プログラミング学習

【初心者向け画像解説】VSCodeのインストール方法と日本語の設定方法

この記事のまとめ

本記事では、Visual Studio Code、通称「VSCode」のインストール方法、日本語の表示設定方法を、初心者向けに画像を使って解説しています。

効率良くプログラミングコードを書いていくために欠かせないのがテキストエディタ

 

よめ
よめ
プログラミングスキルの向上も大事だけど、エディタを使いこなすことも大事よね。

 

数あるテキストエディタの中でも、エンジニアから高い評価を得ているのがVisual Studio Code、通称「VSCode」です。

 

いちまり
いちまり
無料多くのプログラミング言語に対応

 

MAC、Windows、Linuxなど、様々なOS上で動作する優れたエディタです。

 

でも、VSCodeのダウンロードページは全面が英語表記。インストールしたくても、やり方がわからないなんてことありませんか?

 

本記事では、プログラミング初学者に向けに、VSCodeのインストール方法を、わかりやすく画像付きで解説します。

日本語表示にする方法も合わせて書いていますので、参考にどうぞ。

本記事では、Windows 10 Pro 64bitにVSCodeのインストールをしています。

VSCodeのインストール方法

VSCodeは、Microsoftの公式サイトからダウンロードできます。

いちまり
いちまり
まずは公式サイトにアクセスしてみよう!

 

VSCode ダウンロードサイトへ

 

VSCodeのサイトが開いたら、左上の「Download」ボタンを押しましょう。

 

次に表示される画面は、どのOSにインストールするかを選択する画面です。

本記事ではWindows10にインストールしますが、自分の環境に合わせてダウンロードリンクを押してください。

なお、インストールする方法は以下の3パターンあります。

  1. User Installer
  2. System Installer
  3. .zip

それぞれ以下のようにインストール方法が異なっていますので、注意してください。

 

いちまり
いちまり
以下の表をみて、パソコンの利用環境に応じて、インストールするようにしてね。
インストール方法 内容 おすすめの人
User Installer インストールを実行したユーザーだけがVSCodeを使える 共用でパソコンを使っている場合は、これが無難
System Installer パソコンの全ユーザーがVSCodeを使える パソコンを自分占有で使っている場合や、ユーザーを気にしなくていい場合は、これでOK
.zip パソコンにインストールしなくてもVSCodeを一時的に使える 借り物のパソコンや、一時的に使いたい場合はこれでOK

 

なお、64bit、32bitのどちらを選べばよいかは、パソコンの性能によって異なります。

 

64bit、32bitのどちらを選べばよいかは、以下のとおり確認できますので、チェックしてみてください。

確認画面への遷移手順

コントロール パネルシステムとセキュリティシステム

 

いちまり
いちまり
確認すべき箇所は、以下の箇所だよ!

 

では話を戻して…

該当するリンクを押すと、VSCodeのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したら早速ファイルを実行していきましょう。

 

実行すると、「使用許諾契約書の同意」という画面が表示されるので、「同意する(A)」を選択して「次へ(N)」ボタンを押します。

 

次に「インストール先の指定」画面が表示されます。

特に再設定する必要はないので、初期設定のまま「次へ(N)」ボタンを押しましょう。

 

次に「プログラムグループの指定」画面が表示されます。

Windowsのスタートメニューに表示されるグループ名を設定するのですが、変更する必要はないので、そのまま「次へ(N)」ボタンを押していきましょう。

 

次に、「追加タスクの選択」画面が表示されます。

簡単に言うと、パソコンの色んなメニューからVSCodeを開くようにする設定画面です。

いちまり
いちまり
自分の好みで設定できるけど、とりあえず全部チェックしておけば間違いないよ!

設定が終わったら「次へ(N)」ボタンを押します。

 

次に、「インストール準備完了」画面が表示されます。

いちまり
いちまり
ここまでくるともう終盤だよ!

「インストール(I)」ボタンを押していきましょう。

 

よめ
よめ
インストール中はメーターが進行していくよ!

 

以下の画面が表示されれば、VSCodeのインストールが完了です!

 

ここからは、VSCodeの日本語表示を設定していきましょう。

VSCodeの日本語表示設定

インストールしたVSCodeを開くと以下の画面が表示されます。

 

よめ
よめ
英語だらけで全然使い方がわからないわ!
いちまり
いちまり
安心して!わずか5分で日本語表示ができるよ!

 

簡単に日本語表示が設定できましたので、ここからはその手順を紹介していきますね。

 

VSCodeを開いたら、画面上部にあるメニューから「View」メニューを開きます。

メニューが開いたら「Commande Palette」を選択しましょう。

 

次の画面では、検索ボックスに「Configure Display Language」と入力しましょう。

 

次に表示言語を入力するボックスが開きますので、「Install additional languages…」を選択しましょう。

 

すると、左側に言語が表示されます。「日本語」と書かれた場所を探して、「Install」リンクを押してください。

 

最後に、右下にポッと表示されるVSCodeの再起動を促すダイアログで「Restart Now」を押して完了です。

 

よめ
よめ
やっぱり日本語表示が落ち着くわね!

VSCodeのインストール方法と日本語の設定方法|まとめ

本記事では、Visual Studio Code、通称「VSCode」のインストール方法と日本語の表示設定方法を解説しました。

テキストエディタの導入は、プログラム学習の初めの工程です。

エディタを使ってコードを入力し、自分オリジナルのサービスを作成できるなんて、わくわくしますよね。

本記事で、VSCodeのインストール方法と日本語の設定方法を理解してもらえれば幸いです。