スポーツマスク

【UAスポーツマスクフェザーウエイト レビュー】軽さ&フィット感が劇的に進化したパフォーマンスマスク【アンダーアーマー】

アンダーアーマーの「UAスポーツマスク」を愛用しているいちまりです。

 

今やエチケットの問題で、人が多いところでは身に付けることが必須になっている屋外ランニング中のマスク。

外観と優れた呼吸のしやすさに惚れ、UNDER ARMOURアンダーアーマーUAスポーツマスクを愛用していたのですが、

更なる軽量化が施され、抜群にフィット感がアップしたパフォーマンスマスクが登場しました。

 

それがこの「UAスポーツマスクフェザーウエイト」です。

UAスポーツマスクフェザーウエイトの外観

前作UAスポーツマスクから40%も軽量化されているほか、ノーズブリッジが鼻から頬にかけてピタッとフィットするので、激しい運動をしてもずれにくくなっているんです。

 

いちまり
いちまり
実際に使ってみたけど、わたしが装着してきたマスク史上No1のフィット感でした!

 

というわけで本記事では「【UAスポーツマスクフェザーウエイト レビュー】軽さ&フィット感が劇的に進化したパフォーマンスマスク【アンダーアーマー】」について書いていきます。

○ここが良い
  • フィット感抜群
  • エアーポケットで呼吸しやすい
  • 軽い
×ここが残念
  • 耳紐がやや貧弱
  • 手洗いが必要。洗濯機は不可

アンダーアーマーUAスポーツマスクフェザーウエイトの概要

では早速、UAスポーツマスクフェザーウエイトの概要を説明していきますね。

以下のリンクから読みたい項目にジャンプできます。

外観と機能性

UAスポーツマスクフェザーウエイトは、ストレッチ性のある生地がドーム型に形取られています。

UAスポーツマスクフェザーウエイトの装着感

 

鼻を覆うマスク上部にはワイヤーが埋め込まれ、鼻筋の形に合わせて自由に曲げることが可能です。

ワイヤーを深く曲げたとき
UAスポーツマスクフェザーウエイトはノースブリッジが自由に曲がる

 

鼻に当てる部分の裏側には、柔らかいスウェード調の生地が採用され、鼻からマスクが滑り落ちないよう工夫されています。

UAスポーツマスクフェザーウエイトの鼻の裏側にはスウェード調の生地

 

前作から大きく変化したのが、マスクの「薄さ」。

前作は悪くいうとクッションのような厚さがあったのですが、UAスポーツマスクフェザーウエイトは半分以下の厚さになっています。

UAスポーツマスクフェザーウエイトとUAスポーツマスクの生地比較左側が今作UAスポーツマスクフェザーウエイト、右側が前作UAスポーツマスク

それでいて、型崩れしない丈夫な作りです。

いちまり
いちまり
前作のゴワゴワ感が全くなくなって、すっきりしました!

 

重さは、前作が実測で19.7gだったのに対し、今作UAスポーツマスクフェザーウエイトは11.3g

UAスポーツマスクフェザーウエイトの重さは11.3g

40%以上も軽量化されており、その分、マスクが重力に負けて顔からずれ落ちることがなくなっています。

 

肌に触れるマスク裏面は「アイソチル」というアンダーアーマー独自の技術を採用し、熱をすばやく拡散し、涼しさを持続させる特徴があります。

UAスポーツマスクフェザーウエイトは「アイソチル」により涼しい

 

マスク左下の部分にはシルバーのロゴがあしらわれています。

UAスポーツマスクフェザーウエイトのロゴマークの外観

 

いちまり
いちまり
キラッと輝くロゴマークが素敵!

 

外側の生地は撥水はっすい加工が施されており、水を弾きます。

雨が降っている時でも使えますし、同時に、湿気をマスク内に通過させないという特徴があります。

 

前作同様、顔にあてがう部分と比べると、耳回りの生地はやや貧弱ですね。

UAスポーツマスクフェザーウエイトの耳紐はやや貧弱

柔らかく伸縮性があるので使用感は良好なんですが、洗うと丸まってしまうので、改良してほしかったのが正直なところ。

 

とはいえ、前作からは「軽さ」「薄さ」「フィット感」が大幅に改善され、使用感が抜群に良くなりました。

 

なお、前作UAスポーツマスクでは収納ポーチが付属していましたが、今作UAスポーツマスクフェザーウエイトでは付属していません。

その代わり、定価ベースで330円ほど安価になっています。

カラー

カラーリングは4種ですが、前作UAスポーツマスクが9種と豊富だったので、徐々に追加されるのではないかと想定されます。

ブラック
ネイビー
グレイ
ポラリス

サイズと選び方

サイズは前作UAスポーツマスク同様、5種類あります。

  1. XS/SM:小さめ(女性・子どもにおすすめ)
  2. SM/MD:やや小さめ(女性・子どもにおすすめ)
  3. MD/LG:ふつう
  4. LG/XL:やや大きめ
  5. XL/XXL:かなり大きめ

 

よめ
よめ
5種類もあると、どのサイズが適しているのかわからなくて困っちゃうのよね…。
いちまり
いちまり
アンダーアーマー公式サイトからサイジングガイドが公表されているので、参考にしよう!

 

自分の鼻筋の中心から耳の中心までの長さを計測し、サイジングガイドに照らし合わせれば、自分に合ったサイズを見つけることができます。

いちまり
いちまり
ポイントは「鼻先」から耳の中心ではなく、「鼻筋」から耳の中心までを測るということ。間違えないように!

 

わたしはこのサイジングガイドを参考にLG/MXサイズを購入。見事にピッタリのサイズ感でした。

実は、前作のUAスポーツマスクでは、サイジングガイドどおりにLG/MXサイズを購入したところ「鼻がマスクに収まらない」でも「横幅はちょうど良い」という微妙なサイズ感だったんですよ。

1つ大きいXL/XXLサイズだと「横幅が長すぎる」という問題が。

 

前作では「LG/MX」と「XL/XXL」の中間サイズが欲しい…!という状態だったんですけど、今作に限っては、サイジングガイドどおりでぴったりだったんですよね。

なので、前作ではサイジングガイドどおりでフィット感がいまいちだったとしても、今作では、サイジングガイドどおり選択するのが無難だと思いますよ。

いちまり
いちまり
迷ったら大きめのサイズを選ぶことが基本です!

アンダーアーマーUAスポーツマスクフェザーウエイトのレビュー

では、UAスポーツマスクフェザーウエイトを実際に使ってみたのでレビューしていきます。

以下のリンクから読みたい項目にジャンプできます。

前作UAスポーツマスクの欠点が大幅に改善

UAスポーツマスクフェザーウエイトを装着した第一印象が「前作UAスポーツマスクと全くの別物になってる…!」ということ。

UAスポーツマスクで不評だった部分が、下記のとおり大幅に改善されていました。

  • 重い➡️40%軽量化
  • 暑苦しい➡️生地が薄くなり涼しい
  • ゴツくて普段は着けにくい➡️生地が薄くなりスタイリッシュに
  • サイズが合わない➡️鼻・顎のとんがり部分が顔にフィットしやすい

特に軽くなったことにより、運動中でもマスクが動きにくくなり、顔にしっかりフィットするようになりました。

ノースブリッジは、鼻から頬にかけて、その人の顔の形に合ったカーブをしっかり作ってくれるので、隙間ができにくくなったこともポイントです。

 

前作と比較しても、さらにストレスなくマスクを装着できるようになりましたよ。

いちまり
いちまり
劇的に進化しており、ランニングではヘビーロテーションしてます!

エアーポケットでランニング中も呼吸しやすい

鼻から口にかけて、マスク内にエアーポケットができるので、激しく息を吸い込んでもマスクが顔に吸い付きません。

机の上に置くとよくわかりますが、膨らんだマスクが潰れてしまうことがないんですよね。

UAスポーツマスクフェザーウエイトに空気のドームが

 

いちまり
いちまり
空気のドームができてます!

この空気のドームがあるおかげで、運動中でも呼吸がしやすくなっています。

前作よりもマスクが薄いので、それほど暑苦しさも感じません

よめ
よめ
前作は生地が厚い分、若干の息苦しさがあったのよね…。

 

アンダーアーマー独自の「アイソチル」テクノロジーの効果は良好で、マスクの生地が肌に触れたとき、熱を素早く吸収し発散してくれるので、ほんのり冷感を感じることができます。

いちまり
いちまり
夏のランニングでも問題なくマスクを着用できました。

1枚約3千円とやや高額

前作UAスポーツマスクより若干安価になったとはいえ、1枚あたり2,970円(税込)と高額なんですよね。

なかなか手が出せない値段ではありますが、

付け心地が抜群に良く、欠点といえば、手洗いが必要なことと耳紐がやや貧弱なことくらいなので、1枚は持っておいて損はないですよ。

普段使いはもちろん、ランニングや筋トレなど、運動中にも重宝します。

UAスポーツマスクフェザーウエイトの評価

外観
呼吸のしやすさ
蒸れやすさ
フィット感
総合評価

アンダーアーマーUAスポーツマスクフェザーウエイトの洗い方

UAスポーツマスクフェザーウエイトは残念ながら洗濯機で洗濯することはできません。

なぜなら、ノーズワイヤーが折れてしまう可能性があるからです。

ただし、手洗いで繰り返し使うことは可能です。

実際に手洗いしてみましたので、その手順を画像付きで紹介します。

  • STEP1
    洗面器に洗剤を入れマスクを浸す

    洗面器に水と規定量の衣料用洗剤を入れ、マスクを浸して10分間放置しましょう。

    UAスポーツマスクフェザーウエイトの洗い方
  • STEP2
    押し洗いする

    10分経ったら、優しく10回ほど押し洗いしましょう。

    「押し洗い」とは、手洗いの方法の一つで、洗面器などに入れた洋服を両手で押したり離したりして洗う方法です。
    服や生地同士をゴシゴシこすりつける「もみ洗い」ではないので注意しましょう。

    このとき、口紅やファンデーションなどの気になる汚れは、マスクを洗剤に浸した状態で、
    手やスポンジで優しくたたき洗いしましょう。

  • STEP3
    水切りをする
    マスクを洗剤液から取り出し、両手ではさんで押しながら水気を切りましょう。

    このとき、マスクのノーズブリッジ部分は軽く水気を切り、折ってしまわないように注意しましょう。

  • STEP4
    すすぎ洗いをする
    洗面器に水を入れ、水の中でマスクを振りながら十分にすすぎましょう。

    洗剤が取れるまで、水を入れ替え、数回繰り返しましょう。

    UAスポーツマスクフェザーウエイトのすすぎ方
  • STEP5
    水気を拭き取る
    清潔なタオルでマスクをはさみ、両手でそっとたたいて水気を取りましょう。

    UAスポーツマスクフェザーウエイトの水気を拭き取る様子
  • STEP5
    洗濯バサミで干す
    最後に干して完了です。

    UAスポーツマスクフェザーウエイトの干し方

    このとき、耳紐をはさんで干してしまうと、紐が伸びてしまう可能性があるので、注意が必要です。

アンダーアーマーUAスポーツマスクレビューまとめ

本記事では「【UAスポーツマスクフェザーウエイト レビュー】軽さ&フィット感が劇的に進化したパフォーマンスマスク【アンダーアーマー】」について書きました。

UAスポーツマスクフェザーウエイトは、前作から「軽さ」「薄さ」「フィット感」が大きく改善したパフォーマンスマスクでした。

 

前作はサイズ選びにも苦労しましたが、今作はサイジングガイドどおりに選んでおけば、問題ないという評判・口コミが多数です。

 

機能性の面では、これ以上改善点が見当たらないのでは…と思えるほど完成度の高いマスクに仕上がっています。

○ここが良い
  • フィット感抜群
  • エアーポケットで呼吸しやすい
  • 軽い
×ここが残念
  • 耳紐がやや貧弱
  • 手洗いが必要。洗濯機は不可