イヤホン・ヘッドホン

ランニング中のApple WatchとAirPods Proの組合せが便利すぎて最強な件

ランニングにスマートウォッチが欠かせなくなってしまったいちまりです。

これまで時間管理のためiPhoneを持ってランニングしていたのですが、Apple WatchとAirPods Proを購入し、装着してランニングするようになってから、機能が便利すぎてランニングがさらに楽しいものになりました。

Apple Watch単体でもランニングアプリの操作性は充実するものがありましたが、AirPods Proを合わせて使うことで、同時に音楽も楽しめるようになったんですよね。

しかも、接続がシームレスなのでストレスなし。

 

いちまり
いちまり
Apple WatchとAirPods Proの組み合わせが最高すぎました…!

 

そんなわけで本記事では、「ランニング中のApple WatchとAirPods Proの組合せが便利すぎて最強な件」について書いていきます。

Apple WatchとAirPods Proの組み合わせが最強な理由

なぜApple WatchとAirPods Proの組み合わせが最強なのか。

その理由をこれから解説していきますね。

接続がスムーズ

Apple WatchとAirPods Proは同じApple社製。

メーカーが同じだけあって、接続がめちゃくちゃスムーズです。

 

例えば、Apple Watchからの音楽再生。

他社のワイヤレスイヤホンであれば、音楽再生する際にいちいちBlutooth接続を設定する手間がある場合があります。

でもAirPods Proなら、初回の設定さえ完了しておけば、Apple Watchで再生ボタンを押すだけで自動でAirPods Proに接続され、音楽を聞くことができるんですよ。

毎日使えば何十回、何百回と設定する必要があるので、ほんの一手間ではありますが、余計な労力がかからないのは非常に便利。

 

それに、もしあなたがiPhoneを持っているなら、iPhone、Apple Watch、AirPods Proこの3つの接続のスムーズさに驚くはずです。

例えば、AirPods ProとiPhoneの組み合わせで音楽を再生していたとしますよね。

このとき、Apple Watchで音楽を再生すると、iPhoneの再生が停止して、AirPods ProとApple Watchの組み合わせに自動で切り替わるんです。

いちまり
いちまり
その逆もしかりだよ!

 

こんな風に、同じApple製品であることにより、接続がシームレスであることがApple WatchとAirPods Proが最強の組み合わせである理由の一つといえます。

AirPodsの操作性の悪さをApple Watchがカバーできる

AirPodsは、イヤホン単体でも軸部分にある感圧センサーを長押しするだけで「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」モードの切り替えが可能です。

音楽の再生・停止も感圧センサーを押すことで操作可能。

それに、Siriを使えば音量の調整だってできます。

 

…ですが、非常に操作性が悪いんですよね。

感圧センサーはボタンではないので、押してる感覚が指に伝わりません。

正しく操作できたのかどうか、いまいちわかりにくいデメリットがあります。

それに、音量を調整するためにいちいちSiriに話しかけるのも面倒です。

 

そんな課題を全て解決してくれるのがApple Watch

音楽の再生・停止はディスプレイをささっと操作するだけ。

音量調整は、デジタルクラウンと呼ばれるつまみ部分をクルクル回すだけでコントロールできちゃいます。

 

スマホでも操作は可能ですが、ランニング中にポケットからスマホを出して操作するのは面倒だしスマートじゃありませんよね。

AirPods Proの操作性の悪さをApple Watchがしっかりカバーしてくれるので、ランニング中の最強のパートナーといえます。

Apple WatchとAirPods Proはランニングに向いている

Apple WatchとAirPods Proの組み合わせがなぜ最強なのかについて書いてきましたが、そもそもこの2つはランニングでも最高のパフォーマンスを発揮するデバイスです。

Apple WatchとAirPods Proがランニングに向いている特徴について解説していきますね。

Apple Watchがランニングに向いている3つの理由

Apple Watchがランニングに向いている理由は、以下の3つです。

1.好みのランニング記録アプリが使える

Apple Watch単体でもランニング記録アプリが使えます。

しかも、iPhoneにインストールできるアプリなら、基本的にどんなランニングアプリでも使えてしまいます。

 

いちまり
いちまり
ちなみに私は、Nike Run Clubを愛用!

 

帰宅した後はスマホにデータを同期可能。なので、ランニング中にスマホを持ち歩く必要がありません

計測できるデータは、平均ペース、走行距離、走行ルート、消費カロリー、スプリットなど最低限必要と思われるデータは基本的に保持できます。

2.音楽プレイヤーにもなる

スマホを持たなくても、Apple Watch単体で音楽を再生できるので、時計型音楽プレイヤーにもなります。

音量調整や曲のスキップもワンタッチで可能。

身軽な格好でランニングに出かけ、音楽を聴きながらランニングすると爽やかな気持ちになりますよ。

 

Apple WatchはiPhoneが無くても通信できるセルラーモデルと、通信できないGPSモデルとにわかれますが、GPSモデルでもあらかじめ同期しておいたApple Musicの音楽を聴くことは可能です。

3万円以内で購入できる廉価版のApple Watch Series 3でも可能なので、音楽を楽しみながら走りたいなら、入手しておくと幸福度が上がります。

 

3.操作が便利になる

Apple Watchさえあれば、確認したいことを全て手元だけで完結できるようになります。

天気、時間、走行距離、走行ペース、音楽の再生などなど…。

スマホをいちいち取り出してペースを確認したりするのって面倒ですよね。

 

時計一つの身軽な格好でランニングに出かけられ、スマホをポケットに入れたり、アームバンドでくくりつけたりしなくても良くなるので、手間が減ります。

 

いちまり
いちまり
Suicaを入れておけば、Apple Watchで自動販売機のドリンクだって変えちゃいます。

 

ディスプレイでささっと操作できるので、当たり前ですけどめちゃくちゃ便利です。

AirPods Proがランニングに向いている3つの理由

AirPods Proがランニングに向いている理由は、以下の3つです。

1.装着感が安定している

AirPods Proを装着して200km以上をランニングしていますが、これまでランニング中にAirPods Proが耳から外れたことはありません。

着地の衝撃があっても、安定したフィット感を誇っています。

 

仮に装着感が不安定だったとしても、3種のイヤーチップが備わっているので、自分のあったサイズに適宜変更が可能です。

ただし、私の場合汗が耳とイヤホンの間に溜まることがあるので、イヤホンを外して水分を拭くことがあります。

このようなAirPods Proを外した不意なタイミングで落とさないよう注意を払っています。

 

ちなみに、AirPods ProはIPX4等級の耐水性能を備えており、汗で濡れたり雨に当たったりしても故障する心配はありません。

IPX4等級の耐水性能とは
「あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない」耐水性能のことをいいます。

 

2.ワイヤレスだからケーブルが邪魔にならない

AirPods Proはワイヤレスイヤホン。ケーブルがないのでランニングの邪魔になりません。

ケーブルが体に当たるとノイズが発生したりするので、音楽の質も下がるんですよね。

 

よめ
よめ
それに、有線だった場合、スマホからケーブルが伸びていて、単純にカッコ悪いよね。

ケーブルに気を取られず、ストレスなくランニングに集中できます。

3.外部音声取り込み機能で危険を回避できる

AirPods Proには「ノイズキャンセリング機能」と「外部音取り込み機能」があります。

 

AirPods Proにはノイズキャンセリング機能は、魔法をかけたかのように外部音が遠くに聞こえるようになるので、音楽に没頭したい時などに最適ですが、

ランニング中は外部音取り込み機能が重宝されます。

なぜなら、外部音取り込み機能があることで、イヤホンをしながらも車の走行音など外部音をしっかり聞くことができるから。

 

後ろからくる車の走行音が聞こえないと、事故に巻き込まれてしまう可能性もありますよね。

そんなリスクを回避できる機能が搭載されているので、安心です。

ランニング中のApple WatchとAirPods Proの操作方法

ランニング中のApple WatchとAirPods Proの操作方法は、いたって簡単です。

ランニングアプリの起動

まずはApple Watchでランニングアプリの起動から。

Apple Watchのホーム画面から、ランニングアプリを起動します。

いちまり
いちまり
私の場合は「Nike Run Club」を利用しています。最初からインストールされているワークアウトやその他のアプリでも、もちろんOK!

 

次にアプリのスタートボタンを押すだけ。

たった2つの操作で計測開始できるので、とても便利です。

音楽の再生

ランニングアプリと同時に音楽再生するには、ディスプレイをサッっとスワイプして音楽の再生画面を表示します。

そして、再生ボタンを押すだけでOK。

もしスピーカーが接続されていない場合は、自動で接続画面が表示されるので、AirPods Proを選択していきましょう。

簡単な操作で、音楽再生とランニングの記録を両立することができますよ。

Apple WatchとAirPods Proの組み合わせが最強な理由まとめ

本記事では、「Apple WatchとAirPods Proの組み合わせが最強な理由」について書きました。

両デバイスは、どちらもApple製品であるため、接続がシームレス。

それでいて、そもそもランニングに向いている機能が多く搭載されているので、ランニング中には欠かせないアイテムです。

 

いちまり
いちまり
何も身に付けないでランニングするより、Apple WatchとAirPods Proを身に付けてランニングした方が幸福度が爆上がりしました!

 

短調にランニングを繰り返すのではなく、より近代的で、より楽しい時間を過ごすためにも、ランニング中に一度Apple WatchとAirPods Proを使ってみることをおすすめしますよ。