタンも、指がすぐ届く場所に配置されています。

Logicool MX Master 3のサムホイール外観

 

親指近くに配置されている「ジェスチャーボタン」の位置が悪いと言う口コミを目にしたことがありますが、私の場合は全く問題に感じなかったですね。

Logicool MX Master 3のジェスチャーボタン

 

背面には「電源スイッチ」と「操作端末の切替えボタン」が備わっています。

Logicool MX Master 3の裏面

 

MX Master 3は最大3台のパソコンと接続が可能なので、ボタンを押すことで端末間の接続変更ができる仕組みです。

Logicool MX Master 3の切り替えボタン

 

正面から見ると充電用のUSB-Cケーブルの差込口が確認できます。

Logicool MX Master 3はUSB-Cケーブルで急速充電可能

 

MX Master 3の付属品は以下の4点です。

Logicool MX Master 3の付属品
  • MX Master 3本体
  • USB-A to USB-Cケーブル
  • Unifyingレシーバー
  • 保証書・説明書

Logicool MX Master 3のレビュー

それでは、MX Master 3を実際に使用した感想を書いていきますね。

スクロールの操作性は慣れが必要

MX Master 31秒間に1,000行もスクロールが可能です。

超高速で目的の箇所に移動できる一方、軽くホイールを動かしただけでもポインタが高速で進み、目的の箇所をすっ飛ばしてしまうことがありました。

 

いちまり
いちまり
高性能ゆえ、操作感覚が追いつかないという状態…。

 

ただ、この辺りの操作感は1週間使えば慣れることができました。

また、後ほど説明する専用アプリ「Logi Options」を使えばポインタやスクロールの速度を自由にカスタマイズできるので、自分にあった設定をすることが可能です。

接続方法はBluetoothとUSBレシーバーから選択

MX Master 3とパソコンを無線で接続する場合は、BluetoothとUSBレシーバーの2通りがあります。

Bluetoothの接続は簡単で、マウス裏面の「Easy-swithボタン」を押して1〜3のボタンを点滅させペアリングモードにし、パソコンに認識させるだけ。

 

一方、USBレシーバーの接続には付属の「Unifyingレシーバー」を使います。

Logicool MX Master 3付属のUnifyingレシーバー

付属のUnifyingレシーバーは、出荷時にすでにMX Master 3とペアリングされた状態になっているため、パソコンのUSB差込口に挿すだけでマウスが使えるようになります。

 

なお、Bluetooth接続した場合とUnifyingレシーバーで接続した場合を比較しても、遅延は感じられませんでした。

ブログ執筆やプログラミングなどであれば、同じ操作感で使用することができました。

 

なので、Bluetooth対応のパソコンを使用しているなら、Bluetooth接続で全く問題ありません。

一方、UnifyingレシーバーはBluetooth非対応のパソコンで無線で使用したいなら、必須のアイテムとなります。

ポインタ速度など自由なカスタマイズが可能

専用アプリの「Logi Options」をインストールすると、ボタン設定やポインタ・スクロールの速度を自由にカスタマイズできるようになります。

ボタン設定の一例
ポイント&スクロール設定

 

また、上記の設定は各アプリケーション毎に細かな設定が可能です。

例えば、Google Chromeなどのブラウザを使用する際、初期設定では親指横の「サムホイール」は「ページタブの移動」に対応しているのですが、

好みに合わせて「ページの拡大/縮小」に設定することもできます。

 

自由にカスタマイズできるアプリケーションは、以下のとおり。

  • Adobe Photoshop
  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro
  • Google Chrome・Safari・Edge
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint

動画・画像編集・仕事で良く使うアプリケーションに対し自由な設定ができるので、作業を効率化することができますよ。

マウスドラッグのみでデータ移動ができるFLOW機能が便利

 

LogicoolのFLOW機能が便利すぎて驚嘆しました…!

複数のパソコンを使用しているなら、この機能を一度体験すると、MX Master 3が手放せなくなるのではないでしょうか。

専用アプリの「Logi Options」からFLOW機能を有効にすると、以下のことができるようになります。

1機のマウスで複数のパソコン操作が可能になる

FLOW機能を有効化すると、1機のマウスで複数のパソコン操作が可能になります。

マルチディスプレイのように、パソコンのカーソルをディスプレイの端にもっていくと、自動で別のパソコンにマウスカーソルが移動するようになります。

 

いちまり
いちまり
いちいち裏面の「Easy-switchボタン」を押さなくても、操作するパソコンを切り替えられるのが地味に便利。

 

パソコンを複数台持っている場合に役立つ機能です。

特に、頻繁に複数のパソコン操作を切り替える人なら、これだけで効率よく作業ができるようになります。

 

異なるパソコン間でデータの移動が可能になる

さらに衝撃だったのが、異なるパソコン間でデータ移動が可能になることです。

パソコンAからデータをコピー又は切り取って、パソコンBに貼り付けることが可能です。

データ移動できるパソコンのOSは問いません。MACからWindowsへの移動も、あるいはその逆も問題なく機能します。

クリップボードの共有もでき、URLなどの複雑な文字をコピー&ペーストすることもできます。

 

この機能によって、データ移動のために自分宛てにメールを送信したり、USBメモリを介してデータを移動する必要がなくなります。

データ移動の不便さが解消され、作業負担がかなり軽減します。

 

いちまり
いちまり
特別なソフトを入れるわけでもなく、マウスに付随する機能でここまで便利な操作ができるようになるなんて…!

 

LAN経由でデータを送信するので、送信速度に若干の遅さはあるものの、数GBのファイルも問題なく移動することができました。

 

ただし、FLOW機能を使用するにはいくつか注意点があります。

  • 全てのパソコンが同じネットワークに接続されていること
  • インターネットに繋がっていること
  • ドラック&ドロップはできない

家庭で使用する場合は、パソコンが同一のネットワークに繋がっているかどうか意識する必要はないかもしれませんが、職場などでは注意が必要です。

またWi-Fiなどでインターネットに繋がっていないとFLOWは使用できないので、注意しましょう。

充電切れの心配がない十分なバッテリー性能

MX Master 3は、フル充電で最大70日間使用可能という十分なバッテリー性能を有しています。

万が一バッテリーが切れても、備えつきのUSB-Cケーブルで充電が可能。

しかも、1分間の急速充電で3時間も使用ができるようになります。

 

ふと気がついた時に充電するだけで、普段使いはOK。

バッテリー切れの心配や電池交換の面倒臭さがないので、扱いやすいマウスでした。

Logicool MX Master 3の気になる点

MX Master 3の使用にはたくさんのメリットがありましたが、一方で気になる点もありました。

クリック音が大きい

MX Master 3はクリック音が大きめです。

ホイールのスクロール音は非常に静かで滑らかなのですが、クリック音の大きさが目立ちますね。

家の中で使用する分には気になりませんが、静かなコワーキングスペースやカフェで作業する場合は、周りの目が少し気になってしまうかもしれません。(ただ、そもそも大きくて重いので、外出先への持ち運びは向かないという欠点がありますが…。)

FLOW機能により画面端の操作がしにくい

複数のパソコンを1つのマウスで操作したい人にとって、超便利な機能であるFLOWですが、欠点があります。

それは、画面端にカーソルを合わせると、自動で別のパソコン操作に切り替わってしまうことです。

FLOWはそもそもそういう機能なので、機能性に問題はないのですが、操作の妨げになってしまうことがあるんですよね。

 

いちまり
いちまり
意図せずパソコンが切り替わるから、少しイライラしました…。

 

ただ、さすがはロジクール。こんなときの対策をしっかり用意しています。

画面端の意図しない操作が行われないように、専用アプリの「Logi Options」で以下の設定が可能です。

  1. コンピュータ間の切り替えを「Ctrlを押しながら端へ移動」にする
  2. 画面隅に限ってコンピュータ間の切り替えを無効にする

ひとまず「Ctrlを押しながら端へ移動」を設定することで、画面端も問題なく操作できるようになり、ポインタの移動が制御できるようになりますよ。

Logicool MX Master 3がおすすめの人

実際に使ってみた経験を踏まえると、以下の人にMX Master 3がおすすめです。

重厚感があるマウスを使いたい人

MX Master 3はゴツ目の外観で重さもしっかりあるので、存在感があります。

男性である私の手のひらにピッタリ収まるので、女性にとっては少し大きく感じるかもしれませんが、

マウスをガシッと掴んで、しっかりとした安定感の元で操作をしたい人には、MX Master 3がおすすめです。

いちまり
いちまり
重厚感とフィット感を求める人にはおすすめの逸品!

自由にボタンをカスタマイズして効率的に作業したい人

7個のボタンと2つのスクロールを自分好みの操作に自由にカスタマイズすることができます。

しかもアプリケーション毎に設定可能なので、その組み合わせは十人十色。

ボタンカスタマイズで効率性を求める人にはピッタリのマウスに仕上がっています。

複数のパソコンを使って作業する人

とにかくFLOW機能が秀逸。

パソコン間のマウスの操作だけではなく、データの移動すらも自由に行えるというのが素晴らしいですね。

マウスの切り替えボタンをいちいち押す必要も無いですし、USBメモリ等を使ってデータを移動させる必要も無いので、作業効率を大幅にアップさせることができます。

 

複数のパソコンを所持している人には、一度使ってみて欲しい機能ですね。

Logicool MX Master 3がおすすめではない人

MX Master 3をおすすめしたい人がいる一方、おすすめできない人もいると感じました。

マウスをつまみ持ちする人

手のひらをマウスにつけず、指でつまむようにマウスを扱う人にはMX Master 3は向いていません。

理由は重く大きいから。つまみ持ちを勧められるような形状ではありません。

もし、つまみ持ちできる高性能マウスを使いたいのであれば、MX Master 3と同等の機能を有しつつ、かつ、ひとまわり小さいLogicoolの「MX Anywhere 3」をおすすめします。

外出先でマウスを使いたい人

MX Master 3は重くどっしりと存在感があるので重厚感はありますが、それと引き換えに持ち運びにくいです。

持ち運びできないことはありませんが、外出先に持っていくにはちょっと不便ですね。

持ち運びに適したマウスを使いたいなら、「MX Anywhere 3」が軽くてコンパクトでありながら、MX Master 3と同等の機能があるのでおすすめです。

Logicool MX Master 3の評判・口コミ

Logicool MX Master 3の評判・口コミをTwitterから収集してみました。

  • 使いやすい
  • スクロールが滑らか
  • 電池持ちが良い

上記のとおり、概ね絶賛の声が多かったですね。

しかし、M1チップ搭載MacではBluetooth接続に不具合が発生しているようです。

とはいえ、MX Master 3に限らず、Bluetooth接続する機器全般に不具合が発生しているようなので、Macの問題である可能性が高いと思われます。

ちなみに、私はIntel CPU搭載のMac Book Proを使用していますが、全く問題なく使用できています。

Logicool MX Master 3レビューまとめ

本記事では「【Logicool MX Master 3レビュー】人間工学による抜群のフィット感!作業効率アップの高機能マウス」について書きました。

Logicool MX Master 3は、超高速スクロールやボタンの自由カスタマイズなど、作業効率アップにうってつけの高性能マウスです。

それだけではなく、LogicoolのFLOW機能を使うことで、異なるパソコン間でのデータ移動がスムーズになり、利便性が向上しました。

 

1万円越えと少々値は張りますが、それを補う利便性と満足感を得ることができますよ。

いちまり
いちまり
MacとWindowsのどちらでも使えて、作業効率が向上したので大満足です!