イヤホン・ヘッドホン

【SOUNDPEATS TrueWingsレビュー】外部音取り機能付きで5千円以下!コスパに優れたスポーツイヤホンの性能や如何に?

スポーツに最適なイヤホンを日々探しているいちまりです。

ランニングをする際、使用するイヤホンに備わっていると便利なのが「イヤーフック」と「外部音取り込み機能」です。

イヤーフックがあると落下防止になりますし、外部音取り込み機能があると接近してくる車や人の音に気がつくことができ、万が一の事故を防ぐことができます。

 

いちまり
いちまり
ただ、その両方を備えているイヤホンって世の中にあまり流通していないんですよね…。

 

ところが、5,000円以下というコスパの良さでイヤーフックと外部音取り込み機能の両方を備えたワイヤレスイヤホンが登場しました。

 

それがこの「SOUNDPEATS TrueWings」です。

よめ
よめ
5千円以下でも外部音取り込み機能って実装できるのね!
いちまり
いちまり
実際に使ってみた感想をこれから紹介するよ!

 

というわけで本記事では「【SOUNDPEATS TrueWingsレビュー】外部音取り機能付きで5千円以下!コスパに優れたスポーツイヤホンの性能や如何に?」について書いていきます。

SOUNDPEATS TrueWingsの外観と付属品

SOUNDPEATS TrueWingsは、5,000円以下の値段でありながら外部音取り込み機能を備たイヤーフック型ワイヤレスイヤホンです。

イヤーフック型ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS TrueWings」

 

特製イヤーフックにより、耳へのフィット感が抜群。

耳に装着しやすく、簡単に曲げられます。柔軟な素材なので折れたり切れたりする心配はありません。

SOUNDPEATS TrueWingsは特製素材により曲げるイヤーフック

 

イヤホンの表面には「SOUNDPEATS」のロゴがさりげなくあしらわれています。

 

いちまり
いちまり
黒を基調としたデザインの上に、あえて黒字のロゴをのせたのがおしゃれ!
SOUNDPEATS TrueWingsはロゴがおしゃれ

 

イヤホン自体は、耳の奥に入れ込んで装着します。カナル型イヤホンのように耳に刺さる形でフィットします。

SOUNDPEATS TrueWingsはカナル型イヤホンのように使用

 

イヤーフックが耳をホールドするので運動中でも外れることはありません。

SOUNDPEATS TrueWings装着の様子

 

イヤホンの裏側には、左を示す「L」と右を示す「R」の文字が印字されていますが、黒地に黒表示、かつ文字が小さいので若干見えにくいです。

とはいえ、イヤーフックの形状で左右どちらのイヤホンか一目瞭然です。

SOUNDPEATS TrueWingsの裏側

 

重さは片耳約9.2g両耳18.4gです。

イヤーフックなしのイヤホンと比較すると当然重いですが、耳にしっかり固定されるので、重さはさほど感じません。

SOUNDPEATS TrueWingsは片耳9.2g、両耳18.4g

 

再生時間は、イヤホン単体で最大4時間

マラソン並みの長距離をランニングするには若干物足りなさも感じますが、付属の充電ケースを合わせて使うと最大22時間の再生が可能です。

SOUNDPEATS TrueWingsはイヤホンで最大4時間、ケース付きで最大22時間のバッテリー

 

充電ケースはプラスチックでできた石鹸ケースのような形状。

表面に「SOUNDPEATS」の文字が印字されている以外は、余計な印字が一切がないシンプルデザインです。

SOUNDPEATS TrueWingsのケースはプラスチック素材で石鹸ケースのよう

 

ケースは成人男性の手の平ほどの大きさで、かなり大きめです。

SOUNDPEATS TrueWingsのケースは男性片手の平ほどの大きさ

 

AirPods Proのケースと比較すると幅も厚みもあります。

SOUNDPEATS TrueWingsのケースはAirPods Proの3倍ほどの大きさ
いちまり
いちまり
SOUNDPEATS TrueWingsのケースの中にAirPods Proが3つくらい入りそう。

とはいえ、イヤーフックが丸ごと収納されるので致し方ない部分ではありますね。(それにしても少し大きい気はしますが…。)

 

ケースの重さは68.1g。大きさはありますが、プラスチック素材なので比較的軽く仕上がっています。

SOUNDPEATS TrueWingsのケースは68.1g

 

充電は、他のデバイスと汎用性が高いUSB-C対応です。

他のケーブルとも併用可能なのが嬉しいところですよね。

SOUNDPEATS TrueWingsの充電はUSB-C対応

なお、満充電にするには2.5時間の充電が必要です。

 

充電するときは、イヤホンとケースに付いているそれぞれのマグネットが吸い付くようにくっつきます。

イヤーフックがついているため収納に手間取るかと思いましたが、このマグネットのおかげでサッと簡単に収納することができるようになっています。

SOUNDPEATS TrueWingsにはマグネットが付いており簡単収納
SOUNDPEATS TrueWingsのケースにはマグネットが付いており簡単収納

なお、残念ながらワイヤレス充電には対応していません

 

付属品はイヤホンとケースの他に、充電用USB-C to USB-Aケーブル、イヤーピース3種(S、M、L)、説明書となっています。

SOUNDPEATS TrueWingsの付属品
充電アダプターは付いていませんので、別途ご用意ください。

 

説明書はもちろん日本語に対応しています。

SOUNDPEATS TrueWingsの日本語説明書

SOUNDPEATS TrueWingsの性能

SOUNDPEATS TrueWingsは以下の性能を備えています。

TrueWingsの性能
製品名 SOUNDPEATS TrueWings
Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
最大通信距離 10m(障害物なし)
防水レベル IPX7
操作方法 タッチセンサー式
ノイズキャンセリング ×
外部音取り込み機能

 

防水レベルはIPX7で、高レベルの耐水性能を誇っています。

IPX7とは
水面下15cm〜1mの水に30分間水没していても内部に浸水することがない防水性能のこと

雨に濡れようがイヤホンをしたままシャワーを浴びようが、全く問題ないのでスポーツに適したイヤホンといえます。

 

操作はタッチセンサー式で、ちょうどイヤホンのロゴの部分にセンサーがあります。

SOUNDPEATS TrueWingsはタッチセンサー操作

操作方法は次のとおりです。

  • 再生/一時停止:右イヤホン素早く2回タッチ
  • 音量プラス:右イヤホン1回タッチ
  • 音量マイナス:左イヤホン1回タッチ
  • 次の曲にスキップ:右イヤホンを1.5秒ロングタッチ
  • 前の曲にスキップ:左イヤホンを1.5秒ロングタッチ
  • 着信受話・終了:右イヤホン2回タッチ
  • 着信拒否:右イヤホン1.5秒ロングタッチ
  • Siri/Google起動:素早く3回タッチ
  • 外部音取り込み機能:左イヤホンを素早く2回タッチ

 

センサーの感度は良いのですが、タッチ回数によって挙動が変わることもあり、誤作動がたまに起こります(私の操作方法が悪いのかもしれません…)

精度の高さは物理ボタンに敵いませんが、その分スマートなデザインに仕上がっています。

 

TrueWingsはノイズキャンセリング機能はありませんが、外部音取り込み機能を備えています。

 

いちまり
いちまり
5,000円以下で外部音取り込み機能を搭載しているのはすごい!

 

私にとってAirPods Proで初体験し、感動した外部音取り込み機能。

TrueWingsではどう感じるのか意気揚々と使ってみたんですが、AirPods Proと比較すると、外部音取り込み機能を起動した時と起動していない時で大きな違いを感じませんでした…。

 

いちまり
いちまり
AirPods Proとの価格差を考えると致し方ないところではありますね。

 

厳密にいうと、音楽を止めた状態で外部音取り込み機能を起動すると、ごくわずかに外の音が聴きやすくなります。

ただし、音楽を再生した状態だと、外部音取り込み機能が起動した状態なのかどうか分からないほどの違いでした。

 

また、外部音取り込み機能が起動すると若干ではありますがホワイトノイズが乗ります。

 

というわけ総合すると、TrueWingsの外部音取り込み機能に大きな期待は寄せてはいけないというのが正直な感想ですね。

とはいえ、5,000円という低価格帯で外部音取り込み機能を実現したことは評価できますし、この価格帯では音質も十分だと思いますので満足できる製品であることに間違いはありません。

SOUNDPEATS TrueWingsの音質

SOUNDPEATS TrueWingsは、13.6mmのドライバーユニットにより、パワフルな低音が特徴です。

TrueWingsの音性能
製品名 TrueWings
搭載ドライバー Φ13.6mmバイオセルロース振動板ドライバー
対応コーデック SBC、AAC(iOSのみ)

 

試しに以下の曲を聴いて音質をチェックしてみました。

  • YOASOBI「夜にかける」
  • 宇多田ヒカル「あなた」
  • ビリー・アイリッシュ「bad buy」

 

「夜にかける」はドラム、ベースの音がガンガン耳にひびきます。いわゆるドンシャリ系です。

ボーカルの声もクリアに聞こえますが、ときにドラム、ベースの音がそれを上回る存在感でした。

「あなた」についても、宇多田ヒカルの声やオーケストラの繊細さ、音の広がりを感じるというよりも、やはり低音が目立つ印象。

「bad buy」は脳に響くような低音でしたが、中音域もクリアに聞こえました。

 

全体的にこもりがちな印象も受けますが、5,000円以下という値段を考えると、十分な音質だと思います。

特にスポーツ中なら高い解像度の音を求めないので、SOUNDPEATS TrueWingsで問題なく音楽を楽しむことができます。

強いていうなら体の中から響くような低音が好きな人にはおすすめのイヤホンです。

 

いちまり
いちまり
iPhoneなどのiOSに対応している高音質コーデック「AAC」に対応しているのもポイント!

SOUNDPEATS TrueWingsのペアリング方法

SOUNDPEATS TrueWingsのペアリング方法はいたって簡単。数分で完了します。

  • STEP1
    ペアリングモード
    ケースの蓋を開け、イヤホンを取り出すと自動でペアリングモードになります。

    SOUNDPEATS TrueWingsのペアリングモード
  • STEP2
    Bluetoothの接続設定
    Bluetoothの設定画面を開きます。

     

    「SOUNDPEATS TrueWings」の表示があるので、タップします。

  • STEP3
    接続完了

    「接続済み」になれば接続完了です。

SOUNDPEATS TrueWingsのペアリング方法は、以上です。

一度ペアリングを完了させておけば、次からはケースからイヤホンを取り出し、耳に装着するだけで自動で接続されます。

SOUNDPEATS TrueWingsの評判・口コミ

SOUNDPEATS TrueWingsユーザーからの評判・口コミをTwitterから集めてみました。

外部音取り込みが便利、装着感・音質が良いという口コミがありました。

SOUNDPEATS TrueWingsレビューまとめ

本記事では「【SOUNDPEATS TrueWingsレビュー】外部音取り機能付きで5千円以下!コスパに優れたスポーツイヤホンの性能や如何に?」について書きました。

SOUNDPEATS TrueWingsは、運動でも落下しにくいイヤーフックがついたワイヤレスイヤホン。

5,000円と安価ながら、外部音取り込み機能やIPX7の防水性能を備えているなどスポーツに適しています。

 

外部音取り込み機能の精度はそれほど良くありませんが、値段を考慮すると及第点。

音質も悪くなく、コスパに優れた製品といえますよ。