スポーツマスク

【面長必見】失敗しないアンダーアーマーのマスクサイズの選び方を2サイズ購入した私が解説!

顔が大きくてマスク選びに苦労しているいちまりです。

このご時世、外のランニングでもマスクは必須。

わたしが愛用しているのは、数あるスポーツマスクの中でも特にデザインがかっこ良く、アスリートから注目を浴びているUNDER ARMOURアンダーアーマーのスポーツマスクです。

ところがこのマスク、サイズ選びが難しい。

実際わたしはサイズ選びに失敗し、LG/XL、XL/XXLの2種類のサイズを購入する羽目になってしまいました…。

アンダーアーマーのマスクはサイズ選びが難しい

 

よめ
よめ
お金の無駄遣いしないでよ!
いちまり
いちまり
ご、ごめんなさい!そんなつもりじゃなかったんだけど…。

 

サイズ選びが難しい理由の一つが、マスクのサイズが5種類と豊富なこと。

アンダーアーマーのマスクサイズ
  1. XS/SM
  2. SM/MD
  3. MD/LG
  4. LG/XL
  5. XL/2XL

 

加えて、鼻や顎の位置があらかじめ定まっており、型崩れしないしっかりとした作りであるがゆえに、位置の微調整ができないんですよね。

 

いちまり
いちまり
サイズ選びに失敗すると、ごまかしが効かないんです…。

 

本記事では、わたしのようにサイズ選びを失敗してほしくないので「【面長必見】失敗しないアンダーアーマーのマスクサイズの選び方を2サイズ購入した私が解説!」について書いていきます。

まずは公式サイジングガイドでサイズを確認

アンダーアーマーのマスク

アンダーアーマーマスクのサイズ選びに一番大事なことは、自分の顔のサイズを正しく測り、公式サイトのサイジングガイドと比較することです。

 

引用:UNDERARMOUR公式サイト

注意すべきは、測定する長さは「鼻さき」ではなく、「鼻すじの中心」から「耳の中心」までであるという点です。

丸顔の人は、サイジングガイドのサイズをそのまま選んでも問題ないでしょう。

 

ただし、面長の人はサイジングガイドを基にサイズを選んでしまうと「横」の長さが足りていても、鼻先から顎先まで、つまり「縦」の長さが足りない場合があります。

 

いちまり
いちまり
わたしは17cmだったからLG/XLサイズを選んだのに、鼻から顎までがマスクに収まりきらず、サイズ選びに失敗してしまったんです…。

面長の人はサイジングガイドだけでサイズを選んではいけない

わたしの経験上、面長の人はサイジングガイドだけを参考にサイズを選んではいけません。

面長の人がサイズ選びに失敗してしまう理由と、その対策を順を追って説明していきますね。

面長の人がサイズ選びに失敗する理由

アンダーマスクのサイズ選びに失敗しがちなのは、面長の人です。

なぜなら、アンダーアーマーのマスクには以下の特徴があるからです。

  1. 鼻と顎の位置が決まっている
  2. 生地が厚く立体的な作りになっている

 

アンダーアーマーのマスクは、どのサイズにおいても鼻と顎の位置が決まっており、尖った形状をしています。

 

このとんがりの位置がピタッと自分の位置にはまるかどうかが、サイズ選びに重要です。

ピタッとはまらないと違和感を感じる原因になります。

 

いちまり
いちまり
尖った部分が鼻と顎にフィットしていないと外見もかっこ悪いんですよね…。

 

また、アンダーアーマーのマスクは他のマスクより生地が厚く、立体的な作りになっているのもポイントです。

しっかり作り込まれているがゆえに、生地を伸ばしたりすることが難しく、部分的な位置調整ができません

 

面長の人の場合、つまり「鼻から顎までの長さ」が長い人の場合、耳紐の長さはぴったりでも顔が収まりきらないため、サイズジングガイドでサイズを選んでも顔にフィットしないという結果になってしまうんです。

 

ただ残念なことに、マスクの鼻先から顎先までの長さは公式サイトに記載されていないんですよね。

わたしの顔面のサイズは以下のとおりですが、「鼻から顎までの長さ」は11cmで、XL/XXLサイズで鼻と顎がしっかり覆い隠せました。

わたしの顔面の特徴
  • 顔が大きい
  • 面長
  • ユニクロのAIRismマスクならギリギリLサイズ
  • 鼻筋の中心から耳の中心:17cm
  • 鼻先から顎先:11cm

 

それぞれのサイズの装着感は以下のとおりです。

LG/XLサイズ
アンダーアーマーマスクLG/XL顎に合わせて身に付けると、鼻が出そうになる
XL/XXLサイズ
アンダーアーマーマスクXL/XXL顎に合わせて身に付けても、鼻がしっかり隠れる

 

写真だとわかりにくいかもしれませんが、装着した感覚としては、サイジングガイドのLG/XLサイズだと鼻のフィット感が不十分でした。

面長の人は用途に応じてサイズを選ぼう

面長の人は、用途に合わせてサイズ選びすることをおすすめします。

具体的には以下のとおりです。

  1. スポーツで使いたいなら「横幅重視」でサイジングガイドのサイズを選択
  2. 日常生活でも使いたいなら「ワンサイズ上」を選択

スポーツで使いたいなら、運動中にマスクがずり落ちてこないよう横幅を重視し、サイジングガイドどおりのサイズを選ぶべきです。

鼻から顎までが十分覆いきれないかもしれませんが、マスクがずれ落ちてきて、運動に集中できないよりはマシです。

わたしはLG/XL、XL/XXLサイズの2種を保有していますが、サイジングガイドよりワンサイズ上のXL/XXLサイズだと、横幅がゆるいんですよね。

普段使う分にはXL/XXLが良いんですが、運動時に限っては、サイジングガイドどおり横幅がぴったり合うLG/XLサイズを身に付けています。

 

一方、日常生活でもアンダーアーマーのマスクを使いたいなら、サイジングガイドよりワンサイズ上を選ぶと良いでしょう。

しっかり鼻から顎を覆い隠せますし、何より、アンダーアーマーのマスクはしっかり鼻を覆い隠せた方がかっこ良く見えるんですよね。

この場合、横幅が長すぎてずり落ちてきてしまうというデメリットもありますが、耳紐は工夫次第で長さを調整できます。

 

よめ
よめ
例えば、横幅のサイズを調整するために、紐を縛っている人もいるよ!

 

縛ると少なからず耳紐を痛めてしまうので、ストッパーなどを使って長さを調整するのもありでしょう。

 

いずれにしてもアンダーアーマーのマスクは縦幅の微調整ができないので、面長の人がサイズを選ぶ際かなり苦労するでしょう。

サイジングガイドに合ったサイズと、ワンサイズ上の2種類を使い分けるのがベターですが、高額なマスクをたくさん買うわけにもいきません。

 

どうしてもサイズ選びに不安があるなら、アンダーアーマーのマスクを諦めるのも一つの手。

スポーツ時に息がしやすく、耳紐の長さの調整もできるnew balanceのマスクもアンダーアーマーのマスクと同じくらいおすすめですよ。

アンダーアーマーのマスクサイズの選び方まとめ

本記事では「【面長必見】失敗しないアンダーアーマーのマスクサイズの選び方を2サイズ購入した私が解説!」について書きました。

アンダーアーマーのマスクはめちゃくちゃカッコ良いんです。

入手すれば、毎日アンダーアマーマスクを身につけたくなるほどテンションが上がります。

でも、しっかり形取られた形状であるがゆえ、サイズ選びが難しいんですよね。

 

アンダーアーマーマスクのサイズ選びのポイントは以下のとおりです。

  1. 丸顔の人はサイジングガイドのサイズを選ぶ
  2. 面長の人は、スポーツ中心なら「横幅重視」でサイジングガイドのサイズを選ぶ
  3. 面長の人は、日常生活中心なら「縦幅重視」でワンサイズ上を選ぶ

 

ぜひあなたのフェイスサイズにフィットしたマスクを選んでくださいね。