プログラミングスクール

【TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ】プロのエンジニアが指導するプログラミング学習とは…?

この記事のまとめ

完全オンライン型のプログラミングスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」。

本記事ではTechAcademyのサービス内容と受講者からの評判・口コミをまとめました。

TechAcademyで学習するとどんなメリットがあるのか?
受講者からの評判は?
料金はどれくらいなのか?

こんな疑問を解決いたします。

オンラインでプログラミングを学べるTechAcademyテックアカデミー

プロのエンジニアマンツーマン指導してくれたり、受講期間内にあなたの思い描くオリジナルサービスを開発できたりと、他のオンラインスクールとは一線を画すサービス内容になっています。

 

よめ
よめ
質問への回答も早いと聞くわ♪
いちまり
いちまり
わからないことは即レスで返信してくれるから、初心者でも短期間で疑問を解消できるよ。

 

とはいえ、受講料は一月10万円以上

他のオンラインスクールより安価なほうですが、高額であることに変わりありません。

申し込みしてから後悔しないよう、あらかじめサービス内容や評判・口コミをしっかり把握しておきたいですよね。

というわけで、本記事では「TechAcademy(テックアカデミー)のサービス内容や評判・口コミ」をまとめていきます。

 

TechAcademyとは

TechAcademyは、自宅でプログラミングを勉強できるオンラインスクール

パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも受講できます

 

よめ
よめ
地方在住の人でも受講できるのは助かるわね。
いちまり
いちまり
家で受講できるから、移動時間もかからない。勉強しようと思い立ってから2秒で学習を始められるよ!

TechAcademyのメリット

TechAcademyでプログラミングを勉強すると以下の4つのメリットを体感できます。

順番に説明していきますね。

オリジナルサービスの開発を通してプログラミングを学べる

TechAcademyの学習方法は、プロのエンジニアが制作したオリジナルのテキストを読んで勉強すること。

テキストで勉強しつつ、段階を踏んで与えられた課題をに取り組み、最終的にはオリジナルサービスの開発を目指します。

TechAcademyのように、あなたが作りたいオリジナルのWebサービスを一から開発できるスクールはなかなかありません

 

よめ
よめ
スクールの集大成として、自分の思い描くサービスが世の中に形となって発信されるなんて素敵ね。
友達に自慢できるわ♪

 

オリジナルサービスの開発では技術的な部分を学びつつ、ニーズを実現するためにどんな開発をしていくのか、エンジニアとして重要な要素を学べます。

もちろんあなた一人でサービスを開発するのではなく、プロのエンジニアがメンターとしてサポートしてくれるので、孤独を感じるまま作業することはありません。

 

学習の流れは以下のイメージ。

例えばWebアプリケーションコースなら、RubyでWebアプリケーションの開発を行います。

Webアプリケーションコースの学習の流れ
  1. オリジナルテキストによる学習
  2. (課題1)メッセージボードの作成
  3. (課題2)Twitterクローンの作成
  4. (課題3)オリジナルWebサービスの開発

徐々に技術レベルが上がっていくこれらの課題に取り組む中で、プログラミングの基礎はもちろんのこと、実務でも使うフレームワークやツールの使い方が身に付いていきます。

 

プログラミングの勉強方法で一番効果があるのは、やはり自分で調べながらコードを書くこと

わたしも経験がありますが、たとえ壁にぶつかっても、一生懸命調べてアウトプットしていれば、それが自分の力となって蓄積し、次第にプログラミング力が向上していくものです。

 

いちまり
いちまり
ドリル形式の課題を繰り返したり、テキストばかり読んでいても技術力はなかなか向上しないんだよね…。

 

実際に、Webアプリケーションコースの卒業生は、TechAcademyの受講期間中にオリジナルサービスとして以下のサービスを開発していますよ。

オリジナルサービスの開発実績
  • 映画レビュー投稿サービス
  • 貯蓄額を記録しグラフ表示できるサービス
  • 料理レシピ管理サービス
  • 双子ママのコミュニティサービス

プロのエンジニアから指導してもらえる

TechAcademyでは、プロのエンジニアである「パーソナルメンター」があなたの指導に当たってくれます。

よめ
よめ
TechAcademyの学習方法の基本は、テキストによる自習よね?初心者にはきついんじゃない?
いちまり
いちまり
だからTechAcademyでは専属のパーソナルメンターがついて、オリジナルサービスを開発できるレベルまで学習をサポートしてくれるんだよ
パーソナルメンターによるサポート内容
  1. 毎日のチャットサポート
  2. 週2回、1回30分のビデオチャットを使ったマンツーマンレッスン
  3. 回数無制限の課題レビュー

他のオンラインスクールだと、大学生やアルバイト、スクールの卒業生に教えられることが多いのですが、TechAcademyでは、現役バリバリのエンジニアがサポートしてくれるんです。

 

いちまり
いちまり
これはTechAcademyならではの大きなメリットだよ

 

チャットサポートでは、いつでも質問に回答できるように、複数人のメンターが待機しています。

なので質問してから十数分以内に返信がくるなど、爆速で対応してくれると評判です。

質問回数はもちろん無制限

初心者の方なら、わからないことをググっているだけで数時間経ってしまった…なんて話はありがちですが、TechAcademyでは即レスで返信くれるので、調べものに無駄な時間を使いません。

ただし、Webアプリケーションコースならチャットサポートの時間帯は15時~23時まで。

チャットサポートを受けられる時間帯は、コースによって異なるので要注意です。

 

マンツーマンレッスンでは、ビデオチャット使って対面で質問ができます。

ビデオチャットは週2回1回のメンタリングは30分ほど。

時間制限があるのは残念ですが、作成したコードはあなたとメンターで共有し、どちらからでも編集もできるので、オンライン上でもわかりやすく学習を進められます。

 

パーソナルメンターに目標管理をしてもらうことで、モチベーションを保ったまま学習を続けられるのもGoodです。

技術以外のキャリア相談も気軽にできて、Webエンジニアとして働くイメージも確かなものにできます。

 

課題で作成したコードは、パーソナルメンターにレビュー(確認)してもらえます。

コードのレビュー回数も無制限

しっかりコードが書けるようになるまで、間違いや改善点を指導してくれるので、着実にレベルアップできます。

 

いちまり
いちまり
TechAcademyの有効活用は、メンタリングの時間を上手に使うことといっても過言ではないよ。

 

受講終了後も永久的にテキストで勉強できる

TechAcademyで使ったオリジナルテキストは、受講終了後も閲覧し放題です。

しかも内容は、最新の技術情報に合わせて常にアップデートされていく神対応。

 

よめ
よめ
情報が更新されるのはすごいわね。
いちまり
いちまり
ITは新しい技術や情報がどんどん出てくるから、受講後も半永久的にテキストを閲覧できるのは助かるよ。

 

理解度が低いところを何回でも見直して復習できます。

無料で転職サポートを受けられる

TechAcademyの受講が終わったら、転職希望者は受講生限定の転職支援サービス「TechAcademyキャリア」を利用することができます。

しかも、TechAcademyキャリアの利用は無料

既に登録してあるプロフィールや、受講内容、カリキュラム内で作成した成果物を元に、企業やコンサルタントからスカウトメッセージが届く仕組みです。

TechAcademyにはあなたの学習記録が保存されているので、企業との情報交換もスムーズ。

就職後のギャップも限りなく少なくできます。

 

いちまり
いちまり
TechAcademyキャリアのコンサルタントを活用して、転職に関する悩みも相談できるよ。

 

プログラミングスキルの習得➡オリジナルサービスの開発➡転職サポート」と着々とエンジニアになるための準備ができるのがTechAcademyの良さでしょう。

TechAcademyで学べるスキル

TechAcademyの学習内容は大きく4つの分野に分かれています。

TechAcademyの学習分野

さらに4つの分野は、合計で26個のコースに分かれています。

プログラミング

プログラミング分野のコースは全19種類。

中には、子供向けプログラミングソフト「Scratch」を使ってプログラミングの基礎を学び、子供に教えられるようになることを目指すコースなど、ニッチな内容のコースもあります。

ニーズに合わせて、幅広くコースが用意されているよ。
プログラミングのコースと修得スキル
コース名 修得スキル
Webアプリケーションコース Ruby/Ruby on Rails・Git/GitHub・HTML5/CSS3・Bootstrap・SQL・Heroku
PHP/Laravelコース PHP/Laravel・Git/GitHub・HTML5/CSS3・Bootstrap・SQL・Heroku
Javaコース Java・Servlet/JSP・HTML5/CSS3・Git/GitHub・SQL
フロントエンドコース HTML5/CSS3・JavaScript/jQuery・Vue.js・Bootstrap・Web API・Firebase
WordPressコース WordPress・HTML5/CSS3・PHP
iPhoneアプリコース Swift・Xcode・Git/GitHub・Firebase
Androidアプリコース Kotlin・Android Studio・Git/GitHub・Firebase
Unityコース Unity・C#・Git/GitHub
はじめてのプログラミングコース HTML/CSS・PHP・データベース・プログラムへの理解・インターネットへの理解・開発フローと業種への理解
ブロックチェーンコース ブロックチェーン技術の基礎・仮想通貨の仕組みの理解・ブロックチェーンのセキュリティ・ブロックチェーンの活用方法
スマートコントラクトコース Geth(Ethereumクライアント)・Solidity・ブロックチェーン技術の理解
Pythonコース Python・機械学習
AIコース Python・Pandas・scikit-learn・Keras
データサイエンスコース Python・Pandas・NumPy・scikit-learn
Scalaコース Scala・Play Framework・HTML5/CSS3・Bootstrap・SQL・Git/GitHub
Node.jsコース Node.js・Express・HTML5/CSS3
Google Apps Scriptコース Google Apps Script・プログラミングの概念の理解
大人向けScratchコース Scratch・プログラミングの概念
転職できなければ全額返金の「エンジニア転職保証コース」 Javaプログラミング基礎・Webアプリケーションの拡張機能開発手法・転職サポート

 

デザイン

デザイン分野のコースは全3種類。

デザインの原則から、画像の加工方法やプログラミング言語まで幅広く学習していきます。

デザインのコースと修得スキル
コース名 修得スキル
Webデザインコース Webデザインの原則・ワイヤーフレーム・画像加工・HTML5/CSS3・JavaScript/jQuery・Git/GitHub
UI/UXデザインコース ペルソナ設計・カスタマージャーニーマップ・デザインガイドライン・Prott・画像加工・Sketch
動画編集コース  Premiere Pro・動画編集のテクニック

 

マネジメント

マネジメント分野は全2コースです。

各コースでは、以下の表に記載のスキルを修得できるようにカリキュラムが組まれています。

マネジメントのコースと修得スキル
コース名 修得スキル
Webディレクションコース Web制作の基本知識・マネジメントスキル・ドキュメント作成スキル・提案スキル・企画スキル・設計スキル
Webマーケティングコース Webマーケティングの基本知識・Google Analytics・Google AdWords・Yahoo!プロモーション広告・Facebook広告・Twitter広告

 

オフィス

オフィスはExcelの1コースのみ。

SIerで働く場合は、基本設計書やテスト設計書はExcelで管理している会社が多いです。

Excel職人と揶揄やゆされる場合もあるくらいだからね…。

なので、Excel操作に自信がない人で大至急スキルを身に付けたい人は受講するのもアリですよ。

オフィスのコースと修得スキル
コース名 修得スキル
Excel2013 コース Microsoft Office Excel

 

以上がTechAcademyで学べるスキルの内容です。

 

よめ
よめ
これだけコースがあったらどれを受講したらよいか迷うわね…。
いちまり
いちまり
そんな時は「オススメのコース診断」を試してみるいいよ。

 

オススメのコース診断は、1~2問の簡単な質問に答えてあなたに最適なコースを診断してくれる機能。

かなりざっくりではありますが、どのコースを受講したら良いか参考になります。

 

もっと慎重にコース決めをしたい場合は、1週間の「TechAcademyの無料体験」を利用して、どのコースを受講するかじっくり検討してみましょう。

 

また、TechAcademyでは上記のコースを2コース、3コース組み合わせることで安く受講できるセットプランもあります。

ウケ放題という15コース受講できる驚きのセットプランもあるよ。

複数のプログラミングスキルを身に付けたい場合は、セットプランがおすすめです。

TechAcademyのデメリット

TechAcademyには様々な良い点がある一方で、いまいちな部分もあります。

ここからは、TechAcademyのデメリットを2つ紹介していきますね。

課題は初心者には難しいと感じる場合がある

初心者の方にとって、オリジナルテキストの内容が難しいと感じてしまうことがあるかもしれません。

TechAcademyは実践的なスキルを学ぶことができる分、プログラミングの基本の「キ」もわからない状態だと、苦労します。

とはいえ、パーソナルメンターがチャットサポートやマンツーマンレッスンをしてくれるので、どんどん質問してわからないことを減らしていきましょう。

わかることを積み上げていけば、次第にテキストの内容も理解できるようになっていきます。

 

いちまり
いちまり
それでも理解できない場合は、図や絵が多く直感的にわかりやすいProgateで学習してから、TechAcademyを受講してみよう。
【独学】初心者向けのプログラミング勉強法を解説こんにちは、プログラミング歴5年のいちまりです。 この記事ではこんな疑問にお答えするため、初心者向けにプログラミングの勉強法を解説...

 

メンターによって技術レベルが違う

エンジニアあるあるですが、エンジニアは技術に特化しているゆえ、コミュニケーションを苦手としている人がいます。

なので、パーソナルメンターにも当たり外れがあります

 

いちまり
いちまり
悲報だけどメンターの指定はできないんだよね…。

 

とはいえ、メンターはいずれも現場経験豊富なプロのエンジニア

プロのエンジニアが指導してくれるのは他のオンラインスクールでは珍しいことで、チャットサポートは速答かつ内容も丁寧なので、全体的に技術レベルが高いメンターが揃っていることに変わりありません。

TechAcademyの評判・口コミ

実際にTechAcademyを受講した人の評判・口コミを見ていきましょう。

良い評判としては、パーソナルメンターの指導力の高さ質問回答の速さが上がっていました。

 

いちまり
いちまり
やはりプロのエンジニアが指導してくれることは、TechAcademy最大のポイントだね!

 

一方で悪い評判としては、実務レベルの課題を行っていくので勉強内容が少し難しいという意見がありました。

TechAcademyの料金プラン

TechAcademyの料金プランは以下の3点によって変化します。

  1. 受講するコース
  2. 受講する期間
  3. 社会人か学生か

例えば、Webアプリケーションコースの料金プランは以下のとおり。

Webアプリケーションコースの料金プラン

期間が長くなるほど料金が高くなり、社会人より学生のほうが安価です。

どの学習期間を選んでもカリキュラムの内容は変わりありません

ただし、受講する期間を長くすれば、パーソナルメンターのメンタリング回数が増えていきます。

 

学習にかかる時間は、Webアプリケーションコースなら160時間ほど。

一番期間が短い4週間プランなら、1日約5時間30分もの勉強時間が必要なので、きちんと学習時間を確保できるプランを選択するようにしましょう。

 

よめ
よめ
初心者の方なら勉強時間も確保したいし、メンターのサポートも必要になるから、ある程度長い期間申し込んだ方が良さそうね。

期間中に終わらない場合は、追加のメンターサポートも受けられますが、延長すると、通常のプランより割高になってしまいますので、最初にしっかり期間を吟味しましょう。

 

また、期間が長くなるほど、1時間当たりの料金はお得になる仕組み。

分割払いも可能なので、お財布や学習に費やせる時間と相談して決めましょう。

 

\料金プラン・キャンペーンはこちらからチェック/
TechAcademy公式サイト

TechAcademy(テックアカデミー)のサービス内容と評判・口コミ|まとめ

本記事では「TechAcademy(テックアカデミー)のサービス内容や評判・口コミ」をまとめました。

TechAcademyは、専属のプロのエンジニアがオリジナルサービスを開発できるレベルまで学習をサポートしてくれます。

また、あなたの思い描くオリジナルサービスを一から開発でき、他のオンラインスクールでは経験できない実務レベルの学習を進めることができます。

完全オンラインなので、他のスクールと比べると費用も安価です。

学習テキストの内容は、やや難しい部分もあるので、プログラミングの基本に触れたことがあり、かつ、自走できる人にはピッタリのオンラインスクールですよ。

\1週間無料体験はこちら/TechAcademyの無料体験