Webエンジニア

今後のWebエンジニアの需要と将来性は?人材不足と給料の観点から解説

こんにちは、いちまりです。

Webエンジニアに転職したいけど、将来性はあるのだろうか。少し不安だな…。

こんな風に、Webエンジニアの将来性が気になっていたり、Webエンジニアへの転職に不安を感じていませんか?

そこで今回はそんな問題を解決すべく、国の調査結果等に基づいて、Webエンジニアの需要と将来性について考察してみました。

結論から言うと、Webエンジニアの需要と将来性は大いにある。なぜなら、IT人材が大量に不足することが見込まれているから。さらに、給料はあなたのスキル次第で爆上げできるから。

ということになりますが、本記事では、その結論を導き出した根拠を

  • そもそもIT業界全体の将来性は?
  • Webエンジニアの人材不足は?
  • Webエンジニアの需要は?
  • Webエンジニアの年収は?

の観点から順番にご紹介していきます。

いちまり
いちまり
この記事を読めばWebエンジニアの需要と将来性がわかり、Web業界に飛び込む不安が無くなるはず!是非ご一読を。

そもそもIT業界全体の将来性は?

Webエンジニアの需要と将来性を知るには、まず、IT業界の将来性を知っておく必要があります。

IT業界の将来性については、国(経済産業省)の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」にズバリ記載されています。

ITは今後も我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが強く期待されており、十分なIT人材を確保することは、これまで同様、今後もきわめて重要な課題であるといえる。

引用:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

この調査は、

  • 日本の産業界で大型のIT関連投資が続くこと
  • 今後ますますIT利活用の高度化・多様化が進展すること

を背景に実施されました。

国としても何とかしてIT人材の確保・育成に向けた方策を取らなければならない、という危機感があるということです。

いちまり
いちまり
つまり、IT業界の将来性は大いにあることを国が認めているということ。IT業界は国にとっても重要な産業であり、今後も期待できるということなんですね。

Webエンジニアの人材不足は?

世間からは、ITエンジニアは今後も不足するということをよく聞きますよね?

では、どのくらい不足するのでしょうか。

明確な人数まではわかりませんが、IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)を見ると、今後のWebエンジニアの人材の傾向を推察することができます。

出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

上記のグラフは、これからのIT人材の動向を予測したもの。

IT人材の中には、Webエンジニア以外にも、SIerのシステムエンジニアや、営業、経理、総務などIT企業で働く人が含まれています。

なので、単純にプログラミングスキルを有する人の推移ではないのですが、とはいえ、IT人材の中にはWebエンジニアも含まれるので、参考になる資料です。

SIerとは、ユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するシステムの企画、構築、運用サポートなどを請け負う企業のこと。

さらに上記のグラフは、将来のIT業界の市場拡大の見通しを、3パターンに分けて予測しています。

その結果、このグラフからわかることは以下のとおりです。

  • IT人材は2019年をピークに減少し続ける。
  • 一方で、ニーズの拡大により、IT業界は今後も拡大する。
  • IT業界の拡大について最も緩やかになると予測したパターンであっても、2030年には41万人の人材不足が予想される
いちまり
いちまり
…よ、41万人の人材不足ってかなり多いですよね。2015年ですら17万人の人材不足であったということですが、その倍以上は人材が必要になるということですから…。

今後、Webエンジニアは大量に不足すると言って過言ではないでしょう。

Webエンジニアの需要は?

先ほどのIT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)に記載されている内容の続きを見てみましょう。

これからの時代は、IT人材の中でも、AI(機械知能)、ビッグデータ、IoTに関する人材が特に不足すると言われています。

出典:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

いちまり
いちまり
簡単に言うと…

AI(機械知能)とは「データから反復して学習し、そこに潜む特徴を見つけ出すこと」
検索エンジン、医療診断、ロボットなど、様々な分野に応用して利用できます。

ビッグデータとは、読んで字のごとく、膨大なデータのこと。ITテクノロジーの進化によって、スマホやインターネットから、日々の活動データなどの様々なデータを取得できるようになりました。これらのデータを管理分析することで、より精度の高い判断が可能になります。

IoTとは、「Internet of Things」の略。身の周りのあらゆるモノがインターネットに繋がることで、より便利な仕組みを作り上げることができます。

Webエンジニアは、これらの開発現場においても重要な役割を担っています。

例えば、IoT開発現場を見てみましょう。

IoT開発に中心になるエンジニアは、組み込み系エンジニアWebエンジニアです。

組み込み系エンジニアとは、家電製品や機器など「独立した機械の中に組み込まれたコンピューターを制御するためのシステム」を開発するエンジニアのこと。

組み込み系エンジニアがIoT機器のの機能を制御するシステムを開発します。

いちまり
いちまり
いわゆる製品の脳を作る。中枢を作る感じですね。

その一方で、Webエンジニアは以下の開発を行うのです。

  • ユーザーが機器の操作を行うための画面レイアウトの作成
  • 画面操作から得た情報を、制御システムに送り込むプログラムの作成

また、AI(機械知能)の現場においても、システムのサーバー側やデータベースのシステム構築を行う際にWebエンジニアの力が必要になります。

いちまり
いちまり
つまり、AI(機械知能)の現場においては、Webエンジニアはユーザーには見えない部分の縁の下の力持ちに慣れるということですね。

このように、今後特に必要になると言われるIT分野にもWebエンジニアが参画するチャンスはあるのです。

Webエンジニアは、ますます世の中に求められる人材になっていくと言って差し支えないでしょう。

Webエンジニアの年収は?

働くからには、Webエンジニアの給料は他の給料と比べて高いのか低いのかが気になりますよね。

  1. 業種別では、Webエンジニアの平均年収はどの位置にあるのか
  2. 同じエンジニアという職種の中で、Webエンジニアの年収はどの位置にいるのか

この2点から考察していきましょう。

【業種別】Webエンジニアの平均年収

以下の表は、全108業種別の平均年収のランキングです。

外資系金融業界の平均年収は1,315万円と爆発的に高いですが、その後は不動産業界が751万円、専門コンサルタントが716万円と続き…

インターネット関連は26位!534万円と上位30%に位置付けていることがわかります。

出典:2019年版業種別モデル年収平均ランキング(マイナビ転職)

あくまで「平均」の年収なので参考値ですが、他の業種と比較してもWeb業界は平均年収が高いことが伺えますね。

【ソフト系エンジニア内】Webエンジニアの平均年収

では、ソフト系エンジニアと呼ばれる職種の中で、Webエンジニアの平均年収はどの位置にあるのか見ていきましょう。

Webエンジニアはシステム開発(Web・オープン系)に含まれますが、平均年収は532万円

同一業界のエンジニアの中では、11職種中6位につけています。

 

出典:30代前半(30~34歳)・ソフト系エンジニアの年収・残業代・労働時間は?(リクナビNEXT)

エンジニアの中では、平均年収は高い方ではないことがわかりましたが、特に注目すべきは最高年収と最低年収でしょう。

いちまり
いちまり
最高年収が1,000万円とめちゃくちゃ高いのに対し、最低年収が200万円…。

幅広すぎですよね。

これは、Webエンジニアが

  • ベンチャー系の会社が多く年収が低い会社がある
  • スキルや知見の専門性の高さが評価されやすいので、優秀なエンジニアは年収が爆上げされる

という特徴を如実に表している数字だと思います。

つまり、Webエンジニアの平均年収は、勤め先&スキルで決まるということ。全てはあなた次第ということですね。

  • Web業界は業種別ランキング上位30%の平均年収
  • エンジニアの中では、Webエンジニアの平均年収は決して高いとは言えないが、勤め先&スキル次第で爆上げできる

今後のWebエンジニアの需要と将来性|まとめ

本記事では、今後のWebエンジニアの需要と将来性について書きました。

繰り返しになりますが、Webエンジニアの需要と将来性は大いにあります。なぜなら、IT人材が大量に不足することが見込まれているから。さらに、給料はあなたのスキル次第で爆上げできます。

その根拠は以下のとおりです。

Webエンジニアの需要と将来性がある根拠

  • IT業界の全体の将来性➡日本の産業界で大型のIT関連投資が続く。国にとってもIT人材の確保・育成は急務である。
  • Webエンジニアの人材不足➡2030年には41万人の人材不足になる。もちろんWebエンジニアもその中に含まれる。
  • Webエンジニアの需要➡特にAI(機能学習)、IoT、ビッグデータの分野が伸びるがWebエンジニアはこの分野でも活躍できる。
  • Webエンジニアの年収➡他の業種と比較しても悪くない。スキル次第で爆上げできる。今後のIT業界の伸び率によって平均年収アップの可能性も??

今後もニーズがあるWeb業界。そして、スキル次第で平均年収をぐっと上げることができる環境です。

そう考えると、Webエンジニアはとても魅力的ですよね。

本記事の内容をWebエンジニアを目指す情報の一つとして参考にしてみてください。