イヤホン・ヘッドホン

【Anker Soundcore Life P3レビュー】1万円以下でノイキャン&外部音取り込み搭載のカラバリ豊富な完全ワイヤレスイヤホン

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンを使い倒しているいちまりです。

 

自宅でリラックスしているときや屋外でランニングしているとき、音楽を楽しむため完全ワイヤレスイヤホンが欠かせません。

様々なメーカーがノイキャン&外部音取り込み機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンを発売していますが、その中でもAnkerの製品は価格面、性能面ともに高い評価を受けており、わたしもお気に入りです。

そんなAnkerから、新たにノイキャン&外部音取り込み機能が搭載された完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。

いちまり
いちまり
しかも、1万円以下!

 

それがこの「Anker Soundcore Life P3」です。

 

Amazonで売れ筋ランキング1位を獲得した「Anker Soundcore Life P2」の進化版で、他にも「ワイヤレス充電」「イヤホンを探す」に対応するなど、順当にパワーアップしています。

というわけで本記事では「【Anker Soundcore Life P3レビュー】1万円以下でノイキャン&外部音取り込み搭載のカラバリ豊富な完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

本記事でレビューするのはAnker Soundcore Life P3 オフホワイトです。
○ここが良い
  • 8,000円台で機能全部盛り
  • 値段の割に高級感ある外観
  • まずまずのノイキャン・外部音取り込み性能
  • ワイヤレス充電対応
  • イコライザーのカスタマイズ可能
×ここが残念
  • タッチセンサーの感度がよくない
  • 音の解像度がイマイチ
  • 装着センサー非搭載

Anker Soundcore Life P3の外観と付属品

Soundcore Life P3は耳の奥にイヤホンを入れる「カナル型」のワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Life P3の左右イヤホン外観

 

外観は上位機種にあたる「Soundcore Liberty Air 2 Pro」によく似たフォルムです。

Soundcore Liberty Air 2 ProとSoundcore Life P3の外観比較ネイビーがSoundcore Liberty Air 2 Pro、オフホワイトがSoundcore Life P3

違いといえば、Soundcore Liberty Air 2 Proはマッド加工であるのに対し、Soundcore Life P3はツルツルピカピカのプラスチックです。

 

いちまり
いちまり
プラスチックとはいえ、縁はメタルな加工されていて安っぽさは感じませんよ!

 

裏面には左右を示す「L」「R」のプリントが印字されていますが、少し見にくいかも。

Soundcore Life P3の裏面にはLRの印字

 

装着感は以下のとおり。耳にしっかり差し込むので、ランニング程度の多少の振動では全く外れません。

Soundcore Life P3の装着感

 

ケースは丸みある指輪ケースのような形状で、手の平にすっぽりと収まります。

Soundcore Life P3のケースは手の平にすっぽり収まる

 

ケースはつやが出ないように加工されており、指紋が目立たなくなっています。値段の割に高級感がありますね。

Soundcore Life P3のケースの外観

 

蓋はパカっと上に開くタイプです。

Soundcore Life P3の蓋は上にパカッと開く

 

イヤホン本体の重さは左右で10.5g、ケース収納時は60.8gと標準的な重さです。

Soundcore Life P3のイヤホンの重さは両耳10.5g
Soundcore Life P3はケース込み60.8g

付属品は前述のとおりイヤホンのほか、USB-A to C充電ケーブル、説明書、イヤーピースとなっています。

Soundcore Life P3の付属品
イヤーピースは、XS、S、M、L、XLの計5種です。

 

カラーは本記事で紹介しているオフホワイトのほか、ブラック、コーラルレッド、ライトブルー、ネイビーの計5種と豊富です。

いちまり
いちまり
他のイヤホンには無い、ユニークなカラーバリエーション!
オフホワイト

 

ブラック
コーラルレッド
ライトブルー
ネイビー

Anker Soundcore Life P3の比較レビュー

Ankerの同価格帯の完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」、「Soundcore Life A2 NC」と比較しながら、Soundcore Life P3の特徴を紹介していきます。

Soundcore Life P3の仕様
製品名 Soundcore Life P3 Soundcore Liberty Air 2 Pro Soundcore Life A2 NC
価格 ブラック:8,990円
ブラック以外:9,990円
12,980円 9,990円
ケースサイズ 5.29 x 6.09 x 3.10 cm 6.0 x 6.0 x 3.0 cm 7.5 × 6.0 × 3.0 cm
重さ イヤホン(両耳):10.5g
ケース込み:60.8g
イヤホン(両耳):10.0g
ケース込み:61.0g
イヤホン(両耳):12.0g
ケース込み:68.0g
ドライバー 11mm 11mm 11mm
防水規格 IPX5 IPX4 IPX5
通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth 5 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP
コーデック SBC / AAC SBC / AAC SBC / AAC
バッテリー イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大35時間
イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大26時間
イヤホン本体:最大7時間
充電ケース使用:最大35時間
充電 USB-C / ワイヤレス充電(Qi)対応 USB-C / ワイヤレス充電(Qi)対応 USB-C
ノイズキャンセリング
外部音取り込み
その他 イコライザー設定
ゲーミングモード
イヤホンを探す
睡眠モード
イコライザー設定
HearID
装着センサー
イコライザー設定

 

以下のリンクから読みたい項目にジャンプできます。

値段の割に効果あるノイキャンと外部音取り込み

Soundcore Life P3は、8,000円台にも関わらず「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」を搭載しています。

 

よめ
よめ
どのくらいの強さがあるのか気になるわね。
いちまり
いちまり
そう言うと思って、Ankerの同価格帯の機種と比較してみたよ!

 

Soundcore Life P3と比較した機種は、Soundcore Liberty Air 2 ProとSoundcore Life A2 NCです。

 

結果は以下のとおりとなりました。

ノイズキャンセリング性能比較

②Soundcore Liberty Air 2 Pro > ①Soundcore Life P3 ≒ ③Soundcore Life A2 NC

外音取り込み性能比較

②Soundcore Liberty Air 2 Pro > ①Soundcore Life P3 ≒ ③Soundcore Life A2 NC

ぶっちゃけ3機種ともどんぐりの背比べ状態で大きな差はありませんが、ノイキャン・外部音取り込み機能ともに、Soundcore Liberty Air 2 Proがわずかにリードしていました。

とはいえ、Soundcore Life P3のノイズキャンセリングでも、控えめではありますが人の声や車の走行音を抑制する効果がありました。

 

一方、外部音取り込み機能も、一定の効果はあります。

ランニング時にONにすることで、車の走行音が聞こえるようになり、危険を察知しやすくなりました。

ただし、音楽の音量が大きすぎると外部音取り込み機能をONにしていても効果が薄れるので、併せて音量も調整する必要がありますね。

 

なお、ノイキャンには「交通機関/屋内/屋外」、外部音取り込み機能には「全ての外音/音声フォーカス」というシーンに合わせたモードがありますが、

いずれもそれほど大きな変化はありません。

モード設定時の画面

 

Soundcore Life P3のノイキャン・外部音取り込み機能の性能は「すごい強いとは言い難いが、シーンに応じてONにすれば役立つのは間違いない」という感じでした。

迫力ある重低音だが音の解像感がイマイチ

Soundcore Life P3は、初期設定では迫力ある低音が脳内にズンズン響く音質。かなり低音が強めです。

口径11mmのドライバがダイナミックな音を奏でてくれます。

 

いちまり
いちまり
ロックやポップスに合ったイヤホンといえますね!

 

しかしながら、全体的な音の解像感はSoundcore Liberty Air 2 Proの方が明らかに上。

特に中音域から高音域の解像感はSoundcore Liberty Air 2 Proには敵わないですね。

またSoundcore Life A2 NCの方がパキッとしたメリハリある音質となっており、Soundcore Life P3が決して特出した音質とはいえません

 

とはいえ、8,000円台という値段を考慮すると及第点。

また、専用アプリを使えばイコライザーをカスタマイズでき、ある程度自分好みの音質に設定可能です。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 

 

いちまり
いちまり
あらかじめ21種のプリセットが用意されているので、設定も楽ちん。
プリセットの一覧

なお、Soundcore Liberty Air 2 Proが対応していたHearID機能には対応していません

HearID機能とは
聴覚検査の要領でテストすると、聞こえ方に適したイコライザーを自動で設定してくれる機能のことです。

この辺りは上位機種Soundcore Liberty Air 2 Proとの差別化が図られていますが、プリセットから手軽に設定できるので、特に気になりませんでした。

ユニークな「ゲーミングモード」「イヤホンを探す」「睡眠モード」機能

Soundcore Life P3は、イヤホンには珍しい以下の3つのモードを搭載しています。

  • ゲーミングモード
  • イヤホンを探す
  • 睡眠モード

アプリからゲーミングモードをONにすると、映像や音声のズレを低減したり、ゲーム内のアクション音や足音などを強調したりできます。

日頃からイヤホンを使ってゲームをプレイする人におすすめの機能です。

 

イヤホンを探す機能は、Bluetoothの接続可能範囲にイヤホンがあれば「ピー」っというモスキートーンのような音が鳴ります。

音量は控えめなので、屋内で、かつ無音であればどこにあるか探しやすくなるかもしれませんが、外だと探すのは難しいかもしれません。

欲を言えば、マップの表示にも対応して欲しかったところですね。

 

睡眠モードは、鳥のさえずりや川のせせらぎなど、リラックス効果のあるサウンドを再生できます。

いちまり
いちまり
しかもタイマー付き。

電車の長距離移動で仮眠を取りたいときや、休憩中に使うと寝つきが良くなりそうです。

タッチセンサーの感度が悪い

Soundcore Life P3は、両耳のイヤホンに備わっているタッチセンサーで操作できます。

Soundcore Life P3はタッチセンサー式

 

デフォルトの操作方法
  • 右イヤホン2回タップ:再生 / 一時停止、受話 / 一旦保留し新規着信応答
  • 左イヤホン2回タップ:曲送り、受話 / 一旦保留し新規着信応答
  • 右or左イヤホン2秒長押し:モード切替え、着信拒否 / 通話終了、保留中通話通話との切替え
アプリから「シングルタップ」をONすれば、1回タップの操作を追加できるようになり、操作のバリエーションが増えます。

 

個人的にセンサーでの操作は誤作動を起こす場合があるのであまり好きではありませんが、Soundcore Life P3も例に漏れず操作感は微妙な仕上がり。

 

特に気になるのが、正常にタッチが認識されても、反応するまでにコンマ何秒か時間がかかるということ。

いちまり
いちまり
使いはじめの頃は、反応されるまでの時間のズレが少しストレスでしたね。

 

また、そもそも反応しない時もありました。

タッチセンサーの感度はいまいちですが、アプリから操作方法を自由に設定変更できるなど、ユーザーへの利便性アップが図られている点は評価すべきポイントですね。

優秀なバッテリー性能とワイヤレス充電対応

Soundcore Life P3、Soundcore Liberty Air 2 Pro、Soundcore Life A2 NCのバッテリー性能を比較してみました。

Ankerのワイヤレスイヤホン バッテリー性能比較
Soundcore Life P3 Soundcore Liberty Air 2 Pro Soundcore Life A2 NC
再生可能時間(イヤホン単体) 最大7時間 最大7時間 最大7時間
再生可能時間(バッテリー込み) 最大35時間 最大26時間 最大35時間
10分充電 約2時間再生 約2時間再生 約1.5時間再生
ワイヤレス充電 ×

 

Soundcore Life P3は、イヤホン単体で最大7時間、ケースによる充電で最大35時間使用可能です。

かつ、10分の充電2時間使用できます。

 

同一価格帯のイヤホンを比較しても、バッテリー性能は最高峰であることが伺えます。

 

加えて、ワイヤレス充電も可能。Qi対応の充電パッドさえあれば、手軽にサッと充電できます。

Soundcore Life P3はワイヤレス充電対応

 

 

有線での充電には、最近のデバイスでは標準的となっているUSB-Cを使用。

Soundcore Life P3はUSB-Cで充電

 

ケースのLEDランプから、どれくらい充電されたかチェックすることもできますよ。

バッテリー残量 LEDランプの状態
〜30%未満  ● ○ ○(1つ目が点滅)
30%〜70%未満  ● ● ○(2つ目が点滅)
70%〜99%  ● ● ●(3つ目が点滅)
100%  ● ● ●(全て点灯)

日常生活で苦労しない優秀な防水性能

Soundcore Life P3、Soundcore Liberty Air 2 Pro、Soundcore Life A2 NCの防水規格を比較してみました。

Ankerのワイヤレスイヤホン 防水規格比較
Soundcore Life P3 Soundcore Liberty Air 2 Pro Soundcore Life A2 NC
防水規格 IPX5 IPX4 IPX5

 

Soundcore Life P3の防水性能はIPX5と優秀です。

IPX5とは
「噴流水に当たっても有害な影響を及ぼさない」とされており、シャワーの水を浴びても、流水で洗っても問題ない防水規格です。ただし、水没は厳禁です。

 

いちまり
いちまり
上位機種の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」の防水規格を上回りますよ!

 

前作のSoundcore Life P2はIPX7とさらに優秀な防水性能を誇っていましたが、とはいえ、IPX5でも日常生活では十分。

降雨中のランニングや汗、その後のシャワーで使う分には全く問題ありません。

Soundcore Life P3の評価

外観
フィット感
高音域
中音域
低音域
ノイキャン
外部音取り込み
総合評価

Anker Soundcore Life P3はこんな人におすすめ!

Soundcore Life P3は「スペックはそこそこに、1万円以下で全部盛りの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人」または「人とは違うカラーのイヤホンが欲しい人」におすすめです。

 

Soundcore Life P3は、8,000円台という価格帯を考えると豊富な機能を備えています。

ノイキャン、外部音取り込み、ワイヤレス充電など利便性の高い機能が搭載されているほか、イヤホンを探す機能、睡眠モードなど、かゆいところに手が届く機能も搭載。

安価に機能全部盛りの完全ワイヤレスイヤホンを使いたい人おすすめです。

 

また、コーラルレッドやライトブルーなど、他のイヤホンにはない珍しいカラーがラインナップされているので、

周りの人と色が被りたくない人にもおすすめのイヤホンです。

Anker Soundcore Life P3のレビューまとめ

本記事では「【Anker Soundcore Life P3レビュー】1万円以下でノイキャン&外部音取り込み搭載のカラバリ豊富な完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Anker Soundcore Life P3は8,000円台で、まずまず優秀なノイズキャンセリングと外部音取り込み機能を備えた完全ワイヤレスイヤホン。

 

値段の割に高級感もあり、スペックはそこそこに、1万円以下で全部盛りの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人におすすめのイヤホンとなっています。

 

いちまり
いちまり
エントリーモデルながら、満足度の高いイヤホンに仕上がっていました!
○ここが良い
  • 8,000円台で機能全部盛り
  • 値段の割に高級感ある外観
  • まずまずのノイキャン・外部音取り込み性能
  • ワイヤレス充電対応
×ここが残念
  • タッチセンサーの感度がよくない
  • 音の解像度がイマイチ
  • 装着センサー非搭載