仕事術

【不安解消】完璧主義をやめると幸福度があがる!完璧主義をやめる具体的な3つの方法とは?

この記事のまとめ

完璧主義の人は、仕事を先延ばしにして、ストレスを溜めてしまう傾向があります。そうすると人生の幸福度は降下します…。
完璧主義をやめて、毎日イキイキと仕事をしたいですよね。
本記事では、完璧主義を脱却したわたしが『完璧主義をやめる具体的な3つの方法』をご紹介します!

完璧主義

聞こえはかっこいいですが、ストイックすぎるあまり、ミスをすると自分を責めてしまい、いつまでもくよくよ悩んでしまうことも。

わたしはもともと完璧主義者でした。

わたしが公務員だった頃のある日の一コマ…

よめ
よめ
防災訓練の企画お疲れ様。うまくいったみたいね
いちまり
いちまり
う、うん…。…ハァ(ため息)…
よめ
よめ
あれ、どうしたの?何かあったの?
いちまり
いちまり
訓練自体は成功したんだけど、その後の防災資器材の展覧会の出席者数が少なくてさ…
よめ
よめ
訓練後は自由行動だったし、寒かったから出席者が少なくてもしょうがないわよ
いちまり
いちまり
事前に調整して残ってもらえるように配慮できてたら…。あぁ、なんであの時…ブツブツ…
よめ
よめ
…(あ、これ2週間は引きづるパターンのやつやわ)

完璧主義だったわたしは、周りから一定の評価を得られても、理想と現実のギャップが許せなくて、自分を責め続けることがありました。

自分を責めているとネガティブな気持ちで頭がいっぱいになり、ストレスが溜まってモチベーションが下がることも。

仕事をすればするほどミスが気になって「もうやりたくない」って思うことも何度もありました。

でも、あるとき、こんな自分に嫌気がさして、完璧主義から抜け出す方法を調べて一つずつ実践していったんですよね。

その結果、少しずつですが完璧主義から脱却し、今ではストレスを溜めることなく仕事に打ち込めています

「あれをやらなきゃ」「これもやらなきゃ」という義務感から解放され、仕事に対する幸福度も高くなりました

わたしのように完璧主義であることに悩んでいる人は多いと思います。

なので本記事では、完璧主義をやめたいあなたに向けて『完璧主義をやめる具体的な3つの方法』をご紹介します。

     

完璧主義者の3つの特徴

今思い返すと、わたしが完璧主義だったころの特徴は以下のとおりでした。

いちまり
いちまり
上記の性格が嫌で嫌で、なんとかして解消したいなって思っていました…。

過ぎたことなのにミスが気になって仕方ない

完璧主義だったころは、どんな些細なことでもミスしたことが気になっていました

理想と現実のギャップが気になって「もっとあの時こうしたら良かった」って後悔してしまうんですよね。

例えば、わたしが公務員だった頃の高齢者を中心とした防災訓練の企画です。

訓練自体は成功に終わったものの、その後の防災資器材の展示会で思ったほど人が集まらなかったんですよね。

人が集まらなかった理由は、

  • 気温が寒かったから
  • 参加者(高齢者)の健康上の問題

大きくこの2点。

周りからは「訓練良かったね」と評価してもらっていたのですが、自分としてはもっと盛り上がる理想的なイメージがあったため、納得できない状態でした。

「もっと気温の対策ができてたら」「事前にこの状況を理解できてたら」

過ぎたことなのに過去を振り返ってくよくよ悩んでしまうことも。

いちまり
いちまり
思い通りにならなかったことが頭にこびりついて、仕事の達成感なんてあったもんじゃありませんでした…

自己否定が強い

強く自己否定することもありました。

  • あのときこうすべきだった
  • この判断ができなかった自分はダメだ

というふうに自分を責めてしまいます。

自分を責めることで、次の機会に完璧に成功するなら、まだいいんです。

でも、どんなに小さなミスでも気になってしまうので、また自分を責めてしまうという無限ループにはまっていました。

いちまり
いちまり
今思うと、そもそも仕事において、完璧に成功することなんて無いんですけどね…。

ストレスがたまりやすい

完璧な理想と現実との差をいつまでも埋められないと、ストレスが溜まっていきました

わたしは常に『心のモヤモヤ』を感じていました。

  • 理想の状態にできなかった自分への嫌悪感
  • また失敗するんじゃないかという不安

これがいつまでも自分を取り巻いて、仕事をしていてもなんかスッキリしない状態が続きました。

  • 完璧にならないのは時間をかけてないから
  • 細部まで時間をかけて完璧にすればいい

こんな考えをするようにもなり、残業や休日出勤が続いたこともありました。

すると慢性的な疲労がたまり、ストレスがさらに蓄積されていきました。

完璧主義者の最大のデメリット

完璧主義者の一番のデメリットは『失敗をおそれて行動しなくなること』です。

ミスをしない唯一の方法は「そもそも行動しないこと」なので、行動することをやめてしまうんですよね。

わたしの後輩もわたし以上の完璧主義者だったのですが、彼に仕事の進捗を聞くといつもこんな感じでした。

よめ
よめ
というか、完璧主義だらけの職場。どんな職場だよ(笑)
いちまり
いちまり
まあまあ…

 

~わたしと後輩のある日の会話~

いちまり
いちまり
この資料作り、進捗はどう?締め切り近いけど
後輩
後輩
はい、締め切りまでには終わらせます
いちまり
いちまり
結構ボリュームあるから、締め切り気を付けてね

 

~数日後~

 

いちまり
いちまり
資料作成の件、そろそろ締め切りだよね。進捗はどう?
後輩
後輩
い、今から始めます…
いちまり
いちまり
えぇ~

 

こんな風に完璧主義の人はミスを恐れるあまり、仕事を先延ばしにするんです。

上記の例だと、完璧じゃなくても合格点を満たすような資料であれば問題なかったんです。

しかも、行動が早ければ部署内で資料を磨き上げて、さらに良いものに仕上げることもできました。

ところが彼はミスをさけて完璧にしようとするあまり

  • 悪い評価をされたくない
  • 指導されるのが怖い
  • ミスした後のことが怖い

という考えによって行動できなくなってしまったわけです。

仕事にとって重要なことは、『ミスをしないこと』よりも『ミスしてもどんどん行動を起こして目的を達成すること』ですよね。

いちまり
いちまり
『目的を達成する』という一番大切なことを忘れて、行動しなくなってしまうことが、完璧主義者の最大のデメリットと言えます。

完璧主義をやめた先にある3つメリット

完璧主義をやめると以下の3つのメリットがありました。

実際にわたしが体感したメリットです。

仕事の効率が上がる

完璧主義の人は、完璧を求めるあまり時間に対する意識が低く、どんなに細かい部分でも質の高さばかり求めてしまう傾向があります。

いちまり
いちまり
わたしもプレゼン資料の完璧を追い求めて、どうでもいい細かなデザインを気にして残業を繰り返す日々でした…

ところが、完璧主義をやめると、質については「ある一定の基準を満たせばOK」という考え方に変わります。

無駄な部分は省いても問題ないという思考になるんです。

なので、仕事の本質を見極められるようになり、仕事を効率よく終わらせることができるようになりました。

仕事の不安が減る

完璧主義の人は仕事を先延ばしにするので、期限までに仕事が終わるかいつも不安を抱えるようになります。

頭の中は終わっていない仕事のことでいっぱいに。

同時にいくつも仕事を任されるようになると、仕事の数だけこの不安が倍増していくんですよね。

ですが、完璧主義をやめると「ミスをおそれない状態」になり立ち直りが早くなるので、次々と仕事に取り組めるようになっていきます。

そうすると、仕事が一つずつ終わるので、それに伴って不安も解消していきます。

ストレスが減って幸福度が上がる

完璧主義をやめると100点満点じゃなくてもOKという考え方に変わります。

心に余裕ができるので、精神的な負担も少なくなります

また、先ほど述べたとおり

ので、頭の中がすっきり。

「〇〇しなきゃいけない」「〇〇でなければならない」という義務感から解放されるので、ストレスが減り幸福度が高まります

完璧主義をやめる具体的な3つの方法

ここからは、わたしが完璧主義をやめることができた具体的な3つの方法をご紹介します。

「まっいいか」と声に出してみる

仕事のミスが気になって「なんであのときこうしなかったんだ…」「もっとこうしたら良かった」って自分を責める気持ちが沸いてきたら

部屋に自分一人しかいないときに「まっいいか!」と声を出して笑ってみることです。

よめ
よめ
え、そんなことでいいの?
いちまり
いちまり
ちょっと信じられないかもしれないけど、実際やってみたら気持ちが少し落ち着くよ

精神科医の先生もおすすめの方法です。

とはいえ、「まっいいか!」と声を出しても心のモヤモヤが解消されない場合もあります。

ですが、人間は忘れる生き物。

ミスした時は落ち込んでいても、1週間経てば少しずつ行動できるようになり、1か月くらい経つとなんで自分を責めていたのかわからないくらい気持ちが落ち着いてくるものです。

1年経てばほとんど忘れています。

ミスしたことについて反省して改善点を見つけるのはいいことですが、悔やみ続けてもなんの意味もありません。

なので、自分が立ち直れるまでは「まっいいか!」と言ってやり過ごすことが大切です。

いちまり
いちまり
完璧主義の人は真面目な人が多いですからね。「まっいいか!」と言って適度に仕事するくらいがちょうどいいですよ!

自分を許してあげる

ミスした自分を責めるのではなく、ミスしても自分を許してあげるようにしましょう。

自分を許すためには『セルフコンパッション』という考え方を身に付けるといいです。

いちまり
いちまり
セルフコンパッションとは、「自分への思いやり」という意味です

セルフコンパッションは、自分の欠点や失敗などをありのまま受け入れて、自分を許してあげるという考え方です。

自分を許すことで、自分の弱みに正面から向き合い、本当に必要なことはなにか、どうすれば成長できるのかを考えることができるようになります。

自分を許すことができると気分の変化も少なくなり、失敗に落ち込むことが少なくなってきます。

その結果、新たな挑戦をする意欲がわいてきます

また、メンタリストのDaigo氏によると『完璧主義になると、失敗することに対するストレスが極大になる。でも、自分を許す能力が高い人の方が成功しやすいし、実際に目標達成の能力も高いということがわかっている』ということなんですよね。

完璧主義になると、失敗することに対するストレスが極大になります。そうすると失敗したくないという感情が生まれて、挑戦することが出来なくなってしまうということがわかっています。(略)

自分を許す能力が高い人の方が成功しやすいし、実際に目標達成の能力も高いということがわかっています。

引用:Mentalist DaiGo Official Blog/完璧主義と自己批判が先送りの原因!

なので、完璧を求めるあまり自分に厳しくするのでなく、自分に優しく寄り添う心を持つようにしましょう。

セルフコンパッションを高める方法に関しては、以下の本で詳しく書かれています。

自己肯定感を高めるセルフ・コンパッションWORKBOOK (BANAPANA BOOKS)

Kindle Unlimitedに加入していれば『自己肯定感を高めるセルフ・コンパッション』を無料で読めます。

月額980円で書籍、コミック、雑誌12万冊が読み放題。

一月に一冊本を読めば元が取れるので、読書好きの方にはおすすめです。

初回お試し30日間の無料体験ありです

Kindle Unlimited はこちらから

やるべきことだけをやる

全部手に入れよう、全部やろう」という完璧主義の人は、一度その考えから脱却することが大事。

まずは間違った思い込みを治すことが必要です。

  • やらなくては
  • どれも大事
  • 全部できる

この3つを

  • やらなくては➡やると決める
  • どれも大事➡大事なものはめったにない
  • 全部できる➡なんでもできるが、全部はやらない

という考えに変えてみましょう。

全てをやろうとすると、中途半端になって完璧とは程遠くなってしまいます。

重要な仕事に集中し、無駄を削ぎ落すこと。

そして、やろうと思えば全部できるけど、目的達成のために全部はやらないと勇気を持つことが大切です。

99%の無駄を捨てて1%に集中する思考法として『エッセンシャル思考』という考え方があります。

こちらの本では、マンガでエッセンシャル思考を学ぶことができます。

無駄を省いてやるべきことだけをやる方法がわかりやすくまとめられていますよ。

マンガでよくわかるエッセンシャル思考

完璧主義をやめる具体的な3つの方法|まとめ

完璧主義をやめる具体的な3つの方法

  1. 「まっいいか」と声に出してみる
  2. 自分を許してあげる
  3. やるべきことだけをやる

本記事では、「【不安解消】完璧主義をやめると幸福度があがる!完璧主義をやめる具体的な3つの方法とは?」についてまとめました。

完璧主義の人は

という特徴があります。

そして、完璧主義をこじらせると、ミスがこわくなって仕事を先延ばしにしてしまう傾向があります。

ですが、上記の「完璧主義をやめる具体的な3つの方法」を実践して少しずつ完璧主義から抜け出したら、以下の3つのメリットを体感できるようになりました。

完璧主義で悩んでいる人は、是非参考にしてみてくださいね。

自己肯定感を高めるセルフ・コンパッションWORKBOOK (BANAPANA BOOKS)
マンガでよくわかるエッセンシャル思考

 

Kindle Unlimitedに加入していれば『自己肯定感を高めるセルフ・コンパッション』を無料で読めます。

月額980円で書籍、コミック、雑誌12万冊が読み放題。

一月に一冊本を読めば元が取れるので、読書好きの方にはおすすめです。

初回お試し30日間の無料体験ありです

Kindle Unlimited はこちらから