スマートウォッチ

【Xiaomi Mi Watch Liteレビュー】1万円以下で買える基本機能を押さえたApple Watch激似のスマートウォッチ

外出中も在宅中も睡眠中も、毎日スマートウォッチを身につけて生活しているいちまりです。

スマートウォッチは、運動記録を確認できるほか、心拍数、眠りの深さなど、あらゆる健康状態を記録してくれます。

いちまり
いちまり
もはや、生活に欠かせないアイテムになっています。

 

有名どころはやはりApple Watchですが、2万円(税込)以上するため、気軽に購入できるものではありませんよね。

 

ところが最近ではウェアラブル市場の競争が激化し、様々なメーカーからApple Watch並みの性能を備えながら、安価に購入できるスマートウォッチが登場してきています。

その一つが1万円でお釣りがくる、Xiaomiシャオミ の「Mi Watch Lite」です。

Xiaomi Mi Watch Liteの外観

 

1.4インチのカラーディスプレイを採用しており、Apple Watch 3(38mm)のディスプレイサイズにはやや大きさは及ばないものの、見た目は同じようなスクウェア型。

よめ
よめ
どことなくApple Watchに似たような雰囲気を感じるわ。

 

実際にMi Watch Liteを使用してみましたので、本記事では「【Xiaomi Mi Watch Liteレビュー】1万円以下で買える基本機能を押さえたApple Watch激似のスマートウォッチ」について書いていきます。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)
○ここが良い
  • 基本的な機能を網羅
  • 1万円以下でコスパが良い
  • 11種と豊富なワークアウト機能
  • GPS搭載でスマホ持ち歩き不要
  • 雨の日でも使える防水性能(5ATM)
  • 最大9日間のバッテリー性能
×ここが残念
  • 通知の本文が途中でカットされる
  • ワークアウト中に音楽操作できない
  • アプリ動作の安定性がいまいち

Xiaomi Mi Watch Liteの外観と基本スペック

Mi Watch Liteの主なスペックは以下のとおりです。

製品名 Xiaomi Mi Watch Lite
サイズ 41mm x 35mm x 10.9 mm
解像度 320 x 320 ピクセル
ディスプレイ TFTカラー液晶ディスプレイ
重量 33g(実測値)
稼働時間 最大9日間
※2時間で100%充電可能
防水等級 5 ATM(気圧防水)
衛星測位  GPS / A-GPS / GLONASS
ストラップ素材 TPU

 

スクウェア型でApple Watchによく似た外観。

Xiaomi Mi Watch LiteとApple Watchの外観比較左が「Xiaomi Mi Watch Lite」、右が「Apple Watch SE 44mm」

ディスプレイにXiaomiのロゴマークもなく、清々しいほどシンプルです。

 

ディスプレイの表示サイズは実測で25.0mm×25.0mm。

ベゼル(枠)はやや広いですが、ディスプレイの面積が十分なので、表示領域については問題ないでしょう。

Xiaomi Mi Watch Liteのディスプレイサイズ

 

ボタンはディスプレイの右側に1つ。ボタンが少ないので操作は非常にシンプルです。

Xiaomi Mi Watch Liteのボタンは一つ
ボタン操作内容
  • 1回押下でメニュー表示
  • 長押しで再起動/電源オフ/リセット選択

 

ディスプレイはタッチスクリーンになっており、上下左右のスワイプでメニューを移動します。

アニメーションがないので、Apple WatchやiPhoneのようなスワイプのヌメヌメ感は味わえません。

Xiaomi Mi Watch Liteのスワイプはアニメーションがない

 

常時ディスプレイ表示には対応していませんが、「持ち上げてスリープ解除」の設定をONにすると、ディスプレイを傾けるだけでスムーズに点灯してくれます。

Xiaomi Mi Watch Liteはディスプレイを傾けるだけで点灯

 

背面には心拍などを測定するセンサーが搭載されています。

Xiaomi Mi Watch Liteの背面はセンサー付き

 

重さは驚異の33g。Apple Watch SEが49g(実測値)であると考えると、その軽さがよくわかるかと思います。

Xiaomi Mi Watch Liteの重さは33g
いちまり
いちまり
軽くて着けてる感じがしませんよ!ランニング中も睡眠中も重さが負担になりません!

 

充電には専用の充電器を使用します。

Xiaomi Mi Watch Liteの充電器
充電アダプターは付属していないので、別途USB-Aに対応した充電器をご用意ください。

 

型に本体をはめるだけなのですが、マグネットが付いておらず、かつ、本体がギリギリ収まるサイズなので、装着に若干手こずることも。

Xiaomi Mi Watch Liteは2時間で100%充電される

なお、最大で9日間バッテリーが持続し、2時間で100%充電される十分なバッテリー性能です。

 

付属のストラップはTPU素材。

弾力性があり、硬すぎず、柔らかすぎず、程良い質感です。本体同様、見た目もシンプルです。

Xiaomi Mi Watch LiteのベルトはTPU素材

 

ストラップは、付け根にあるボタンを押しながら引っ張ることで、簡単に外れます。

Xiaomi Mi Watch Liteはベルト取り外し簡単

 

カラーは本体が3種、ストラップが全5種です。

いちまり
いちまり
組み合わせで好みのカラーにカスタマイズできますよ!
本体
  • アイボリー
  • ブラック
  • ネイビーブルー
ストラップ
  • ピンク
  • アイボリー
  • ブラック
  • ネイビーブルー
  • オリーブ
【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)

Xiaomi Mi Watch Liteのレビュー

Mi Watch Lite特徴を紹介します。

以下のリンクから、読みたい場所にジャンプできます。

1万円以下なのに基本的な機能はほぼ網羅

Mi Watch Liteの最大の特徴は「安いのに機能が豊富」であること。

主な機能は以下のとおりです。

  • 11種のワークアウト機能
  • 心拍数モニタリング
  • 睡眠モニタリング
  • 呼吸サポート
  • 歩数計
  • 消費カロリー表示
  • 天気・気温
  • 気圧計
  • メール・LINE等通知
  • 時計
  • アラーム
  • 懐中電灯
  • 音楽再生コントロール
  • コンパス
  • ストップウォッチ
  • タイマー
  • スマホを鳴らす
  • DNDモード

 

いちまり
いちまり
基本的な機能はほぼ網羅されています!

 

特に注目すべきは「11種のワークアウト機能」「心拍数モニタリング」「睡眠モニタリング」の3つ。

いちまり
いちまり
ワークアウトについては後述しますね!

 

心拍数モニタリングでは、24時間心拍数を検出し、正常レベルを超えると通知してくれます。

アプリで心拍数データを30日間保存できるので、長期的な心拍数の変化を観察するのに役立ちます。

アプリの心拍数記録

 

睡眠モニタリングは、深い眠り、浅い眠り、睡眠時間などの睡眠データを記録してくれます。

睡眠の質を分析し、スコア表示してくれるので、睡眠習慣の改善に役立ちますよ。

よめ
よめ
それにしても…、あんた寝過ぎね。
いちまり
いちまり
確かに10時間も寝てるwでも、この日は子どもと早めにぐっすり寝たから、正確に計測されてるよ!

アプリは余計な情報が一切なく、シンプルなので見やすく使いやすいです。

11種と豊富なワークアウト機能

Mi Watch Liteのワークアウト機能は11種も備わっており、様々な運動記録を残すことができます。

Xiaomi Mi Watch Liteのワークアウトは11種
ワークアウトの種類
  1. 屋外ランニング
  2. トレッドミル
  3. 屋外サイクリング
  4. 屋内サイクリング
  5. フリースタイル
  6. ウォーキング
  7. トレッキング
  8. トレイルラン
  9. プールスイミング
  10. オープンウォーター
  11. クリケット

 

屋外ランニングで実際に使用してみましたが、GPSを備えているので走行ルートをしっかり記録してくれました。

いちまり
いちまり
マップを航空写真表示に切り替えることもできるよ!

スマホを持たずウォッチだけ装着して走っても、後からスマホを繋げれば、走行ルートをアプリで確認することができます。

 

GPS記録は正確そのもの

1km走行ごとに通知があるので、走行距離を把握するのに地味に便利です。

 

ランニング終了後はアプリから以下の項目を確認できます。

アプリで確認できる項目
  • ワークアウト時間
  • 活動カロリー
  • 平均ペース
  • 平均心拍数
  • 歩数
  • ケイデンス(歩/分)
いちまり
いちまり
スマホアプリでは、さらに詳細な情報をグラフで確認することも可能です!

 

ワークアウト中のウォッチの操作は非常にシンプルで、上下のスワイプにより心拍数や歩数などが確認可能。

Xiaomi Mi Watch Liteのワークアウト中の画面表示

ただし、ワークアウト中は音楽再生のコントロールができないので、ワークアウトしながら音楽を楽しみたい人には不便かも。

 

かゆいところに手が届いていない感は拭えないですが、とはいえ、基本的な機能は十分備わっており、値段を考慮すると満足感は得られるはずです。

5気圧防水で雨の日でも使える

Mi Watch Liteには「5ATM(気圧防水)」の防水性能が備わっています。

5ATMとは
水深50mに相当する圧力に対応でき、水しぶき、雨または雪、シャワー、スイミング、水中への飛び込み、シュノーケリングに適合している防水性能です。

屋外ランニング中に急な雨に打たれても当然問題なし。

いちまり
いちまり
Mi Watch Liteをつけたまま、シャワーに入ることだって可能ですよ!

文字盤は100種以上!

Mi Watch Liteの文字盤は100種以上あります。

アプリからウォッチに簡単に文字盤をインストールすることが可能です。

アクティビティに特化した文字盤から、アナログな文字盤、イラストを主とした可愛らしい文字盤まで、幅広く用意されているので飽きません。

 

いちまり
いちまり
気分や好みに合わせてカスタマイズすることができますよ。

通知は60字以上が表示されない

BluetoothでMi Watch Liteとスマホがつながっていれば、スマホの通知をMi Watch Liteで確認することができます。

Xiaomi Mi Watch Liteはスマホの通知を確認可能

 

いちまり
いちまり
ワークアウト中も通知がくるので便利!

 

ただし、本文が長いとカットされてしまいます。

Xiaomi Mi Watch Liteは長文だと通知本文が切れてしまう

 

スクロールして全体が読める機能がないので、その点はちょっと残念ですね。

Suica決済などハイエンド機能はない

値段を考えれば致し方ないところですが、Apple WatchGARMIN Venu Sq MusicのウォッチのようにSuica決済などの高機能は搭載していません

Mi Watch Liteにない機能の一例
  • Suicaなどの決済機能
  • サブスクと連携した単体での音楽再生機能
  • 心電図測定
  • 血中酸素測定

 

Apple Watchと比較すると値段は数倍も違うので、ハイエンド機能が搭載されていなくても納得ですが、上記の機能がどうしても欲しい人は、別のウォッチを検討した方が良いです。

ペアリングに苦労…

Mi Watch Liteを使い始めるには、まずアプリ「Xiaomi Wear Lite」をインストールする必要があります。

Xiaomi Wear Lite

Xiaomi Wear Lite

Beijing Xiaomi Co., Ltd無料posted withアプリーチ

 

さらに、アプリを使うにはXiaomiのアカウントを作成する必要があるのですが、エラーが度々発生し、スムーズに使用を開始することができませんでした…。

わたしが直面したエラーは以下のとおりです。

  • iPhoneからアカウントをアクティブ化できない
  • iPhoneからサインインボタンが押せない
  • ウォッチにアカウントを追加できない

 

Mi Watch Liteの問題というより、どちらかというとスマホアプリの動作の問題ですが、ちょっと使用に不安を覚えました。

結局、パソコンからアカウントを作成したり、スマホやウォッチの再起動を繰り返し、何回かトライすることで使用可能になりましたが、

アップデートにより、スムーズに使用可能になることを望みます。

 

とはいえ、問題があったのは最初の接続のみで、今はトラブルなく使用できています。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)

Xiaomi Mi Watch Liteはこんな人におすすめ

Mi Watch Liteは「スマートウォッチを初めて使う人」におすすめですね。

Apple Watchにも搭載されている基本的な機能はMi Watch Liteにも搭載されています。

GPS搭載でワークアウトをしっかり記録できるのもグッド。

 

アニメーションなどの無駄な機能は省かれていますが、その分コストカットされており、コスパ抜群です。

「スマートウォッチとはなんぞや?」という人にとって、スマートウォッチの基本的な機能を把握できるスマートウォッチに仕上がっています。

 

ただし、Suicaなどの決済機能や単体での音楽再生機能がないので、もっと優れた機能を求めるなら、Apple WatchGARMIN Venu Sq Musicなどのスマートウォッチがおすすめです。

Xiaomi Mi Watch Liteレビューまとめ

本記事では「【Xiaomi Mi Watch Liteレビュー】1万円以下で買える基本機能を押さえたApple Watch激似のスマートウォッチ」について書きました。

 

Mi Watch Lite1万円以下と安価ながら、世の中に流通しているスマートウォッチの基本的な機能をほぼ網羅しています。

コスパ抜群なので、スマートウォッチ初心者におすすめしたいモデル。

はじめはMi Watch Liteを使ってみて、機能が足りないと感じたら、よりハイパフォーマンスなウォッチに買い替えを検討するのもありでしょう。

 

屋外ランニングデータの記録や、毎日の健康データの確認なら、Mi Watch Liteでも十分可能ですよ。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)
○ここが良い
  • 基本的な機能を網羅
  • 1万円以下でコスパが良い
  • 11種と豊富なワークアウト機能
  • GPS搭載でスマホ持ち歩き不要
  • 雨の日でも使える防水性能(5ATM)
  • 最大9日間のバッテリー性能
×ここが残念
  • 通知の本文が途中でカットされる
  • ワークアウト中に音楽操作できない
  • アプリ動作の安定性がいまいち