いちまりのプロフィール

いちまり
いちまり
はじめまして!いちまりと申します。

数あるサイトの中から当ブログを訪問してくださり、ありがとうございます!

多くの人は私のことなど知らないと思いますが、せっかくのご縁ですので、私のプロフィールを少し紹介させてください。

いちまりのプロフィール

私の簡単なプロフィールは以下のとおりです。

名前 いちまり
職歴 公務員(係長)×SE(チームリーダー)経験者
趣味 読書・ブログ・筋トレ・ランニング・息子とマラソン
年齢 30代
家族 妻子あり

いちまりの職歴

私の職歴を少しだけ深堀してみます。

新卒でSIerに就職

大学卒業とともに大手SIerに就職し、システムエンジニアになりました。

システムエンジニアは主に要件定義や設計など、お客さんと顔を合わせて仕事をすることが多いですが、私の場合は、要件定義や設計、コーディング、テストまで幅広く仕事をさせてもらいました。

業務経験がある言語は、Java、C#、C++、VB、PLSQLなどなど…

システムエンジニアとして就職した理由は、これからIT業界が伸びると思ったし、手に職を付けたかったから。

メンバーと協力しながら一つのモノを作り上げる過程はとても楽しかったです。

要件定義からシステムテストまで、上流工程から下流工程の一連の業務を経験し、システム開発のノウハウを学びました。

ところが入社4年目、配属されたプロジェクトで大きな転機がありました。

  • 健康を害するほどの残業(月150時間)
  • 精神的な問題で次々と倒れる同僚
  • のしかかる責任とプレッシャー

あるプロジェクトのチームリーダーとして一つの業務システムを任されていたのですが、とにかく残業が多く、心身に限界が近づいていました。

一番働いた時は1か月で約150時間、年間で約900時間ほど。

精神的に疲弊した私は、いつしかプログラミングの楽しさを忘れ、「人間らしく生きられる職場」に転職したいと思うようになっていきました。

システムエンジニアから地方公務員へ転職

担当のシステムをカットオーバー(納品)した翌年、システムエンジニアから地方公務員(市役所)に転職しました。

公務員勉強は独学。システムの稼働監視などの夜勤明けに、朝方5時にマックに行ったり、図書館に行って勉強するなど、とにかく必死に勉強しました。

地方公務員になった理由は、「定時に帰れるし心身ともに負担も少なく仕事ができる!」と思ったからです。

今思えば、浅はかな考えでしたね(笑)

地方公務員といえば、残業もなく定時に帰れてただ黙々と事務をこなしているというイメージはありませんか?

まあ、私も働く前はそう思っていました。

実際は、地方公務員は1人でいくつもの業務も抱えることが多く、圧倒的に人が足りていません。なので、残業は1月に数十時間発生してました。

また、民間の頃に比べると、市役所は仕事ができない人(やらない人)が多いため、頑張れる人ほど仕事が増えていくという悪環境。

仕事ができない(やらない)上司の給料は高く、仕事を頑張る若手の給料は低い。しかも仕事をしなくてもクビにはならない…。

「なんかこの働き方、おかしくない?」

こんな疑問を持つようになりました。

地方公務員では、以下のことをしてきました。

  • 行政システムの導入
  • 情報機器の発注、入替、外部との調整
  • 防災訓練の企画・運営
  • 各種防災に関する住民説明会などなど

私の職歴はこんな感じです。

これから目指すこと

SIerを辞めて数年経ちますが、やはり自分でコードを書いてモノを作ることが好きなんですよね。

地方公務員に転職してプログラミングと離れてから、あらためてプログラミングが好きだなと気付かされました。

なので、私が目指すのは、Webエンジニア。

自由な働き方で好きなことで働いていきたい。

もう年齢も30代なので、難しい選択ですがWebエンジニアとして自由に働くことを夢見ています。

ブログで発信すること

公務員とSIerの両方を経験した私が、自らの経験談や学んだことを発信していきます。

具体的には以下のことを発信します。

  • プログラミングについて
  • Webエンジニアについて
  • SIerの経験談
  • 公務員(市役所)の経験談
  • 仕事術

私の経験や学びを発信することで、一人でも多くの人の役に立てれば嬉しいです。

とはいえ、上記だけでは長続きしなさそうなので、読書、筋トレ、マラソンなど、私の趣味に関することも書いていくと思います。

いちまり
いちまり
淡々と更新していきたいと思いますので、ぜひまた当ブログに足を運んでくださいね。